FrontEnd BackEnd

Inertia使ってみた①

投稿日:

はじめに

以前Laravel Breezeをインストールした際にパッケージに含まれていたInertiaを使ってみたので簡単に紹介したいと思います。
今回はLaravel + Reactの組み合わせで使用しています。

Inertiaとは

バックエンドフレームワーク(Laravelなど)とフロントフレームワーク(VueやReact)の橋渡しの様な事を行うライブラリの様なもので、Laravelで言うBladeと同じ感覚でVueやReactを使用してのSPAが簡単に作成出来る様にするものです。
公式に「 it’s fine-tuned for Laravel」とあるので、特にLaravel利用を想定して作成されているようです。

ルーティング

Laravelのルーティングを通常通りそのまま使用出来ます。

web.php

LaravelからReactに値渡し

Bladeを使うのと同じ様に、使用するReactのコンポーネントを指定して利用する値を引数に指定するだけでLaravelからReatcに値を渡す事が出来ます。

フロント側で console.log すると、Propsに渡っているのが確認出来ます。

例えばモデルのコレクションを渡して、一覧表示みたいな事が簡単に出来ます。
Laravel

React
props.users でpropsからユーザー一覧情報を取得しています

先程のPropsに含まれている auth など他の値は、 HandleInertiaRequests ミドルウェアで設定されている値です。
ここで設定した値は、常にPropsに含まれる様になるのでコンポーネント関係なくグローバルに値保持したい場合に利用できそうです。
デフォルトではログインユーザー情報を含むauth、バリデーションエラーなどを含むerrors、Laravelのnameルーティング情報を含むziggyの3つが設定されています。

レスポンス

初回

レスポンスを見てみると、初回のアクセス時はHTMLとアセット(JSやCSS)が返却されており、このHTMLにはReactマウント用のdivタグが含まれています。
このdivタグのdata-pageに page object と呼ばれるデータ群が含まれていて、レンダリングの際にバックエンドからフロントエンドに渡る様です。

page object

page objectは以下で構成されているデータ群。
component: 表示しているコンポーネント名
props: バックエンドから渡される値
url: 表示画面のURL
version: アセットのバージョン管理用の値

2回目以降

2回目以降のアクセスでは、リクエストヘッダーに X-Inertia: true が含まれます。
このリクエストを検知するとInertiaの方でpage objectのみを含んだJSONレスポンスが返却されます。

リロード時

通常、Propsは常に全て渡されますが、定数系の値など、中には初回以降は必要ない値もあると思います。
クロージャーで書く事で、リロード時にこうした値をPropsに含めない用に設定する事が可能です。
DBアクセスを含む不要な値を含めない様にする事で表示速度パフォーマンスを高める事が期待できます。

例えば以下の場合だと、
レスポンスのpropsに、初回は usersfoo が含まれ、リロード時は bar のみが含まれます。

Laravel

Propsに含める変数の取得方法をそれぞれ変更しています。

React

ボタンクリック時にリロードしています。
その際に、onlyでレスポンスに含めるPropsを指定しています。
router.reload({ only: ['bar'] })

結果、barのみ含まれています。

さいごに

ほとんどMPAを作る要領でSPAが作成出来ました。次回はもう少し実践的な内容について書いてみたいと思います。

おすすめ書籍

プロフェッショナルWebプログラミング Laravel Laravel 9 実践入門 for Windows: ~開発環境・実装・アプリ公開までの流れを完全網羅~ TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd, BackEnd
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのコントローラの基礎

1 はじめに2 ルーティング2.1 使用可能なメソッド2.2 リダイレクト2.3 Viewの返却2.4 ルートパラメータ2.5 ミドルウェア2.6 プレフィックス3 バリデーション3.1 コントローラ ...

Go言語

GoのWeb Application Framework

1 はじめに2 代表的なGoのWAF2.1 軽量なWAF2.2 フルスタックなWAF3 Ginを使ってみる3.1 クエリパラメータ+ポストパラメータ3.2 ファイルアップロード3.3 URLのグループ ...

laravel logo

コードでわかるLaravelのブラウザ認証

1 はじめに1.1 認証機能の概要2 Controller3 SessionGuard3.1 fireAttemptEvent3.2 retrieveByCredentials3.3 hasValid ...

Go言語

Golangのsyncパッケージによる同期・排他制御

1 はじめに2 sync.WaitGroup3 sync.Mutex4 sync.RWMutex5 sync.Map6 sync.Once7 sync.Pool8 さいごに9 おすすめ書籍 はじめに ...

もうすぐ登場!Vue 3の変更点まとめ

1 はじめに2 仕様変更2.1 複数のv-modelが定義可能に2.2 template直下に複数のタグを記述可能に2.3 開始処理がcreateAppに2.4 scoped cssの仕様変更2.5 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。