BackEnd

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

投稿日:2018年4月12日 更新日:

はじめに

フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います。

今回はform_withを利用してAjax送信する前に何らかの処理を行うサンプルを紹介します。

form_with

form_withはRails5.1から追加されたフォームを作成するためのヘルパーです。

form_withを扱う上で注意すべき点はデフォルトでAjax送信になるということです。送信時にページ遷移したい場合はlocal: trueを指定する必要があります。

サンプル

最小限のサンプルコードを下記に記載します。

submit();ではAjaxにならずページ遷移してしまうので、Rails.fire();を使う点に注意が必要です。

さいごに

form_withでフォームを送信する前に任意の処理を行うサンプルを紹介しました。

参考

rails-ujs と form_with の使い方

[Rails 5.1] ‘form_with’ APIドキュメント完全翻訳

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

さらば「rails migrate」、よろしく「ridgepole」

1 はじめに2 Ridgepoleとは3 rails migrateではなく、Ridgepoleを選定した理由4 rails migrateからRidgepoleへの移行手順5 capistrano3 ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その1〜

1 はじめに2 変数2.1 変数の定義2.2 暗黙的な定義2.3 varと暗黙的な定義2.4 ローカル変数とパッケージ変数3 定数3.1 const3.2 iota4 関数4.1 関数定義の基本4.2 ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

rails

RailsでAjax処理で画面を更新する

1 はじめに2 View(遷移元)の設定3 Controllerの実装4 View(遷移先)の実装5 参考6 さいごに はじめに RailsでAjax処理で画面を更新する方法を簡単に紹介します。 Vi ...

PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その1〜クラス編〜

1 はじめに2 インターフェース2.1 基本2.2 デフォルト実装付メソッド2.3 同じメソッド名を持つ複数のインターフェース3 修飾子3.1 open3.2 abstract4 可視性修飾子5 さい ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2018年4月
« 3月 5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。