iOS

UIWebViewからWKWebViewへの移行

投稿日:

はじめに

UIWebViewを使用してアプリのアップデートができる期限が2020年の12月までと正式に期限が通知されましたね。

ITMS-90809: Deprecated API Usage – App updates that use UIWebView will no longer be accepted as of December 2020. Instead, use WKWebView for improved security and reliability. Learn more (https://developer.apple.com/documentation/uikit/uiwebview).

After you’ve corrected the issues, you can upload a new binary to App Store Connect.

そこで、今回はUIWebViewからWKWebViewへの移行を行なっていきたいと思います。

ターゲットとなるUIWebViewで行なっていること

今回は以下の機能を実装しているUIWebVIewをターゲットにし、これらの機能をWKWebViewに移行していきます。

  1. URLへのアクセス
  2. ローカルHTMLの読み込み
  3. ページを戻す、進める
  4. ページの読み込み開始時や終了時に処理を行う(delegate)
  5. JavaScriptの実行
  6. Cookieの付与

URLへのアクセス

まずは基本中の基本、URLへのアクセスの方法から、UIWebViewの場合は loadRequest 関数を使用します。

これをWKWebViewに置き換えるとこうなります。

引数が URLRequest なのは変わらずで、 load 関数を使用します。

ローカルHTMLの読み込み

UIWebViewでローカルHTMLを読み込む場合は loadHTMLString 関数を使用します。

WKWebViewでも変わらず loadHTMLString 関数を使用します。

両者の違いとしてWKWebViewは戻り値として WKNavigation が返却されます。

ページを戻す、進める

UIWebViewでページを戻したり進めたりする場合は下記のように、履歴があるかの確認を行なってから goBack や goForward 関数を実行します。

この関数に関してはWKWebViewも全く同じ名前のメソッドを使用します。

ページの読み込み開始時や終了時に処理を行う(delegate)

ページの読み込み開始時や終了時に処理を行うには delegate を使用して処理を行います。UIWebViewは UIWebViewDelegate を使います。

WKWebViewの場合は、 WKNavigationDelegate を使います。

WKNavigationDelegate プロトコルの方が少し細かい単位になっていて、ページの読み込み処理を開始と内容受信が分かれています。例えば、接続出来ないURLが指定されたときに、 webView(_: didStartProvisionalNavigation:) メソッドは呼ばれますが、 webView(_: didCommit:) は呼ばれないという動作になります。

JavaScriptの実行

JavaScriptの実行方法も移行が必要です、UIWebViewは stringByEvaluatingJavaScript 関数を使用しています。

それに対し、WKWebViewでは evaluateJavaScript 関数を使用します。

UIWebViewは同期処理になっていて、JavaScriptの実行が完了してからアプリに制御が戻ります。
WKWebViewの方は非同期処理になっていて、JavaScriptの実行が完了すると、指定したブロックが実行されます。

Cookieの付与

UIWebViewでは HTTPCookieStorage を参照しているので Cookie を設定したい場合は以下のようにします。

WKWebViewの場合は以下のように設定します。

さいごに

新規でアプリを作成されている方はWKWebViewだと思いますが、UIWebViewを使用されている方も結構いるのではないかと思います。まだ12月まで余裕はありますが間際になって慌てないように余裕を持って移行していきたいですね。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

SwiftUIでChartライブラリを使ってみた。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入3 wrapper structの作成3.1 描画のための準備3.2 データの取得と更新3.3 コード全体4 さいごに5 おすすめ ...

iOS14のWidget機能を使ってみた。

1 はじめに2 Xcode 12 betaの入れ方3 WidgetExtensionの追加方法4 デフォルトのコード説明5 Configurationについて6 プロバイダー6.1 snapshot6 ...

[Swift]Alamofireを使ってファイルをDLしてみる

1 はじめに1.1 前提条件2 今回やること3 準備4 実装4.1 DLしたファイルへのアクセス5 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 みなさんSwiftでの通信ライブラリは何を使ってま ...

swift

端末のモデル名やサイズを簡単に取得できるライブラリ「Device」

1 はじめに2 準備3 試してみる3.1 端末モデル名3.2 画面サイズ3.3 端末の種類4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末のサイズやモデル名などを 簡単に取得できるライ ...

UnityのiOSネイティブをSwiftで書く

1 はじめに2 UnityのiOSネイティブとは?3 今回作るもの4 必要な構成5 unity-swiftの導入6 必要な機能の実装6.1 Swiftクラスの作成6.2 Objective-C++でU ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。