BackEnd

Laravelで認証APIを作る

投稿日:

はじめに

一般的にWebには認証機能があるケースが多いと思います。今回はLaravelで認証APIを作る方法として、JWTを使った方法を紹介します。

条件

以下のバージョンを対象としています。

  • PHP 7.3
  • Laravel 5.5

JWTとは

JWTとは、JSON Web Token の略で認証情報のやり取りに用いられます。JWTの仕組みについてはこちらを御覧ください。

準備

認証機能を有効化

以下のコマンドでLaravelの認証機能を有効化させます。

マイグレーションは実行しておきましょう。

jwt-authのインストール

JWTのライブラリとして jwt-auth を使用します。以下の通りインストールします。

コンフィグファイルの作成

以下のコマンドを実行してコンフィグファイルを作成します。実行すると config/jwt.php が生成されます。

secretの作成

以下のコマンドを実行して secret を作成します。実行すると、.env に JWT_SECRET が設定されます。

Userモデルを修正

今回は既存のユーザーモデルを認証に使います。ユーザーモデルに2つのメソッドを追加します。

guardを修正

config/auth.php を修正します。

認証用コントローラーの作成

コントローラーを作成して認証機能を実装します。以下のコマンドで AuthController.php を作成します。

作成したコントローラーに認証機能を実装します。ログイン中のユーザーのデータは auth()->user() で取得できます。

ルーティング設定

routes/api.php に作成したメソッドを紐づけます。

疎通確認

curlで疎通確認をしてみましょう。ユーザーデータは予め作成しておいてください。

以下のようにリクエストを投げると、

以下のようなレスポンスが返却されます。

また、認証が必要なAPIをコールする場合は、以下のように Authorization ヘッダーに Bearer: {token} を付加してリクエストを投げます。

さいごに

jwt-auth を使ってLaravelでログインAPIを実装する方法を紹介しました。

おすすめ書籍

初めてのPHP PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

はじめてのrails、まずはローカル環境構築してみる

1 はじめに2 必要なライブラリ・ツールのインストール2.1 homebrew, rbenv2.2 rbenv-communal-gems3 最新安定版のrubyをインストール4 bundler, r ...

Go言語

GoフレームワークGinでミドルウェアを使ってログインAPIを実装

1 はじめに2 ログインAPIの作成3 ログインのセッション管理4 ミドルウェア4.1 gin.Default()4.2 Logger4.3 Recovery4.4 sessions5 独自ミドルウェ ...

laravel logo

LaravelでHTTP通信

1 はじめに2 インストール3 基本的な使い方3.1 GETでリクエストを投げる3.2 リクエストヘッダーを指定3.3 クエリパラメータを指定3.4 timeout時間を指定3.5 POSTでリクエス ...

【Ruby Advent Calender 2017】Rubyでスクレイピングをしてみる【11日目】

1 はじめに1.1 概要2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 他のサイトの記事でも試してみ ...

麻雀で自分が何を切るか学習させる

1 はじめに2 プロジェクト名を決めてみる3 何切る問題で考慮される要素3.1 手牌3.2 ドラ3.3 考慮していない要素(本当は入れたい)4 学習の方法5 さいごに はじめに 前回執筆しました、配牌 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。