iOS

[Swift]カメラデバイスで使用できる解像度の中で、最大のサイズを設定する

投稿日:

はじめに

iOSでカメラの映像を画面に表示することは多々あると思いますが、今回はカメラデバイスが使用できるフォーマットの取得し反映させる方法を解説したいと思います。

フォーマット一覧の取得

では早速フォーマットの一覧を取得したいと思います。
まずはフォーマットを取得したいデバイスを取得します。今回はフロントカメラを取得します。

デバイスからフォーマットの一覧を取得し、中を見ていきたいと思います。

そうすると以下のようなログが吐き出されます。

使用できるフォーマットの解像度や、FPSなどが確認できます。

フォーマットを設定する

それでは実際にデバイスに使用したいフォーマットを設定したいと思います。フォーマットを設定するには取得したデバイスのactiveFormatを書き換える必要がありますが、その際デバイスをロックする必要があるので下記のように設定します。

使用したいフォーマットを選択するために、フォーマットから解像度を取得します。formatDescriptionからCMVideoFormatDescriptionGetDimensionsを使用して幅と高さを取得します。

それでは上記で取得したフォーマットの中に「3088×2320」の解像度があったので、こちらを設定したいと思います。

カメラデバイスで使用できる解像度の中で、最大のサイズを設定する

上記までの処理を参考にして、本ブログのタイトル通り、カメラデバイスで使用できる解像度の中で、最大のサイズを設定したいと思います。

さいごに

端末の種類も増え、設定できるフォーマットも多様になってきたので、アプリに合わせたフォーマットを設定する必要があると思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Swift】XCUITestでScrollViewのテストをしてみる

1 はじめに2 XCUITestとは3 導入方法3.1 オブジェクトの配置3.2 UISCrollView3.3 ラベルとボタン4 テストのための設定4.1 ラベル5 テストコード5.1 SetUp5 ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

【Swift】iOS14 で変わるプライバシー主にIDFA周り

1 はじめに2 iOS14のプライバシーについて2.1 IDFAについて2.2 iOS14でどのような動きになるか2.3 今後の対策として3 その他のプライバシーについて4 さいごに5 おすすめ書籍 ...

[Swift]プロトコルの拡張で既定値を設定する。

1 はじめに2 プロトコルの拡張について2.1 プロトコルに既定値を設定2.2 プロトコルを設定したクラスの作成2.3 制約をつけてプロトコルに既定値を設定3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに こん ...

SwiftGenを使ってみた

1 はじめに2 SwiftGenの特徴2.1 コードジェネレートするリソースを選択することができる2.2 コードジェネレートするのにビルドが必要ない2.3 設定ファイルベースである3 インストール4 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。