iOS

SnapKItをつかってコードでも簡単にAutoLayout実装

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
iOSの実装中にコードでもViewを追加したいことは
度々あるとは思いますがその際にAutoLayoutを
コード側で実装するのは正直めんどくさいです。
そこでコードでも簡単にAutoLayoutが実装できるSnapKitを使ってみたいと思います。

なんで今回コード上でAutoLayoutしたかったかは後ほど。

準備

おなじみCarthageを使用します。

Cartfileにこちらを記述します、

今回はSwift3で実装するので以下のバージョンを指定してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

実装

準備

まずは「SnapKit」をインポートします。

コード上で追加したいViewを用意します。

用意したViewを表示します。

AutoLayoutを指定

AutoLayoutを指定するには以下のようにします

よく使う制約を書いていくとこんな感じになります

中央寄せはこんな感じ

UIAlertControllerのカスタム

今回「SnapKit」を使いたかった一番の理由は
UIAlertControllerにカスタムViewを使用する際に
AutoLayoutを使いたいからでした。
UIAlertControllerの表示が確定するまで
AlertのViewサイズが不明で、AutoLayoutを使わないと
表示が綺麗に出せなかったのです。
もしかしたら誰かの役に立てるかもしれないし
せっかくなのでここに載せたいと思います。
やっていることはUIAlertControllerにUITextViewをのせています。

さいごに

最初にも書きましたがコードでAutoLayoutを実装するのは
とてもめんどくさいし可読性も悪いですが、「SnapKit」なら
簡単に実装できますし、読みやすいと思うのでコードでAutoLayoutを
実装している方はぜひ使ってみてください。

 

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift 3] テキストの装飾(フォント・文字サイズ・文字間隔・行間・文字色・下線)

1 はじめに2 フォント・文字サイズ変更3 文字間隔4 行間5 文字色6 下線7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに どうもはじめです。 今回は文字の装飾をやってみようと思います。 完成図を載せておき ...

【Swift】FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート

1 はじめに2 FabricとFirebase3 FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート方法3.1 Fabricの削除3.2 Firebase CrashLyticsの ...

【Swift】SwiftUIの理解のためDSL記法とFunctionBuilderを調べてみた

1 はじめに2 DSL(ドメイン固有言語)について3 関数ビルダ3.1 定義方法3.2 使用方法3.3 SwiftUIの関数ビルダ4 カスタム属性5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに Xcode11 ...

MapKitをSwiftUIで使ってみた

1 はじめに2 地図の表示2.1 クリッピング表示3 地図にアノテーションを表示する3.1 マーカーの配置3.2 ピンの表示3.3 アノテーションのカスタマイズ4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに ...

[Swift]AlamofireでファイルのUploadをしてみる

1 はじめに2 CarthageでAlamofireを導入する2.1 CartFileの作成とライブラリのダウンロード2.2 Xcodeの設定3 Alamofireとは3.1 AlamofireのHT ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。