Tech iOS

Sign in with Appleの実装

投稿日:2019年9月24日 更新日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回は新しいAppleのサインインシステム「Sign In with Apple」について書いていこうと思います。

Sign in with Appleとは

News and Updates より意訳

すでに発行済の Apple ID を使って、ユーザがアプリやウェブサイトに簡単にサインインできるようになります。Sign in with Apple はプライバシーやセキュリティに関する機能が備わっており、アカウントを作成したりサインインしたりするにも、アプリを素早く簡単に操作してもらうにも、優れた方法だと言えます。すべてのアカウントは優れたセキュリティにより2段階認証で保護されており、Apple と言えどもアプリやウェブサイト上でのユーザの行動を追跡することはありません。

Sign in with Apple を使う必要がある場合の基準を App Store Review Guidelines で公開しています。今日から App Store に新規アプリを提出する場合はこのガイドラインに従う必要があります。既存アプリは2020年4月までに従う必要があります。また、ウェブサイトや他のプラットフォームで Sign in with Apple を使う場合のガイドラインも公開しています。

iOS レビューガイドライン

4.8 Sign in with Apple より意訳

サードパーティのログインサービス、もしくは ソーシャルログインサービス( Facebook ログイン、Goole サインイン、Twitter サインイン、Linked-In サインイン、Amazon ログイン、WeChat ログインなど)のみを使ってユーザの設定、プライマリアカウントの認証を行うアプリは、Sign in with Apple も提供しなくてはなりません。プライマリアカウントとは自分自身を識別したり、サインインしたり、ある機能や関連サービスにアクセスするためにアプリ内で開設するアカウントのことを指します。

以下の場合、Sign in with Apple は必要ありません。

  • 自社独自のサインアップ、サインインシステムのみを使用している場合
  • すでに存在する教育、エンタープライズアカウントでサインインする必要がある、教育、エンタープライズ、ビジネスアプリの場合
  • 認証手段として、政府、業界が支援する国民認証システムや電子 ID を使うアプリの場合
  • サードパーティサービスのクライアントであり、コンテンツにアクセスするには直接メール、ソーシャルメディア、他のサードパーティアカウントにサインインする必要があるアプリの場合

つまり

Sign In with AppleとはAppleが用意した新しいサインインシステムであり。

  • 新規で登録するアプリはこのガイドラインを守らなければならない
  • 現在リリース済みのアプリは「2020年4月」までにこのガイドラインを守らなければならない
  • 自社独自の認証システムのみ使っている場合は対応しなくても問題ない

準備

Sign In with Appleを使用するにはXcode11が必要になります。お使いのXcodeをバージョンアップするか以下のリンクからXcode11を入手してください。

https://developer.apple.com/download/more/

実装

Sign In with Appleの対応にはAuthenticationServicesフレームワークを使用します。

AuthenticationServicesをインポートします。

ViewContorollerでボタンの設置やデリゲートの設定を行います。

ASAuthorizationAppleIDButtonを使用することにより、Appleが推奨するUIのボタンが生成されます。Appleが推奨するデザインに関しては後述。

デリゲートでログイン後のトークンを取得します。

ASAuthorizationControllerPresentationContextProvidingプロトコルで
システムが認証プロセスをユーザに提供するためのUIWindowの指定をします。

デザイン

ウェブサイトやアプリもアカウント作成、サインイン体験に関するデザインガイドラインに従う必要があります。
また、Human Interface Guidelines に記載されている Sign in with Apple のボタンを使う必要があります。
https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/sign-in-with-apple/overview/

さいごに

Sign In with Appleは状況によっては必須対応なだけあって実装自体はそんなに難しくなく出来そうです。問題はその後のデータの扱いや既存へのつなぎ込みですね。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Tech, iOS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[iOS]ライセンスを簡単に生成してくれるLicensePlistを使って見た

1 はじめに1.1 作者様ページ1.2 前提条件2 インストール3 早速使ってみよう3.1 Settings.bundleの準備3.2 LicensePlistの作成3.3 自動更新の設定4 さいごに ...

Swift Chartsライブラリでボリンジャーバンドを描画してみる。

1 はじめに2 ボリンジャーバンドとは2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 ボリンジャーバンドを描画する3.1 CombinedChartViewの設定3.2 CombinedChartVie ...

swift

[Swift]AVSpeechSynthesizerで音声再生

1 はじめに2 実装2.1 コード2.2 呼び出し3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 音声読み上げはちょっと今更感が漂いますが、案件で使用したばっかというのと、備忘録兼、初心者向けと ...

iOSでFirebase Authenticationを実装してみる その1

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの設定3 新規ユーザー登録4 既存ユーザーのログイン5 匿名ログイン6 エラーメッセージ7 最後に8 おすすめ書籍 はじめに はじめまして、Yossyです。 ...

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

1 はじめに2 XCUITestとは3 導入方法3.1 オブジェクトの配置3.2 UISCrollView3.3 ラベルとボタン4 テストのための設定4.1 ラベル5 テストコード5.1 SetUp5 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2019年9月
« 8月 10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。