BackEnd

deviseを使ってユーザ登録フォームを作る

投稿日:2017年6月30日 更新日:

 

はじめに

こんにちは、onoです。
今回はユーザ登録処理を簡単に実装できるGemであるdeviseの使い方を紹介します。

前提条件

ruby 2.4.1
rails 5.1.1
devise 4.3.0

 

deviseについて

deviseとは

deviseは認証機能を提供するGemです。
https://github.com/plataformatec/devise

deviseでできること

  • ユーザ登録(パスワードを暗号化してDBに保存)
  • 登録するメールアドレスのバリデーション
  • ユーザ登録時にメールを送り、そのメールのリンクにより登録を完了する
  • ユーザを識別するトークンをCookieに保存、取得、削除する
  • ログイン回数やIPアドレスを記録する
  • パスワードを忘れた場合、パスワード再発行のメールを送る
  • パスワードを間違えた場合にアカウントをロックする
  • タイムアウト処理
  • TwitterやFacebookなど認証をサポート(別途Gemが必要)

 

登録処理の実装

まず、新しいプロジェクトを作成してください。

Gemのインストール

Gemfileにdeviseを追加してbundle installします。

deviseのインストール

ターミナル上で下記のコマンドを実行します。

デフォルトURLを指定する

config/environments/development.rbに下記の設定を追加します。

root_urlを指定する

最初に表示されるページを作成し、root_urlに指定します。

まず、ターミナル上で下記のコマンドを実行します。

 

次にconfig/routes.rbを下記の通りに修正します。

通知メッセージを表示させる

ログイン時などに通知メッセージを表示させるようにします。
また、後々動作確認をする時に便利なので、ログアウトできるようにします。

app/views/layouts/application.html.erbを下記の通りに修正します。

devise関連のViewを生成する

新規作成フォームなどをカスタマイズするために、devise関連のviewを生成します。

ターミナル上で下記のコマンドを実行します。

ユーザモデルを作成する

まず、マイグレーションファイルを作成します。

ターミナル上で下記のコマンドを実行します。

 

出来上がったマイグレーションファイルは下記の通りです。
ユーザ名を保存するカラムを追加します。

また、後々メールでの登録処理やアカウントのロックに必要なので、ConfirmableとLockableのコメントアウトを外しておきます。

 

マイグレーションファイルを修正したらDBを作成します。

 

出来上がったモデルは下記の通りです。

ApplicationControllerを修正する

app/controllers/application_controller.rbを下記の設定を追加します。

ここまででユーザ登録処理は完成です。

 

登録時にユーザ名を登録する

デフォルトではメールアドレスとパスワードしか登録できません。
ユーザ名も一緒に登録できるようにします。

ApplicationControllerを修正する

app/controllers/application_controller.rbに下記の設定を追加します。

登録フォームを修正する

app/views/devise/registrations/new.html.erbに下記の設定を追加します。

 

アカウント登録の確認メールを送る

確認メールを送る方法は下記の2種類の方法があります。

  • 自分のGmailアカウントから送る
  • 自前でメールサーバを立てる

ここでは、自分のGmailアカウントから送る方法を説明します。

ユーザモデルを修正する

先ほど生成したユーザモデルを下記の通り修正します。

initializerを設定する

config/initializers/devise.rbに下記の設定を追加します。

Gmailの設定を行う

config/environments/development.rbに下記の設定を追加します。

Gmailアカウントの設定を行う

デフォルトの状態では、自分のGmailアカウントからメールを送ることができせん。
そのためGmailの「アカウント情報」画面から「ログインとセキュリティ」画面にアクセスし、ページの下部にある「安全性の低いアプリの許可」を有効にします。
(アプリ パスワードを発行するやり方もあります)

 

アカウントをロックする

パスワードを一定回数間違えた時にアカウントをロックするようにします。

initializerを設定する

config/initializers/devise.rbを下記の通り修正します。

 

セッションをタイムアウトさせる

一定時間アクセスがなかった場合にセッションをタイムアウトさせます。

initializerを設定する

config/initializers/devise.rbを下記の通り修正します。

 

さいごに

deviseを使ってユーザ登録フォームを実装する方法を紹介しました。

参考

http://qiita.com/cigalecigales/items/f4274088f20832252374

http://qiita.com/Salinger/items/873e3c667462746ae707

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

php logo

PHP入門 〜文字列と数値の操作〜

1 はじめに2 基本ルール2.1 開始と終了のタグ2.2 ホワイトスペース2.3 大文字と小文字の区別2.4 コメント2.5 変数の定義3 文字列の操作3.1 文字列の定義3.2 無駄なスペースを削除 ...

rails

Shrineをモデルに関連付けないで使用してハマったこと

1 はじめに2 アップロード時にリサイズする3 アップロード時のバリデーション4 アップロード時に古いファイルを削除する5 さいごに はじめに ShrineはRailsでのアップロードを簡単に行えるよ ...

Kotlinでのnullの基本的な扱いかた

1 はじめに2 基本的にnullを許容しない3 nullを許容するNullable4 Nullableをnon-nullに変える4.1 nullチェックとスマートキャスト4.2 エルビス演算子4.3 ...

rails

Capistrano3でRailsアプリケーションをデプロイする

1 はじめに1.1 前提条件2 Cpistranoについて3 導入3.1 Gemのインストール3.2 設定ファイルの準備4 デプロイ設定4.1 Capfileを修正する4.2 各環境で共通のデプロイ設 ...

rails

Railsの低レベルキャッシュを使ってみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント3 準備3.1 configの確認3.2 キャッシュストア4 使ってみる4.1 #read、#write、#delete4.2 #fetch4.3 オプション4 ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play