BackEnd

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

投稿日:2017年11月2日 更新日:

はじめに

最近では主に、Railsでのバックエンドの開発とiOSアプリ開発を行っています。
私はこれまでにmBaaSを利用する機会がありませんでしたが、先日、mBaaSを利用する必要がありましたので調査しました。

簡単な状況説明

今回利用したのはニフティクラウドmobile backendです。
使用したサービスは下記の通りです。

  • データストア
  • ファイルストア
  • スクリプト

どのようなサービスかは名前から察しがつくと思いますが簡単に説明しますと、
データストアはキーバリュー型のNoSQL。
ファイルストアは一般的なストレージ。
スクリプトはJavaScriptをアップロードし、コントロールパネルおよび外部から実行できます。

定期実行を行う方法

mobile backendにはcronのような定期実行機能がありません。
Google Apps Scriptと連携することで任意の処理を定期的に実行することができます。

作業は公式ブログを参考に行いました。
しかし、Google Apps Scriptからmobile backendのJavaScriptSDKがそのまま使えるわけではありません。
mobile backendやGoogle Apps Scriptを初めて触る人にはわかりにくいと思いますので、もう少し噛み砕いて説明します。

実装

実装の流れ

実装の流れは大体下記のようになると思います。

  • 実行したい処理をJavaScriptで実装する
  • 実装したスクリプトをmobile backendのスクリプトにアップロードする
  • コントロールパネルからスクリプトを実行してテストする
  • Google Apps Scriptで実装したスクリプトを実行する処理を実装する
  • Google Apps Scriptから実行してテストする
  • Google Apps Scriptの定期実行を設定する

JavaScriptの実装

公式のドキュメントを参考に実装してください。
ローカルマシンにNode.jsの環境を構築すれば、アップロードしなくてもスクリプトをテストすることができます。
やり方はこちらの中段に記載されています。

スクリプトをアップロードする

コントロールパネルの左のメニューにあるスクリプトからアップロードできます。
ファイルを選択したらメソッドを指定し、ファイルの状態の実行可能にチェックを入れ、新しくパーミッションを作成し、アップロードします。

その後、実行したいスクリプトを選択し、実行タブからテストすることができます。
(アップロードした直後だとデプロイが完了していない旨のエラーが出る場合があります)

Google Apps Scriptからスクリプトを実行する

JavaScriptの実装が完了したら、Google Apps Scriptから実行するようにします。

まず、Googleドライブに新しいスプレッドシートを作成します。
次にスプレッドシートの「ツール」→「スクリプト エディタ」をクリックしてエディタを開きます。
(名前を変更していない場合は、名前を変更するダイアログが表示されます)
mobile backendのスクリプトを実行するためにはライブラリの追加が必要ですので、「リソース」→「ライブラリ」を開きライブラリを追加のテキストボックスに「1yWnb7GfYsBCR-MZvi6r-TOYv_y-AV4le5P7kaG5B3iZ5VNnSk9Q55pSJ」を入力して追加ボタンをおし、バージョンを指定して保存します。

ライブラリを追加したらmobile backendのスクリプトを実行するためのコードを書いて行きます。
例えば、hoge.jsをGETで呼び出すには下記のように記述します。

定期実行の設定を行う

Google Apps Scriptから手動で実行できるようになったら、定期実行の設定を行います。

時計のマークのアイコンをクリックし、表示されたダイアログのリンクをクリックします。
タイマーを設定したら保存をクリックします。
これで定期実行の設定は完了です。

さいごに

mBaaSを初めて使いましたが、コントロールパネルの機能も充実しており、かなり便利だと思いました。
サーバの設定は面倒なので、あまりサーバ側でデータを更新しないアプリなら十分に使えそうです。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Rust入門してみた その4 モジュール編

1 はじめに2 Rustのモジュール2.1 モジュールツリーの構築2.2 サブモジュール2.3 各モジュールの実装2.4 モジュールのプライバシー3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに これまでの記事 ...

Stripe Connectを使って継続課金を実装

1 はじめに2 商品・価格の登録2.1 マイグレーション2.2 製品・価格登録処理の実装2.3 Stripe管理画面での確認3 サブスクリプション登録3.1 事前準備3.2 課金処理の実装3.3 St ...

laravel logo

Laravelの基礎知識

1 はじめに2 Laravelの概要2.1 学習コストが低い2.2 Symfonyがベース2.3 DIを積極的に活用している3 ディレクトリ構成3.1 app3.2 bootstrap3.3 conf ...

laravel logo

Laravelの便利メソッドupsert

1 はじめに2 upsertメソッドとは3 使い方4 タイムスタンプ5 生成SQL6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに LaravelでUPSERTを行いたい場合にupdateOrCreateメソッ ...

laravel logo

LaravelのArtisanコマンドを自作する

1 はじめに2 コマンドの作成方法3 コマンドの実装3.1 文字列出力3.2 引数3.3 オプション3.4 入力を使用した対話型3.4.1 ask()メソッド3.4.2 secret()メソッド3.4 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。