BackEnd

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

投稿日:

はじめに

こんにちは。前回に続いてログの扱いをあれこれ調べてました。今回はログ集約をやってみたくてFluentdについてです。Docker上に構築したLaravelだとどうやるのかを調べています。

環境

  • PHP 7.3.6
  • Laravel 5.8.29

Fluentdについて

冒頭にもあるように、ログ集約のためのミドルウェアで、Ruby製OSSです。サーバ上ではnginx,Apache,MySQL,Redis,postfixなど様々なミドルウェアと、その上に構築・実装したアプリケーションが都度ログを吐き出しています。通常はあちこちに散ってるログを一括して受けつけ、任意の形式・場所にまとめて出力してくれるのがFluentdです。
もう少し短く言うと「ログの入出力を一本化するミドルウェア」になるでしょうか。

今まで関わったプロジェクトのサーバで「なんかログ集めるやつが動いてる」という雑な認識しかしておらず、自分で構築やチューニングした経験はありませんでした。

目的

  • DockerでFluentdを動作させたい
  • Laravelのアプリから吐き出したログをFluentdで受け付けたい

nginxのログをFluentdに出力する記事はすぐ見つかったんですが、Laravelのログはどうすれば?というのが見当たらなかったので、入門がてら調べてみたのが今回の記事になります。

Fluentd本体はdocker-composeで導入

公式がイメージを用意してくれていますので、docker-compose.ymlに記述すれば使えるようになります。
以下、nginx+PHP-FPM+MariaDB+Fluentd全ての設定を記述したファイルです。それぞれ説明を後述します(全項目はさすがに説明しきれませんが…)。

fluentd

Fluentdの最新は1.6系ですが、stableとlatestは1.3系です。基本はAlpine Linuxで、別途debian版もあります。
以下、fluentdビルド用のDockerfileです。イメージからコンテナを作るだけでなく、コンテナ内であれこれしたい場合はbuildで指定したパスにDockerfileを置きます。
apk add --updateでパッケージ全体を更新した後で、apk add --update --no-cacheでパッケージを個別にインストールしています。bashはコンテナ内でCUIを操作しないのであれば不要です。
tzdataはApline LinuxのデフォルトがUTC+0なので、日本のタイムゾーンに合わせるためです。

以下、FLUENTD_CONFで指定して差し替えているFluentdの設定ファイルです。sourceでFluentdへの入力、matchで出力を制御しています。
各オプションについてはまだ理解しきれていませんが、こちらを参考にさせてもらい、作成しました。

db

データベースのコンテナです。今回はDBログには触れてないのと、docker-compose.ymlに書いてある以上のことはしていないため、割愛します。

app

PHP-FPMが稼働するコンテナです。Fluentd導入に際して特別なことはしていませんが、ビルド用のDockerfileは以下のとおりです。
docker-compose up -dの後、コンテナの中でcomposer create-project --prefer-dist laravel/laravel testappを実行してLaravelをインストールしています。

web

nginxコンテナです。loggingセクション以下でログドライバとしてfluentdを指定し、ログの出力先とタグを指定しています。
タグはFluentdの基本機能で、受け付けたログの出し分けに使います。本筋から外れるのと、私がまだきちんと理解しきれていないので、参考ページの紹介に留めます…
今回の主旨はLaravelのログ出力ですが、nginxのログも以下のように出力しています(見やすく整形)。

LaravelからログをFluentdに出力する

パッケージ導入

Laravelデフォルトではstorage/logs以下にログファイルがデイリーで生成されていきます。
また、LaravelはロガーとしてMonologを使用しており、Monolog用のログハンドラがパッケージとして公開されていますので、有り難く使わせていただきます。

PHPコード例

Laravelからは以下のように出力します。5.6以降はconfig/logging.phpに記述することでもっとスマートに書けるかなと思うのですが、一応動くコードです。

これでFluent側のログには以下のように出力されます。
見やすいように改行を入れてますが、実際は1行です。
なお出力先は前述したFluentdの設定ファイル(my_fluentd.conf)のmatch docker.**内で指定したパスになります。

さいごに

昔から知ってはいたFluentdですが、いざ触ってみると自由度が高く、出力先としてS3やBigQueryを選べたり、夢が広がります。引き続き学習して使いこなせるようになりたいです。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Go言語

Go言語でGinkgoを利用してBDDしてみた

1 はじめに2 BDDとは3 Ginkgoについて3.1 Ginkgoの概要3.1.1 Describe3.1.2 Context3.1.3 It3.1.4 JustBeforeEach3.1.5 B ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

rails

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

1 はじめに2 form_with3 サンプル4 さいごに5 参考 はじめに フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います ...

rails

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント3 準備3.1 configの確認3.2 キャッシュストア4 使ってみる4.1 #read、#write、#delete4.2 #fetch4.3 オプション4 ...

laravel logo

Laravelのバッチ処理を作る

1 はじめに2 環境3 artisanコマンド作成4 artisanコマンドをバッチとして登録する5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは。webアプリにつきもののバッチ処理ですが、もちろん ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。