iOS

[iOS15]StoreKit2で課金処理をより簡単に

投稿日:2021年12月13日 更新日:

はじめに

iOS15からStoreKitが大きくアップデートされ、StoreKit2として新しくなりました。
今回はStoreKit2を使用した購入処理を紹介したいと思います。

StoreKit2になって主に変更された箇所

StoreKit2の主な変更点は以下の二つだと思います。

  • async/awaitの追加によりDelegateなど使用せずに簡単かつ、短く記述できる。
  • SKProduct,SKPayment,SKPaymentQueue,SKPaymentTransaction,SKProductsRequestなど登場人物が多く複雑だったのが、主にProduct,Transactionだけになった。

これにより、コードが見やすく、簡単に実装できるようになったと思います。

実装

Product(課金アイテム)の取得方法

課金アイテムの取得方法は以下のように記述します。
結果は、Productの配列として、取得できます。

ちなみに今までのStoreKitだとこのように記述します。

このようにStoreKitではSKProductRequestを使って、delegateの処理を書いていたところ、StoreKit2では取得自体は、課金アイテムのIDを渡すだけで、1行で取得することができます。

また、取得したProductのtypeを確認することで、消耗型、非消耗型、サブスクリプションなどを確認することができます。

Product(課金アイテム)の購入方法

課金アイテムの購入方法は以下のように記述します。
上記で取得したProductにpurchase処理を呼び出すだけでOKです。

結果は、PurchaseResultというenumが取得できます。このようにして購入のチェックを行います。

Product(課金アイテム)の購入状況を確認する

購入状況を確認するにはTransaction.latestを使用し、課金アイテムの最新のTransactionを取得します。nilにならない場合はすでに購入済みということになります。

さいごに

iOS15からしか使用できないのは注意が必要ですが、以前と比べてかなり課金処理が簡単に行えるようになったので、これから課金処理を実装する人は是非使って見てください。

参考

https://developer.apple.com/documentation/storekit/in-app_purchase/implementing_a_store_in_your_app_using_the_storekit_api

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

【Swift】URLスキームのアプリ間連携について

1 はじめに2 アプリ間連携とは2.1 URLスキーム2.2 App Groups3 URLスキームの実装方法について3.1 URLスキームの設定3.2 カスタムURLスキームの設定4 URLスキーム ...

【Swift】FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート

1 はじめに2 FabricとFirebase3 FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート方法3.1 Fabricの削除3.2 Firebase CrashLyticsの ...

Xcode11のデバッグ機能

1 はじめに2 Device Conditions2.1 Thermal state condition2.2 Network link condition3 Environment Override ...

[Swift4]ライブラリをやめてCodableでJSONを取り扱う

1 はじめに2 Codableとは2.1 Codable使いたい理由3 実装3.1 とりあえずJSONを読み込む3.2 ObjectMapperの場合3.3 ネスト配列に対応してみよう3.4 JSON ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。