BackEnd

GoのWeb Application Framework

投稿日:2018年10月15日 更新日:

はじめに

Go言語の連載4回目です。今回はGoのWeb Application Frameworkについて紹介します。

代表的なGoのWAF

皆さんはWAFがどのようなものかご存知だとは思いますが、改めて簡単に説明します。WAFは動的なウェブサイトなどの開発をサポートするアプリケーションフレームワークです。WAFが提供する代表的な機能としては、ORM、テンプレートエンジン、セッション管理などが挙げられます。本ブログでよく取り上げるRailsもWAFの一種です。

GoにおけるWAFは大きく2つに分けられます。1つは軽量なWAF、もう一つはフルスタックなWAFです。Goでは大きくて多機能なアプリケーションを作るのではなく、小さくてシンプルなアプリケーションを組み合わせて使うことが良いとされています。そのため、軽量なWAFが主流なようです。

軽量なWAF

代表的なWAFとして「Echo」と「Gin」を紹介します。

Echoは2015年に登場した新しいWAFです。RESTful APIをつくるのに向いているようです。Echoの設定に関してはこちらが参考になります。

GinはMartiniというGoの初期からあるWAFを参考に、より高速に動作するように実装されたWAFです。Martiniと比べて40倍ほど高速なようです。

フルスタックなWAF

代表的なWAFとして「Beego」と「Revel」を紹介します。

Beegoは主に中華圏で人気のあるWAFです。専用のCLIツールがある、LiveReloadされる等の特徴があります。くわしくはこちらをご覧ください。

RevelはRailsやPlay Frameworkから影響を受けたWAFです。他の言語でMVCフレームワークを使用した経験があるかたには親しみやすい作りになっているようです。Revelの設定に関してはこちらが参考になります。

Ginを使ってみる

それでは、実際にGinを使ってみます。事前準備としてGinをインストールします。

クエリパラメータ+ポストパラメータ

クエリパラメータおよびポストパラメータへのアクセスは下記のように行います。

ポストパラメータは PostForm か DefaultPostForm で取得できます。同様に、クエリパラメータは Query か DefaultQuery で取得できます。

ファイルアップロード

ファイルのアップロードは下記のように行います。

アップロードしたファイルは SaveUploadedFile で保存することができます。

URLのグループ化

下記のようにURLをグループ化することができます。

上記の例では /v1/login と /v2/login のようにURLをグループ化することができます。

ログ出力

ログ出力は下記のように行います。

このようにすると、 os.Create で指定したファイル名でログが出力されます。

JSONのバインド

JSONのバインドは下記のように行います。

User string `json:"user" binding:"required"` のようにJSONのキーを指定します。binding:”required” を指定した場合、バリューが空の場合にエラーが返ります。

HTMLのレンダリング

HTMLのレンダリングは下記のように行います。

そして、templates/posts/index.tmpl と templates/users/index.tmpl を以下のように作成します。

{{.title}} の部分には main で渡している title の値が表示されます。

リダイレクト

リダイレクトは下記のように行います。

localhost:8080/test にアクセスすると http://www.google.com/ にリダレクトされます。

GinのMiddlewareの紹介

Ginにはミドルウェアを追加することで様々な機能を追加することができます。ここでは、Session、Secure、Zapを紹介します。

Session

Sessionはセッション管理のミドルウェアです。Cookie、Redisの他にMongoDBなどにも対応しています。Sessionを使ったサンプルコードは下記のとおりです。

localhost:8080/incr にアクセスすると、レスポンスのcountが1、2、3と増加していきます。

Secure

SecureはSSL通信のためのミドルウェアです。サンプルコードは下記のとおりです。

Zap

Zap高速で低アロケーションなロギングライブラリです。サンプルコードは下記のとおりです。

さいごに

GoのWeb Application Frameworkをいくつか紹介し、その中の一つであるGinの基本的な使い方とミドルウェアを紹介しました。今後はORMなどについて調べていこうと思います。

Go記事の連載などは、こちらをご覧ください。

おすすめ書籍

スターティングGo言語  Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る impress top gearシリーズ  みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]  Go言語でつくるインタプリタ

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【1日目】

1 はじめに2 発表について2.1 安全かつ高速に進めるマイクロサービス化2.2 Rails in Microservices2.3 MySQL/InnoDB の裏側2.4 H2O/mruby でつく ...

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

1 はじめに1.1 環境2 とりあえずAPIで叩いてみる2.1 テスト用のIntentを作成2.2 Gemの設定3 Eventについて3.1 WELCOMEイベント3.2 パラメータ付きで叩く3.3 ...

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

rails

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

1 はじめに2 form_with3 サンプル4 さいごに5 参考 はじめに フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います ...

Go言語

Go言語で使えるmigrationライブラリ

1 はじめに2 migrationライブラリ2.1 goose2.2 sql-migrate2.3 migu2.4 pop2.5 sqldef3 sqldefを使ってみる3.1 導入3.2 テーブルを ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年10月
« 9月 11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。