Server

AWSのT3インスタンスの特徴

投稿日:2018年8月27日 更新日:

はじめに

みなさんはEC2のどのインスタンスタイプをよく使うでしょうか。私はt2.smallやt2.microをよく利用します。

そんな中で、先日T3インスタンスがリリースされましたので調べてみました。

T3インスタンスとは

T3インスタンスはT2インスタンスよりコストパフォーマンスに優れたインスタンスタイプです。T1やT2と同様にベースライン処理能力が保証されています。さらに、より多くの処理能力が必要になった場合、CPUクレジットもしくは追加の課金によって、必要な時間に渡ってパフォーマンスをスケールアップすることができます。

上記のようにT2インスタンスに近い特性ですが、AWSによるとM4やM5インスタンスを利用しているが、コンピュートパワーを継続的に必要としていない場合ではT3インスタンスへの移行を検討すると良いようです。

T3インスタンスのスペック

T3インスタンスのスペックと価格(東京リージョン)は下記のとおりです。

vCPUs Baseline Performance Per vCPU Memory Price / Hour (Linux)
t3.nano 2 5% 0.5GiB $0.0068
t3.micro 2 10% 1GiB $0.0136
t3.small 2 20% 2GiB $0.0272
t3.medium 2 20% 4GiB $0.0544
t3.large 2 30% 8GiB $0.1088
t3.xlarge 4 40% 16GiB $0.2176
t3.2xlarge 8 40% 32GiB $0.4352

ちなみに、T2インスタンスのスペックと価格は下記のとおりです。

vCPUs Baseline Performance Per vCPU Memory Price / Hour (Linux)
t2.nano 1 5% 0.5GiB $0.0076
t2.micro 1 10% 1GiB $0.0152
t2.small 1 20% 2GiB $0.0304
t2.medium 2 20% 4GiB $0.0608
t2.large 2 30% 8GiB $0.1216
t2.xlarge 4 22.5% 16GiB $0.2432
t2.2xlarge 8 17% 32GiB $0.4864

Unlimited Modeがデフォルトで有効

T3インスタンスではUnlimited Mode(いわゆる無限バースト)がデフォルトで有効になっています。これにより、CPUクレジットが足りない状態でも仮想CPU時間あたり$0.05でバーストすることができます。

ハイパーバイザはNitro

T3インスタンスのハイパーバイザはC5、M5、R5インスタンスと同様にNitroシステムを採用しており、ネットワークとEBSのバーストにも対応しています。ネットワークは最大5Gbps、EBSはインスタンスタイプに応じて1.5Gbps〜2.05Gbpsにバーストすることができます。

T2インスタンスとの比較

普段よく使うT2インスタンスとの比較は下記のとおりです。

仮想CPU数

t2.nano、t2.micro、t2.smallは仮想CPUが1つでしたが、t3.nano、t3.micro、t3.smallでは2つになっています。それ以外のインスタンスタイプの仮想CPU数は同じです。

CPUクレジット

同じサイズのT2インスタンスと比べて倍になったようです。ただし、T3インスタンスではLaunch Creditがありません。

ネットワークスループット

T2インスタンスでは”Low to Moderate”と表記され具体的なスループットがわかりませんでしたが、T3インスタンスでは上述の通り最大で5Gbpsの帯域を利用できます。

EBS最適化

T2インスタンスでは利用できませんでしたが、T3インスタンスではデフォルトで有効になっています。

ハイパーバイザ

上述の通りT3インスタンスではNitroシステムを採用しています。なので、T2インスタンスから移行する場合、kernelのアップデートやENAの有効化が必要など注意が必要です。

NITRO世代(C5、M5)へのEC2インスタンスタイプ変更を試してみた(Amazon Linux編) #reinvent

無料枠

t2.microは無料枠の対象でしたが、T3インスタンスは無料枠の対象ではありません。

さいごに

新しく追加されたT3インスタンスですが、個人的にはT2インスタンスの上位互換といった印象です。すでに既存のサービスもT3インスタンスへの以降を検討しています。

参考

おすすめ書籍

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版 (Informatics&IDEA)  Amazon Web Services エンタープライズ基盤設計の基本  AWSによるサーバーレスアーキテクチャ  Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Server
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

aws

MyCoachの本番環境をAWS上に構築する 〜ネットワーク編〜

1 はじめに1.1 関連記事2 MyCoachのネットワーク構成3 VPCとは3.1 設定する項目4 VPCの設定5 インターネットゲートウェイの設定6 サブネットの設定6.1 公開ネットワークの設定 ...

Python(bottle)をApacheで動かす

1 はじめに1.1 環境2 サーバーの立ち上げ3 Pythonのインストール3.1 IUS Community Project の yum リポジトリ3.2 インストール4 Apacheのインストール ...

Google

【Google Invisible reCAPTCHA】Railsサイトにキャプチャ導入

1 はじめに2 reCAPTCHAとは3 Site keyとSecret keyの取得4 Rails gemの導入5 サイトへの組み込み6 さいごに はじめに こんにちは、最近休みなく仕事をいただいて ...

DockerでRails + Vue.jsの環境を作ってみる

1 はじめに1.1 前回までのあらすじ1.2 今回の趣旨1.3 環境2 MySQLのUTF-8対応3 Node.jsをRubyコンテナに組み込む4 Webpackerを使用してVue.jsをインストー ...

WordPressとRailsアプリケーションを相乗りさせた時の話

1 はじめに1.1 前提条件2 サブドメインを設定する3 Nginxの設定3.1 ステージング環境用の設定3.2 ステージング環境の設定を読み込ませる3.3 Nginxの再起動4 SSL化する4.1 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。