BackEnd

Laravelの便利なメールアドレスのバリデーション設定

投稿日:2021年10月25日 更新日:

はじめに

最近、Laravelを使用した案件でメールアドレスでユーザー登録をしてもらう際に、バリデーションを掛けているにも拘らず不正なメールアドレスが登録される不具合がありました。
バリデーションルール設定不足が原因だったのですが、メールアドレスのバリデーション設定について調べる良い機会になったので、紹介したいと思います。

不具合内容

バリデーションルール設定

FormRequestクラスを継承して以下の様にルール設定していました。
email と設定したら、後はLaravel側でいい感じにバリデーションしてくれていると思っていました。

不正なメールアドレス例

実際には以下の様なメールアドレスがバリデーションを通ってしまいました。

・〜@gmailcom(ドット抜け)
・〜@gmail(.com抜け)
・〜 @gmail.com(半角スペース)
・〜.@gmail.com(@マーク前にドット)

対応

結論から言うと、追加設定で対応する事が出来ました。Laravel5.8以降で使用可能となっています。
設定は以下5種類があります。

email:rfc

RFC準拠になっているかチェックする。RFC 5321, 5322, 6530, 6531, 6532が対象とのことです。

email:strict

上記の email:rfc のバリデーション時により厳格にチェックする。
Warningも出した時点でバリデーションエラーとするようです。

email:dns

メールアドレスのドメインが有効かどうかをチェックする。
内部では、dns_get_recordメソッドで DNS_MXDNS_ADNS_AAAA のレコードからドメインチェックしているようです。

email:spoof

偽装文字コードが使用されていないかチェックする。偽装メールアドレス防止などに有効の様です。
内部では、Spoofcheckerクラスを使用してチェックしているようです。

email:filter

RFC準拠になっているかチェックする。
内部でfilter_var()メソッドを使用してチェックしているようです。

修正

ルール検証

以下のコードで検証した所、 strict 又は dns のどちらかでバリデーションに成功しました。

修正後バリデーションルール設定

という事で、修正後のバリデーションルールは以下となりました。
今回は、 strictdns を設定する事で無事に不正メールアドレスをはじく事が出来ました。

さいごに

メールアドレスバリデーションが簡単に実装出来て非常に便利ですね。

おすすめ書籍

PHPフレームワークLaravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応 PHPフレームワークLaravel Webアプリケーション開発

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Vue.js入門その4〜TODOアプリにサーバーサイドを追加してみる〜

1 はじめに2 準備2.1 今回作成したいもの2.2 環境構築3 サーバーサイド3.1 DB3.2 メモ:rails generateで余分なファイルを生成しない3.3 作成したファイル4 ビューの作 ...

Go言語

gorpを使ってDBを操作する

1 はじめに1.1 GoのORM1.2 gorpの紹介2 gorpの基本操作2.1 insert2.2 select2.3 update2.4 delete3 構造体のmapping4 テーブルの作成 ...

【Ruby Advent Calender 2017】Rubyでスクレイピングをしてみる【11日目】

1 はじめに1.1 概要2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 他のサイトの記事でも試してみ ...

laravel logo

Laravel Cashier サブスクリプションに使用するテーブルを理解する

1 はじめに2 Laravel Cashierのテーブル2.1 usersテーブル2.2 subscriptionsテーブル2.3 supscription_itemsテーブル3 課金情報の更新方法4 ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。