BackEnd

WebアプリからLINEのメッセージを送る方法

投稿日:2019年10月15日 更新日:

はじめに

以前、WebアプリケーションにLINEログインを組み込む方法を紹介しました。そこで今回はWebアプリケーションからLINEのメッセージを送る方法を紹介します。

Messaging APIとは

Messaging APIはLINEボットを操作するREST APIです。このAPIでは以下のような機能を提供しています。

  • LINEボットから任意のユーザ、グループ、ルームに対してメッセージを送る
  • ユーザからのメッセージやアクションに応じてメッセージを送る(Webhook)
  • ユーザプロフィールを取得する
  • グループチャットに参加する
  • リッチメニューを使う
  • ビーコンを使う
  • 送信件数を取得する

Messaging APIの仕組み

Messaging APIを使うとボットサーバとLINEプラットフォームとの間でデータを交換する事ができます。リクエストはJSON形式でHTTPSを使って送られます。

処理の一例は以下のとおりです。

  • ユーザは友達登録しているLINE公式アカウントにメッセージを送る
  • LINEプラットフォームからボットサーバのWebhook URLにWebhookイベントが送られる
  • Webhookイベントに応じてボットサーバからユーザにLINEプラットフォームを介してメッセージを送る

Webhookイベント

友達登録やメッセージ送信などのイベントがトリガーされると、Webhook URLにWebhookイベントがHTTPSでPOSTされます。このリクエストにはステータスコード200を返す必要があります。

POSTされるパラメータにはイベントの種類を表す type やイベントの送信元情報を表す source 、イベントごとのパラメータが含まれます。

例えば、ユーザから友達登録された場合は以下のようなパラメータが送られます。

メッセージオブジェクトの種類

メッセージはメッセージオブジェクトとして送ります。メッセージオブジェクトはメッセージの内容を表すJSONオブジェクトです。

メッセージオブジェクトの種類は以下のとおりです。

  • テキストメッセージ
  • 画像メッセージ
  • 音声メッセージ
  • 動画メッセージ
  • 位置情報メッセージ
  • スタンプメッセージ
  • イメージマップメッセージ
  • テンプレートメッセージ
  • Flex Message

料金形態

Messaging APIを使うためにはLINE公式アカウントのいずれかのプランに加入するか、LINE@のMessaging APIのいずれかのプランに加入する必要があります。

LINE@はLINE公式アカウントに統合される予定ですので、LINE公式アカウントのプランについて簡単に説明すると、フリープラン、ライトプラン、スタンダードプランの3種類があります。これらの違いは月額料金、無料メッセージ件数、追加メッセージ件数のみで機能の制限はありません。

無料メッセージ件数を超えてメッセージを送りたい場合は、1通ごとにプランごとに決まった料金が追加でかかります。

LINE Developersの設定

Messaging APIを利用するためにはLINE Developersにログインして、Messaging APIのチャルを作成する必要があります。LINE Developersへのログインはこちらの記事を参考にしてください。

チャンネルを作成する

まずはじめに、プロバイダー画面の新規チャンネル作成からMessaging APIを選択し、必要な項目を入力してチャンネルを作成します。

チャンルを作成したら、Webhook送信を 利用する に変更し、Webhook URLを設定します(LINEログインと組み合わせた場合はWebhookを使用しなくてもメッセージを送れます)

LINEログインとリンクする

メッセージを送るには相手のユーザIDかグループIDかルームIDを知っていなければなりません。これらのIDを取得する方法としては、LINEログインにMessaging APIのボットをリンクするかWebhook URL経由で取得することができます。

LINEログインとリンクするには、LINEログインのチャネルの このチャンネルにリンクされたボット で指定する必要があります。

メッセージを送ってみる

Messaging APIでメッセージを送るには、まずチャネルアクセストークンを取得します。以下のAPIで取得します(LINE Developersでも発行できます)

POST https://api.line.me/v2/oauth/accessToken

リクエストヘッダー

リクエストヘッダー説明
Content-Typeapplication/x-www-form-urlencoded

リクエストボディ

フィールドタイプ説明
grant_typeStringclient_credentials
client_idStringチャネルID
client_secretStringチャネルシークレット

レスポンス

プロパティタイプ説明
access_tokenString短期のチャネルアクセストークン
expires_inNumber有効期限
token_typeStringBearer

プッシュメッセージを送る

LINEログインなどで取得したユーザIDに対してメッセージを送るには以下のAPIにPOSTします。

POST https://api.line.me/v2/bot/message/push

リクエストヘッダー

リクエストヘッダー説明
Content-Typeapplication/json
AuthorizationBearer { channel access token }

リクエストボディ

プロパティタイプ必須説明
toString必須送信先のID
messagesメッセージオブジェクトの配列必須送信するメッセージ
notificationDisabledBoolean任意trueの場合通知されない

レスポンス

ステータスコード 200 と空のJSONオブジェクト

さいごに

WebアプリからLINEのメッセージを送る方法を紹介しました。これ以外にも様々なメッセージが送れますので、詳しくは公式のドキュメントをご覧ください。

おすすめ書籍

世界一わかりやすい LINE公式アカウントマスター養成講座ITの常識が変わる! 成長する企業はなぜSSO(シングルサインオン)を導入するのか

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelでテストコードを書くには? Featureテスト/Unitテスト

1 はじめに2 FeatureとUnitの使い分け3 テスト用データベースの準備4 Featureテスト4.1 テスト対象のコード4.2 テストコードの実装4.3 テスト結果の検証4.3.1 ステータ ...

Go言語

Golangのsyncパッケージによる同期・排他制御

1 はじめに2 sync.WaitGroup3 sync.Mutex4 sync.RWMutex5 sync.Map6 sync.Once7 sync.Pool8 さいごに9 おすすめ書籍 はじめに ...

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【2日目】

1 はじめに2 Rails Developer Meetup3 テストのないレガシーなRailsアプリをリファクタした話3.1 なぜリファクタリングしたのか3.2 コードを3種類に分類する3.3 モデ ...

laravel logo

Laravelで非同期実行する

1 はじめに1.1 動作環境2 準備2.1 デーブルの作成2.2 .envの修正3 ジョブの作成4 ジョブのディスパッチ5 キューワーカーを起動6 より細かな制御6.1 特定のキューにディスパッチする ...

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play