iOS

iOSでFABを表現する「material-components」「Floaty」

投稿日:

はじめに

こんにちはカイザーです。今回は、iOSでFloating Action Buttonを表示するために、便利なライブラリを紹介します。

Floating Action Button(FAB)とは

Google発祥の「Material」に定義されている、デザインコンポーネントの一種です。Androidアプリでよく見かけますが、WebサイトやGoogleが開発したiOSアプリでも見かけます。
Floating Action Buttonの定義はこちらで確認することができます。
https://material.io/components/buttons-floating-action-button/
この”FAB”を、普通のボタンで実装しても良いのですが、アニメーションやフィードバックなどのUIにこだわる場合に、便利なライブラリを紹介したいと思います。

Material Components

先ほど紹介した「Material」からリリースされている公式ライブラリです。UIやアニメーションの再現度が高く、様々なUIをサポートしています。
また、FrameworkがUIコンポーネントごとに分割されているため、必要なもののみimportして使用することができます。
全てのコンポーネントはこちらから確認することができ、コンポーネントごとに導入方法(Cocoapods)が記載されています。
https://github.com/material-components/material-components-ios/tree/develop/components

導入方法

Cocoapodsのみサポートしています。Podfileに以下を記入して pod installすると、インストールされます。

FABの配置

公式からはコード上で配置する方法が紹介されていますが、今回はStoryboardで配置してみます。
まず、StoryboardでButtonを配置し、Custom Classを MDCFloatingButtonに設定します。
次に、Attributeの設定ですが、以下の項目がFABのUIに紐づいています。
これでFABが表示されます。

FABをタップした時の処理

通常のボタンと同じように、 IBActionaddTargetで、タップ時等の処理を実装できます。

Floaty

こちらは、FABのみに特化したライブラリです。Material Componentsと比較して、「Speed dial」に対応していることが特徴です。
Speed dialは、FABに複数の機能を持たせる時に最適な機能です。

導入方法

CocoapodsもしくはCarthageで導入できます。

Cocoapods:

Carthage:

FABの配置

FloatyはStoryboardでの配置をサポートしていますが、この記事作成時点ではうまく動作しないため、コードで追加します。

これで、右下にFABが表示されます。

FABをタップした時の処理

Floatyの場合は、Delegateで受け取る必要があります。FABをタップすると emptyFloatySelected()が呼び出されるため、こちらを実装します。

Speed dialを使用する

Speed dialを使用するには、以下のように addItem() を実装します。

これで、FABをタップすると「送信ボタン」と「新規ボタン」が表示されるようになります。
また、この場合は先ほどの emptyFloatySelectedは呼ばれなくなります。

さいごに

いかがでしたか。iOSでFABを実装する際は、ぜひ検討してみてください。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第5版 [改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift]ObjectMapperで簡単にJSONを読み込む

1 はじめに2 準備3 実装3.1 基本的な使い方3.2 ネスト配列に対応してみよう4 さいごに はじめに こんにちは、onukiです。 私はSwiftでJSONを取り扱う際に、 ObjectMapp ...

swift

Swiftでシェア機能や外部アプリ起動の導線を簡単に実装できるライブラリ「SwiftShareBubbles」

1 はじめに2 準備3 実装3.1 表示3.2 用意されているパターン4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はSNSでのシェア機能や外部アプリ起動の導線を追加したいときに 簡単に実 ...

[Swift]忘れられがちなSFSafariViewControllerについて

1 はじめに1.1 前提条件2 SFSafariViewControllerとは2.1 SFSafariViewControllerの特徴2.2 iOS11からのCookie同期について3 SFSaf ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

Sign in with Appleの実装

1 はじめに2 Sign in with Appleとは2.1 iOS レビューガイドライン2.2 つまり3 準備4 実装5 デザイン6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、nukkyです ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。