iOS

[iOS]意外と簡単ウィジェット機能を実装してみる

投稿日:

はじめに

こんにちは、suzukiです。本日はiOSのウィジェット機能について触れていこうと思います。
本機能はスクリーンショットのようにアプリを立ち上げなくても、アプリがユーザーに伝えたい情報の表示ができます。

本当かどうかわかりませんが、iOS14でAndroidの様にホームに表示することも可能になると紹介しているサイトもあり、今後が楽しみな機能です。
ガイドラインガイドラインに従う必要があるので一読した方がいいです。

OSごとのできること

度々のアップデートでできることが増えていった経緯もありOSと機種によって変わります。
iOS8以降
検索画面によるウィジェットの表示
iOS10以降
・検索画面でウィジェットの拡張表示
・3DTouchによるホームのウィジェット表示 → iPhone6s、6s Plus以降の3DTouchが必要

ウィジェットの実装

それでは実際にウィジェットを使ってみましょう。
最終的な目標として株価の様にチャートを表示し、ボタンをタップした際にはアプリの起動ができる様にします。

Today Extensionの追加

AppleWatchと同様にAddTargetから追加します。
ツールバーのEditorからAddTargetを選択
Today Extensionを選択
今回はTodayWidgetという名前で追加しました。
無事追加できると下記のようにファイルが追加されます。

Today ExtensionはViewControllerとStoryBoardで構成されているのでわかりやすいです。

Chartを表示

デフォルトで追加された内容でビルドを行うと下記の様に表示がされます。

今回は株価アプリの様にウィジェットの中にグラフを表示します。
以前の記事をもとにChartライブラリを利用して実装を行います。

レスポンス用のクラス。

通信はwidgetPerformUpdateという元から設定されているデリゲートで行います。
今回は成功だけしか描画していないですがcompletionHandler()の引数には下記があります。
・newData更新を行いたい時
・noData 更新の必要がない時
・failed 更新処理が失敗した時

非表示になったタイミングで破棄されているので、ViewDidLoadなどのライフサイクルの呼ばれるタイミングは想像より多かったです。
もし通信でログイン処理などを行う場合はUserDefaultを利用して、不要な認証処理などを行わない様に設計した方が良さそうです。
あとはStoryboardで設定すると下記の様にチャートやラベルが表示できます。

表示を増やす

表示を増やすをタップした際に拡大するには下記の様にwidgetLargestAvailableDisplayModeに.expandedを設定します。
今回のコードでは表示の拡大だけ行いましたが表示する情報そのものを変更したい場合はextensionContext?.widgetActiveDisplayModeで分岐を作るのが良さそうです。

サイズ自分で設定できます。今回は広げただけですので、この様な表示になりました。

ウィジェットをタップした際にアプリを起動する

通常のプロジェクト同様にボタンにアクションが設定できます。
アクションないでURLSchemeを呼び出すことでアプリの起動が可能です。
URLSchemeの設定

アプリの呼び出した際に情報を渡したい場合は
SceneDelegateに func scene(_ scene: UIScene, openURLContexts URLContexts: Set) を設定します。

ウィジェットで下記の様にURLSchemeを呼び出すことでアプリの起動が可能です。

さいごに

アプリのウィジェットは今までユーザーが気づかないことがよくあり、あまり注目されていませんでした。iOS14でAndroidの様に使える様になったら、既存のアプリに組み込みたいという依頼も出てくるかもしれません。機能として便利だし可能性を感じるので、今後流行るといいなと思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Sign in with Appleの実装

1 はじめに2 Sign in with Appleとは2.1 iOS レビューガイドライン2.2 つまり3 準備4 実装5 デザイン6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、nukkyです ...

swift

[Swift]ObjectMapperで簡単にJSONを読み込む

1 はじめに2 準備3 実装3.1 基本的な使い方3.2 ネスト配列に対応してみよう4 さいごに はじめに こんにちは、onukiです。 私はSwiftでJSONを取り扱う際に、 ObjectMapp ...

iOS13で申請するために押さえておきたいポイント

1 はじめに2 presentViewController3 DeviceToken4 Launch Storyboard5 Dark Mode6 Sign In with Apple7 さいごに8 ...

iOS13で発生するUICollectionviewのカクつきを解消する

iOS13でCollectionViewの動作が少し変わりました。 Cellの入れ替え時にデータの更新を行う際にはどのように作成すれば良いか、関係のあるデリゲートを含め説明させていただいております。 おまけとして、Xcode11.3対応を行った際に対応した内容を簡単にですが記述しております。Xcode11対応をされる方の参考になればと思います。

iOSでFABを表現する「material-components」「Floaty」

1 はじめに2 Floating Action Button(FAB)とは3 Material Components3.1 導入方法3.2 FABの配置3.3 FABをタップした時の処理4 Float ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。