Android

【Kotlin】FirebaseAuthenticationでGoogle・Facebook連携する

投稿日:2019年8月5日 更新日:

はじめに

はじめまして。miyagawaです。
普段はiOS、Androidのアプリケーションを開発しています。

今回はFirebaseAuthenticationでGoogle・Facebookログイン機能を実装する手順をまとめます。
GoogleやFacebookだけではなく、

  • メールアドレスとパスワード
  • Twitter
  • GameCenter
  • Playゲーム

などで簡単にログイン・連携することができます。
自作アプリでも無料ですぐ連携することができるのでぜひ試してみてください。

Firebaseプロジェクトの設定

Firebaseプロジェクトの作成方法は省略したいと思います。
詳しくは、公式チュートリアルを参照してみてください。
https://firebase.google.com/docs/android/setup?hl=ja

まずはFirebaseの管理画面でGoogle、Facebookでのログインを有効にします。
Firebaseコンソール>(連携したいプロジェクト)>Authentication>ログイン方法をクリックします。

Facebookを有効にする際はアプリケーションID、アプリシークレットが必要となります。
手順はこちら→https://developers.facebook.com/docs/apps/

それぞれ有効にできたら実装に入ります。

build.gradleに追記

FirebaseAuthenticationとGoogleSign-In、Facebookのモジュールをbuild.gradle(app)へ追記します。

最終行の

を忘れるとエラーが多発する原因となるので注意してください。

Googleログイン

今回は下の画像のようなログイン画面を作成します。
ボタンはライブラリ内にあるSignInButtonを表示します。レイアウトファイルにSignInButtonを追加します。
大きさを調整しても見栄えが良くなるように自動的に調節してくれます。

ボタンを配置したら、該当のコードファイルでonClickListenerを設定し、signIn()メソッドを呼び出します。

ユーザーが認証ページでログイン成功した時、firebaseAuthWithGoogle()を呼び出します。

Facebookログイン

次はFacebookログインを実装します。

Googleログインと同様にライブラリ内のボタンを使用します。
Facebookのログインに成功するとhandleFacebookAccessToken()メソッドが呼ばれます。

認証に成功した時のCredentialをFirebaseに送信し、FirebaseAuthenticationサインインを行います。

実際に起動すると下の図のようにログイン画面が立ち上がります。

さいごに

今回は簡単にGoogle、Facebookアカウントと連携する機能を実装しました。

ライブラリ内のボタンを使用することで綺麗に表示することができました。

次回はメールアドレス/パスワードでログインする方法をまとめたいと思います。

参考

AndroidでFacebookログインを使用して認証する

AndroidでGoogleログインを使用して認証する

おすすめ書籍

Kotlinイン・アクション

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Android

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

GoogleMap Clusterのカスタマイズ

1 はじめに2 クラスタ内のアイテムクラス3 クラスタをレンダリングするクラス4 クラスタの色を設定する5 クラスタ化の最小個数を設定する6 クラスタのクリックイベントを拾う7 さいごに はじめに 最 ...

【Java】ストリームについてまとめてみました

1 はじめに2 Streamの分類3 テキストファイルの読み書き4 バイナリファイルの読み書き5 読み書きのバッファリング処理6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに Javaではすべての入出力をストリ ...

Flutterでテストコードを書こう! 単体テスト・Widgetテスト・インテグレーションテスト

1 はじめに2 単体テスト2.1 testパッケージの利用2.2 テストの書き方2.3 テストの実行2.4 モック化2.4.1 mockitoの導入2.4.2 メソッドのモック化2.4.2.1 その他 ...

Pushwoosh UnityでのFCM移行

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの引き継ぎ3 PushwooshのAPIキーの差し替え3.1 FCMサーバーキーの取得3.2 google-services.jsonのダウンロード3.3 ...

【Kotlin】RoomでDB管理をする

1 はじめに2 Gradleを更新3 Data Classを作成する4 DAOファイルを作成する5 RoomDatabaseファイルを作成する6 DBを操作してみる7 さいごに8 参考9 おすすめ書籍 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年8月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。