BackEnd

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

投稿日:

はじめに

こんにちは。前回に続いてログの扱いをあれこれ調べてました。今回はログ集約をやってみたくてFluentdについてです。Docker上に構築したLaravelだとどうやるのかを調べています。

環境

  • PHP 7.3.6
  • Laravel 5.8.29

Fluentdについて

冒頭にもあるように、ログ集約のためのミドルウェアで、Ruby製OSSです。サーバ上ではnginx,Apache,MySQL,Redis,postfixなど様々なミドルウェアと、その上に構築・実装したアプリケーションが都度ログを吐き出しています。通常はあちこちに散ってるログを一括して受けつけ、任意の形式・場所にまとめて出力してくれるのがFluentdです。
もう少し短く言うと「ログの入出力を一本化するミドルウェア」になるでしょうか。

今まで関わったプロジェクトのサーバで「なんかログ集めるやつが動いてる」という雑な認識しかしておらず、自分で構築やチューニングした経験はありませんでした。

目的

  • DockerでFluentdを動作させたい
  • Laravelのアプリから吐き出したログをFluentdで受け付けたい

nginxのログをFluentdに出力する記事はすぐ見つかったんですが、Laravelのログはどうすれば?というのが見当たらなかったので、入門がてら調べてみたのが今回の記事になります。

Fluentd本体はdocker-composeで導入

公式がイメージを用意してくれていますので、docker-compose.ymlに記述すれば使えるようになります。
以下、nginx+PHP-FPM+MariaDB+Fluentd全ての設定を記述したファイルです。それぞれ説明を後述します(全項目はさすがに説明しきれませんが…)。

fluentd

Fluentdの最新は1.6系ですが、stableとlatestは1.3系です。基本はAlpine Linuxで、別途debian版もあります。
以下、fluentdビルド用のDockerfileです。イメージからコンテナを作るだけでなく、コンテナ内であれこれしたい場合はbuildで指定したパスにDockerfileを置きます。
apk add --updateでパッケージ全体を更新した後で、apk add --update --no-cacheでパッケージを個別にインストールしています。bashはコンテナ内でCUIを操作しないのであれば不要です。
tzdataはApline LinuxのデフォルトがUTC+0なので、日本のタイムゾーンに合わせるためです。

以下、FLUENTD_CONFで指定して差し替えているFluentdの設定ファイルです。sourceでFluentdへの入力、matchで出力を制御しています。
各オプションについてはまだ理解しきれていませんが、こちらを参考にさせてもらい、作成しました。

db

データベースのコンテナです。今回はDBログには触れてないのと、docker-compose.ymlに書いてある以上のことはしていないため、割愛します。

app

PHP-FPMが稼働するコンテナです。Fluentd導入に際して特別なことはしていませんが、ビルド用のDockerfileは以下のとおりです。
docker-compose up -dの後、コンテナの中でcomposer create-project --prefer-dist laravel/laravel testappを実行してLaravelをインストールしています。

web

nginxコンテナです。loggingセクション以下でログドライバとしてfluentdを指定し、ログの出力先とタグを指定しています。
タグはFluentdの基本機能で、受け付けたログの出し分けに使います。本筋から外れるのと、私がまだきちんと理解しきれていないので、参考ページの紹介に留めます…
今回の主旨はLaravelのログ出力ですが、nginxのログも以下のように出力しています(見やすく整形)。

LaravelからログをFluentdに出力する

パッケージ導入

Laravelデフォルトではstorage/logs以下にログファイルがデイリーで生成されていきます。
また、LaravelはロガーとしてMonologを使用しており、Monolog用のログハンドラがパッケージとして公開されていますので、有り難く使わせていただきます。

PHPコード例

Laravelからは以下のように出力します。5.6以降はconfig/logging.phpに記述することでもっとスマートに書けるかなと思うのですが、一応動くコードです。

これでFluent側のログには以下のように出力されます。
見やすいように改行を入れてますが、実際は1行です。
なお出力先は前述したFluentdの設定ファイル(my_fluentd.conf)のmatch docker.**内で指定したパスになります。

さいごに

昔から知ってはいたFluentdですが、いざ触ってみると自由度が高く、出力先としてS3やBigQueryを選べたり、夢が広がります。引き続き学習して使いこなせるようになりたいです。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

deviseを使ってユーザ登録フォームを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 deviseについて2.1 deviseとは2.2 deviseでできること3 登録処理の実装3.1 Gemのインストール3.2 deviseのインストール3.3 デフ ...

rails

Active Strageを使用してユーザーのアバターを登録、表示する

1 はじめに1.1 環境2 セットアップ2.1 前準備2.2 マイグレーションファイル作成2.3 設定ファイル3 実際に使って見る3.1 モデル3.2 コントローラー3.3 ビュー4 個人的メモ4.1 ...

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

icon

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント2.1 PHP2.2 Ruby2.3 Python3 1から100まで出力してみる3.1 PHP3.2 Ruby3.3 Python4 リスト型(配列)の出力4 ...

rails

【Puma】アプリサーバのチューニング

1 はじめに2 チューニングで注意する項目3 子プロセスの数3.1 最低3つの子プロセスを割り当てる3.2 最大子プロセス数3.3 CPUコア数と子プロセス数3.4 なぜPumaの子プロセス数を増やす ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。