iOS

[Swift]忘れられがちなSFSafariViewControllerについて

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回はsuzukiさんの記事でWKWebViewが取り扱われたので、もう一つのWebViewで存在が忘れられがちなSFSafariViewControllerについてお話ししたいと思います。
suzukiさんの記事はこちらから
【Swift】WKWebViewでタップしたURLを取得する。

前提条件

Xcode 9.x
iOS 11 Simulator
Swift 4.0

 

SFSafariViewControllerとは

SFSafariViewControllerの特徴

iOS9.0以降使用可能でSafariの標準機能を備えたViewControllerを作成できます。
アプリのViewControllerでSafariを提供する形になるので、Safariアプリに飛ばした時よりアプリへの帰還率が高いです。
ただしカスタマイズ出来る部分が限られており、iOS11現在では、BarのTintColorやDoneボタンのスタイルなど一部しか変更がきかないです。

実装はとてもシンプルですがStoryboardから作成することは出来ません。
(これが忘れがちな理由かと。。。)
何と言っても一番の特徴はSafariブラウザとCookieやウェブサイトのデータの共有が可能です!

iOS11からのCookie同期について

SFSafariViewControllerの特徴としては、Cookie等Safariとの同期が出来ることによっていちいちログインする手間が省けることでした。
しかしiOS11から仕様が変わり、Cookie等のデータがSafariとは独立した領域に保存されるようになりました。
そこでSFAuthenticationSessionクラスという認証情報を共有するためのクラスが提供されました。これ使用することで、サードパーティーのSafari上での認証を共有することが可能になりました。

SFAuthenticationSessionについてはまた別の記事で詳しく紹介したいと思います。

SFSafariViewControllerとWKWebView

SFSafariViewControllerとWKWebViewの違い

SFSafariViewControllerとの違いとしてはローカルのHTMLファイルの読み込みが可能で、Xcode9以降Storyboard上からWKWebViewを利用可能、SFSafariViewControllerの基底クラスがUIViewControllerなのに対しWKWebViewは基底クラスがUIViewViewなので、Viewの一部をWKWebViewにするような扱いも可能。
それとカスタマイズの自由性はあるのですが、操作に必要なボタンがないので自前で閉じるボタンを追加したり、場合によっては戻るボタンを用意する必要があります。

どっちがいい?

見た目のカスタマイズ、フックやJavaScriptなどを使ってアプリのコンテンツとしてWebViewを使いたいならWKWebView。
Webページを表示するだけとかSafariアプリに投げるという使い方ならSFSafariViewControllerと結構住み分けはできていると思いますね。
どっちがいいかは結局アプリでどうWebViewを使いたいかで適した方を選択できると思います。

 

実装

まずは表示してみよう

SFSafariViewControllerを表示するだけであればとにかくシンプルです。

これで実行するとこのように表示されます。

SFSafariViewControllerDelegate

SFSafariViewControllerには以下のようなデリゲートが用意されています。

(1)は、最初に表示する画面の読み込み完了時に呼ばれます。

(2)は、アクションボタンタップ時に呼ばれます。
カスタムUIActivityを返却することもできます。
アクションボタンとは下の画像の右から二番目の四角から上矢印が出ているボタンです。

(3)は、左上の完了ボタンタップ時に呼ばれます。

ログを吐くだけですが実装は以下のになります。

 

さいごに

SFSafariViewControllerですが実装も簡単ですし特にWebViewにカスタム要素がないとか、Safariアプリに投げるとかするならこちらの方が使い勝手がいいと思います。

RE:ENGINESブログ「iOS記事」まとめページはこちらから

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3] スクロールする画面に固定でボタンを表示する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 Storyboardの準備3 Controllerの実装3.1 スクロールする画面の実装(TableView)3.2 固定で表示するボタンを配置している画面の実装(Co ...

swift

Swiftで絵文字を判定する方法

1 はじめに2 実装2.1 絵文字の判定2.2 UITextFieldで絵文字の排除3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はアプリでの文字入力の際に 入力された文字が絵文字かどうか ...

[Swift]iOSの脱獄チェックを行う。

1 はじめに2 脱獄とは3 脱獄のチェックについて3.1 Cydiaのチェック3.2 パスのチェック3.3 書き込み権限のチェック3.4 iOSシミュレーターのチェックを行わない。4 コードまとめ5 ...

[Swift]MapViewでクラスタ機能を利用する。

1 はじめに2 クラスタリングとは3 PINのクラスタリング機能を利用する3.1 マップの作成3.2 PINの作成3.3 Pinのカスタマイズ3.4 カスタムしたPinの利用3.5 CustomPin ...

[Swift]AlamofireでファイルのUploadをしてみる

1 はじめに2 CarthageでAlamofireを導入する2.1 CartFileの作成とライブラリのダウンロード2.2 Xcodeの設定3 Alamofireとは3.1 AlamofireのHT ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2018年8月
« 7月 9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。