iOS

iOSでFABを表現する「material-components」「Floaty」

投稿日:

はじめに

こんにちはカイザーです。今回は、iOSでFloating Action Buttonを表示するために、便利なライブラリを紹介します。

Floating Action Button(FAB)とは

Google発祥の「Material」に定義されている、デザインコンポーネントの一種です。Androidアプリでよく見かけますが、WebサイトやGoogleが開発したiOSアプリでも見かけます。
Floating Action Buttonの定義はこちらで確認することができます。
https://material.io/components/buttons-floating-action-button/
この”FAB”を、普通のボタンで実装しても良いのですが、アニメーションやフィードバックなどのUIにこだわる場合に、便利なライブラリを紹介したいと思います。

Material Components

先ほど紹介した「Material」からリリースされている公式ライブラリです。UIやアニメーションの再現度が高く、様々なUIをサポートしています。
また、FrameworkがUIコンポーネントごとに分割されているため、必要なもののみimportして使用することができます。
全てのコンポーネントはこちらから確認することができ、コンポーネントごとに導入方法(Cocoapods)が記載されています。
https://github.com/material-components/material-components-ios/tree/develop/components

導入方法

Cocoapodsのみサポートしています。Podfileに以下を記入して pod install すると、インストールされます。

FABの配置

公式からはコード上で配置する方法が紹介されていますが、今回はStoryboardで配置してみます。
まず、StoryboardでButtonを配置し、Custom Classを MDCFloatingButton に設定します。
次に、Attributeの設定ですが、以下の項目がFABのUIに紐づいています。
これでFABが表示されます。

FABをタップした時の処理

通常のボタンと同じように、 IBActionaddTarget で、タップ時等の処理を実装できます。

Floaty

こちらは、FABのみに特化したライブラリです。Material Componentsと比較して、「Speed dial」に対応していることが特徴です。
Speed dialは、FABに複数の機能を持たせる時に最適な機能です。

導入方法

CocoapodsもしくはCarthageで導入できます。

Cocoapods:

Carthage:

FABの配置

FloatyはStoryboardでの配置をサポートしていますが、この記事作成時点ではうまく動作しないため、コードで追加します。

これで、右下にFABが表示されます。

FABをタップした時の処理

Floatyの場合は、Delegateで受け取る必要があります。FABをタップすると emptyFloatySelected() が呼び出されるため、こちらを実装します。

Speed dialを使用する

Speed dialを使用するには、以下のように addItem() を実装します。

これで、FABをタップすると「送信ボタン」と「新規ボタン」が表示されるようになります。
また、この場合は先ほどの emptyFloatySelected は呼ばれなくなります。

さいごに

いかがでしたか。iOSでFABを実装する際は、ぜひ検討してみてください。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第5版 [改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Swift5.5での非同期処理async/awaitの追加

1 はじめに2 async/await2.1 実装2.2 シーケンス実行2.3 パラレル実行2.4 メインスレッド問題3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに Xcode13がリリースされ、Swift5 ...

[SwiftUI]SwiftUIで動的にViewの更新をする方法

1 はじめに2 SwfitUIのViewについて3 値の更新について3.1 Stateの特徴3.2 ObservedObjectの特徴3.3 EnvironmentObjectの特徴4 さいごに5 お ...

iOS14のWidget機能を使ってみた。

1 はじめに2 Xcode 12 betaの入れ方3 WidgetExtensionの追加方法4 デフォルトのコード説明5 Configurationについて6 プロバイダー6.1 snapshot6 ...

iOS13で申請するために押さえておきたいポイント

1 はじめに2 presentViewController3 DeviceToken4 Launch Storyboard5 Dark Mode6 Sign In with Apple7 さいごに8 ...

SwiftUIでChartライブラリを使ってみた。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入3 wrapper structの作成3.1 描画のための準備3.2 データの取得と更新3.3 コード全体4 さいごに5 おすすめ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。