iOS

[Swift]iPadのActionSheet表示でクラッシュする問題

投稿日:2017年11月1日 更新日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
私は普段iPhoneアプリの開発を主に行っているのですが
慣れか油断かiPadでの確認をおろそかにしてしまい、
クラッシュバグの存在に長い間気づかないでいたので
戒めつつ備忘録としてここに残したいと思います。

エラー内容

エラー原因

まずはサンプルコード
ボタンをタップしたらUIAlertControllerで
ActionSheetを表示するサンプルです。

このソースを実行するとiPhoneでは問題なく表示されますが
iPadで実行すると以下のクラッシュ発生してしまいます。。。

結論を述べると、

UIAlertControllerでActionSheetを表示する際に
popoverPresentationControllerの
sourceViewを指定しないとクラッシュします!!!

というわけで上記ソースを少し修正。

この一文を加えることでクラッシュを回避できます。

まだこれで解決ではない

上記の対応によりクラッシュは回避できましたが、
このままiPadで実行すると以下の様な表示になります。

このままだと不恰好なので、
ActionSheetの表示位置を調整します。

これを実行すると以下の様な表示になります。

ちなみに、popoverPresentationControllerの
sourceRectですが、iPhoneで表示する際には全く影響がないので
iPad用に処理を分ける必要はないです。

 

さいごに

確認すれば、すぐに発生する不具合に
長いこと気づかず、本当に恥ずかしかったです、、、
今回に限った話ではないですが何事も確認というものは改めて大事だと思いました。
そういう思いで書いた、この記事が誰かのお役にたてれば嬉しいです。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


  1. セシル より:

    そうです!2018年4月17日時点まだ直されないです!

  2. まつたく より:

    助かりました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift]CSVを読み込みRealmに保存してみる

1 はじめに1.1 前提条件2 準備3 実装4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はDBにプリセットなどを用意する際にCSVを使ってRealmで保存して見たいと思います。 前提条件 ...

Xcode11のデバッグ機能

1 はじめに2 Device Conditions2.1 Thermal state condition2.2 Network link condition3 Environment Override ...

【Swift】FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート

1 はじめに2 FabricとFirebase3 FabricからFirebase CrashLyticsのアップデート方法3.1 Fabricの削除3.2 Firebase CrashLyticsの ...

iOS Chartsライブラリを使い移動平均線を描画してみる。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 折れ線グラフを描画する3.1 LineChartViewの設定3.2 LineChart用のデータ作成3.3 ...

【Swift】SwiftUIの理解のためDSL記法とFunctionBuilderを調べてみた

1 はじめに2 DSL(ドメイン固有言語)について3 関数ビルダ3.1 定義方法3.2 使用方法3.3 SwiftUIの関数ビルダ4 カスタム属性5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに Xcode11 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。