iOS

iOSで画像の任意の場所をぼかし処理する方法

投稿日:

はじめに

iOSで写真の任意の場所にぼかし処理をしたいケースがありましたので、
iOSでの画像加工処理を調べて実装してみました。

前提条件

Xcode 9.0
iOS 11 Simulator
Swift 4.0

準備

まず初めにぼかし処理を行う画像とマスク画像を用意します。
上の写真がぼかし処理を行う画像で、下の画像がマスク画像です。
(マスク画像はぼかし処理を行う画像と同じサイズで、ぼかし処理を行う部分を白にそれ以外の部分を黒にします)
元の画像
マスク画像

実装

ぼかし処理はCIFilterクラスを利用して行います。
処理の流れは下記の通りです。

  • 元の画像をぼかした画像を作る
  • ぼかした画像の余白部分をトリミングする
  • 元の画像とぼかした画像を合成する

ぼかし処理のイメージ画像

実際にぼかし処理を行うと下記のような画像になります。
(上が元々の画像、下がぼかし処理後の画像です)
実際の画像

サンプルコード

今回のサンプルコードは下記の通りです。

 
15行目から31行目でぼかし画像を作成しています。
18行目のvalueはぼかしの強さです。値が大きいほどよりぼやけた画像になります。

ぼかし処理をすると余白ができて元々の画像サイズより大きくなってしまうので、23行目から30行目で画像をトリミングしています。

36行目から47行目で元々の画像とぼかし処理後の画像をマスク合成しています。
元々の画像に対してマスク画像の白い部分にぼかし処理後の画像を上書いているイメージです。

さいごに

今回はiOSで画像の特定の部分にぼかし処理をする方法を紹介しました。
CIFilterクラスは様々な加工ができますので、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

端末のモデル名やサイズを簡単に取得できるライブラリ「Device」

1 はじめに2 準備3 試してみる3.1 端末モデル名3.2 画面サイズ3.3 端末の種類4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末のサイズやモデル名などを 簡単に取得できるライ ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

swift

[Swift3] Segmentを使った画面切り替え (Extra View)

1 はじめに1.1 前提条件2 Segmentの用意3 表示したいViewを用意4 Extra Viewsに追加5 Segmentでの切り替え5.1 デフォルトで表示されるViewを設定5.2 Seg ...

swift

Swift3 [XIBファイル] コードでの呼び出し方まとめ

1 はじめに1.1 前提条件2 TableViewCell2.1 XIBの準備2.2 ViewControllerでの呼び出し3 CollectionView3.1 XIBの準備3.2 ViewCon ...

swift

[Swift3]で直感的にアニメーションが記述できるライブラリ「Cheetah」

1 はじめに2 準備3 実装3.1 準備3.2 移動3.3 回転と拡大3.4 速度調整3.5 繰り返し3.6 アニメーションの終了4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、仕事でV ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2017年10月
« 9月 11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。