Tech

[Flutter] CustomPaintという選択肢

投稿日:

はじめに

Flutterで用意されているWidgetや、パッケージを探してみても望む表現ができない場合は、
CustomPaintという選択肢が出てきます。iOSやAndroidなどでもグラフや複雑な図形を描画するのにCanvasをなどを用いて低レベルなAPIを使ったグラフィック操作を使用しますが、今回はFlutterでやってみます。

CustomPaint

CustomPaintを用いて、できることは以下になります。

  • drawLine(線を描画)
  • drawRect(四角形を描画)
  • drawCircle(円を描画)
  • drawArc(アーチを描画)
  • drawPath(パスを用いて図形を描画)
  • drawImage(ビットマップ画像を描画)
  • drawParagraph(テキストを描画)

今回の記事では、drawLine、drawRect、drawCircle、drawPathを使ってみたいと思います。

drawLine

CustomPaintのCustomPainterにてグラフィック操作を行います。Paintのcolorにて色、strokeWidthで枠線の太さを選択します。Paintの指定を行なったらcanvas.drawLineで線を描画してみます。今回は400×400のcanvasを用意したサンプルになります。

上記を実行すると以下のような線が表示されます。

例えばcanvasの中心に線を引きたいというときには以下のようにします。

中心はpaintメソッドの引数のsizeから求めることができます。あくまでもcanvasのサイズであり、端末やwindowのサイズではありません、なので

400×400でpaddingのtopを100、leftを50とすると、以下のような形で表示されます。

drawRect

drawRectは四角形を描画します。drawLineと同じくPaintに色を指定しcanvas.drawRectを呼び出します。

上記を実行すると以下のような四角形が表示されます。

drawCircle

drawCircleは円を描画します、これまで同様にPaintに色を指定し、円の中心位置と半径を指定します。

上記を実行すると以下のような円が表示されます。

Paintのstyleを指定することで円を塗りつぶさずに表示することもできます。

drawPath

drawPathはパスを指定して図形を描画します。四角や円以外の図形を描画したい際に使用します。今回は三角を描画します。

まずは図形を描画するためのPathを作成します。moveToで始点を設定し、lineToで指定した座標へ向かって線を引きます。この際Pathの座標は指定された座標へと移動しているので、lineToを繰り返してPathを作成していきます。上記を実行すると以下のように三角が表示されます。

styleをfillに指定することで塗りつぶしも行えます。

さいごに

Flutterには標準のWidgetや便利なパッケージもありますが、こうゆうことも自前でできるという選択肢があり、自由度が高くとても良いと思います。

おすすめ書籍

現場で使える Flutter開発入門 (Compass Booksシリーズ) はじめてのFlutter入門: iOS/Androidアプリ開発の⼀歩を踏み出そう!

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Tech
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

C# マルチキャストデリゲートの備忘録

1 はじめに2 C#のデリゲートについて2.1 デリゲートの定義3 マルチキャストデリゲートについて3.1 追加方法3.2 削除方法4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。 ...

react-icon

[React初心者]カスタムフックについて学ぶ

1 はじめに2 Ract Hook(フック)とは3 カスタムフックの実装3.1 フックのルール3.2 カスタムフック3.3 カスタムフックの実装4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 今回はReact ...

[C#]Genericsの使い方をまとめてみた。その1

1 はじめに2 Genericsとは3 Genericsの例3.1 Genericsを使わない場合3.2 Genericsを使う場合4 Genericsのメリット5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに ...

【iOS14】App Groups を使用して WidgetKit にデータ共有

1 はじめに2 App Groupsの準備2.1 App Groupsの許可2.2 App Groupsの使い方3 WidgetKitにデータ共有4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 今回はアプリ側 ...

[Flutter]カメラのフレームデータを使ってリアルタイム画像認識

1 はじめに2 準備3 実装3.1 カメラプレビューの作成3.2 プレビューからフレームデータ取得3.3 フレームデータから画像認識3.4 画像認識した箇所に枠線の表示4 さいごに5 おすすめ書籍 は ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。