BackEnd

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

投稿日:2018年4月12日 更新日:

はじめに

フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います。

今回はform_withを利用してAjax送信する前に何らかの処理を行うサンプルを紹介します。

form_with

form_withはRails5.1から追加されたフォームを作成するためのヘルパーです。

form_withを扱う上で注意すべき点はデフォルトでAjax送信になるということです。送信時にページ遷移したい場合はlocal: trueを指定する必要があります。

サンプル

最小限のサンプルコードを下記に記載します。

submit();ではAjaxにならずページ遷移してしまうので、Rails.fire();を使う点に注意が必要です。

さいごに

form_withでフォームを送信する前に任意の処理を行うサンプルを紹介しました。

参考

rails-ujs と form_with の使い方

[Rails 5.1] ‘form_with’ APIドキュメント完全翻訳

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

rails

deviseを使ってユーザ登録フォームを作る

1 はじめに1.1 前提条件2 deviseについて2.1 deviseとは2.2 deviseでできること3 登録処理の実装3.1 Gemのインストール3.2 deviseのインストール3.3 デフ ...

RSpecの個人的Tips集〜その1〜

1 はじめに2 テストコードの実行をスキップする3 共通のテストコードを用意する4 外部APIの返却値をスタブにする5 さいごに はじめに みなさん、テストコードは書かれているでしょうか? 私も極力書 ...

RubyのHanamiチュートリアルをやってみた

1 はじめに2 紹介2.1 Hanamiとは?2.2 Hanamiを選ぶ理由2.2.1 軽量2.2.2 アーキテクチャとして2.2.3 スレッドセーフ3 チュートリアルのための準備4 実践4.1 はじ ...

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【1日目】

1 はじめに2 発表について2.1 安全かつ高速に進めるマイクロサービス化2.2 Rails in Microservices2.3 MySQL/InnoDB の裏側2.4 H2O/mruby でつく ...

page_side_300rect

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。
下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

リンク

follow us in feedly
2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930