BackEnd

Laravelで認証APIを作る

投稿日:

はじめに

一般的にWebには認証機能があるケースが多いと思います。今回はLaravelで認証APIを作る方法として、JWTを使った方法を紹介します。

条件

以下のバージョンを対象としています。

  • PHP 7.3
  • Laravel 5.5

JWTとは

JWTとは、JSON Web Token の略で認証情報のやり取りに用いられます。JWTの仕組みについてはこちらを御覧ください。

準備

認証機能を有効化

以下のコマンドでLaravelの認証機能を有効化させます。

マイグレーションは実行しておきましょう。

jwt-authのインストール

JWTのライブラリとして jwt-auth を使用します。以下の通りインストールします。

コンフィグファイルの作成

以下のコマンドを実行してコンフィグファイルを作成します。実行すると config/jwt.php が生成されます。

secretの作成

以下のコマンドを実行して secret を作成します。実行すると、.env に JWT_SECRET が設定されます。

Userモデルを修正

今回は既存のユーザーモデルを認証に使います。ユーザーモデルに2つのメソッドを追加します。

guardを修正

config/auth.php を修正します。

認証用コントローラーの作成

コントローラーを作成して認証機能を実装します。以下のコマンドで AuthController.php を作成します。

作成したコントローラーに認証機能を実装します。ログイン中のユーザーのデータは auth()->user() で取得できます。

ルーティング設定

routes/api.php に作成したメソッドを紐づけます。

疎通確認

curlで疎通確認をしてみましょう。ユーザーデータは予め作成しておいてください。

以下のようにリクエストを投げると、

以下のようなレスポンスが返却されます。

また、認証が必要なAPIをコールする場合は、以下のように Authorization ヘッダーに Bearer: {token} を付加してリクエストを投げます。

さいごに

jwt-auth を使ってLaravelでログインAPIを実装する方法を紹介しました。

おすすめ書籍

初めてのPHP PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Stripe Connectで支払方法をクローンする

1 はじめに2 プラットフォームの顧客側の実装2.1 プラットフォームの顧客登録2.2 支払方法の登録3 支払方法クローンの実装3.1 顧客と支払方法のクローン3.1.1 支払方法のクローン3.1.2 ...

Go言語

Go 1.18のWorkspacesモードでマルチモジュール化

1 はじめに2 マルチモジュール構成2.1 非Workspacesモードの場合2.2 Workspacesモードの場合3 go workコマンド3.1 init3.2 edit3.3 sync3.4 ...

laravel logo

Laradock環境にPHPStormからXdebugする

1 はじめに2 Laradock側の設定変更2.1 xdebug.iniファイル2.2 .env2.3 コンテナの再構築3 PHPStormの設定3.1 Preferences3.1.1 Build, ...

Go言語

go:embedとGo 1.16、1.17での変更点まとめ

1 はじめに1.1 変更点一覧2 go:embedとは3 go:embedの使い方3.1 基本的な使い方3.2 複数のファイルを埋め込む3.3 異なるディレクトリのファイルを埋め込む3.4 ディレクト ...

rails

Railsで複合主キーのテーブルを扱う

1 はじめに1.1 前提条件2 実装例2.1 config2.2 マイグレーション2.3 モデル3 さいごに はじめに RailsでWebサービスを開発する際のDB設計では基本的にidが主キーになると ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。