iOS

MapKitをSwiftUIで使ってみた

投稿日:

はじめに

iOS14からSwiftUIがMapKitに対応出来るようになったので、今回は一通り基本的な使い方を紹介したいと思います。

地図の表示

まずは地図を表示したいと思います。iOS14からは以下のようにMapKitがimportできるようになっています。

そうしたら緯度経度など表示領域を指定する為、MKCoordinateRegionを宣言します。今回は東京タワーを中心に東西南北1000メートル四方の領域が表示される縮尺で設定しています。

bodyに上記のregionを引数にしてMap(coordinateRegion:)を呼び出します。

これだけで地図が表示されます。

クリッピング表示

イメージと同じようにMapもクリッピング表示ができます、画面の一部分だけにマップを表示したい場合や、デザインにマッチさせることも簡単に行えます。

これで円形にクリッピングして表示ができました。

地図にアノテーションを表示する

マーカーの配置

マーカーの配置用に構造体Spotを作成します。

Spotの配列を作成します、今回は3箇所にマーカーを配置します。

spotlistを使用して地図にマーカーを配置します。

地図にマーカーが表示されました。

ピンの表示

ピンを表示するには先ほどのMapMarkerをMapPinに変えるだけです。

アノテーションのカスタマイズ

標準で用意されているマーカーやピンだけではなく、デザインを指定してアノテーションを使用することもできます。サンプルはイメージとその下にテキストを表示する形式で作成します。まずは先ほどの構造体に表示するテキスト用のパラメータ「name」を追加します。

spotlistを修正します。

MapAnnotationメソッドでカスタムアノテーションを作成します。

そうしたら、このように表示されます。

さいごに

SwiftUIで出来ることも増えてきているので、そろそろSwiftUIでアプリを1本作ってみようかなと思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

swift

Swiftでシェア機能や外部アプリ起動の導線を簡単に実装できるライブラリ「SwiftShareBubbles」

1 はじめに2 準備3 実装3.1 表示3.2 用意されているパターン4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はSNSでのシェア機能や外部アプリ起動の導線を追加したいときに 簡単に実 ...

UserNotificationsの使い方について

1 はじめに2 UserNotificationsフレームワーク3 基本実装3.1 デリゲートの設定3.2 ユーザー許可3.3 デバイストークン取得後3.4 バックグラウンドで通知受信3.5 フォアグ ...

[Swift]アプリのフォアグラウンドに特定の処理を行う。

1 はじめに2 今回の目標3 画面構成4 通知の設定4.1 通知の送信4.2 通知の受信と削除-BaseController5 それぞれの画面の設定5.1 初期画面(FirstViewControll ...

swift

[Swift3] スクロールする画面に固定でボタンを表示する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 Storyboardの準備3 Controllerの実装3.1 スクロールする画面の実装(TableView)3.2 固定で表示するボタンを配置している画面の実装(Co ...

[Swift]プロトコルの拡張で既定値を設定する。

1 はじめに2 プロトコルの拡張について2.1 プロトコルに既定値を設定2.2 プロトコルを設定したクラスの作成2.3 制約をつけてプロトコルに既定値を設定3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに こん ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。