BackEnd

Kotlinでのnullの基本的な扱いかた

投稿日:

はじめに

こんにちは。今回は改めてKotlinでのnullの扱いについての基本をまとめます。
曖昧な理解のままAndroidStudioの補完に頼りきりでしたので、基本的な書き方を網羅することで、Kotlinでどのようなコードを書けばよいのかという指針になればと思います。

なお、コードを試す際はブラウザからKotlinの動作を確認できるTry Kotlinを使用します。

基本的にnullを許容しない

Javaは全ての型にnullが代入される可能性があります。そのためコードのあちこちで
if (object != null) {...} というnullチェックを書く必要がありましたが、Kotlinでは変数にnullが入らないこと(non-null)を基本としています。
nullが入り込まないことが前提であれば、NPE(NullPointerException)は起こり得ません。

装飾なしの型宣言ではnullを代入できず、コンパイルエラーとなります。

nullを許容するNullable

型名に「?」をつけることでnullを入れられる(Nullable、null許容)ようになりますが、Nullableのままメソッドやプロパティを呼び出そうとするとコンパイルエラーになります。
Javaであれば、実行時にNullPointerExceptionとなることで初めてコードの間違いに気づけますが、Kotlinではコンパイルの時点で指摘してくれます。

また、non-nullの変数にNullableを代入することもできません。 StringString? は異なる型として扱われるためです。
下記のコードの場合はたまたま message1 に文字列が入っていますが、nullになりうる型のままでは、non-nullである message2 への代入は許されないということですね。

Nullableをnon-nullに変える

いくつかの方法があります。

nullチェックとスマートキャスト

if文でnullが入っていないことを確認できた場合、その変数はifのブロック内でのみnon-nullとして扱えます。
この動作はKotlinのスマートキャスト機能によるものです。

なおスマートキャストはnullチェックだけでなく、変数の型チェック全般で使えるものです。
以下の例では、Any型として初期化されている変数の型チェックを行うことで、Int型として加算処理が可能になっています。

エルビス演算子

変数への代入に ?: を使うことで、この演算子の左式がnullだった場合は右式が評価されます。Javaや他言語の三項演算子のように使える感じですね。

上記コードではJavaのSystem.getProperty()の結果を代入しています。Javaはnull安全性が無いため、Javaライブラリから呼び出した結果は全てNullableとして扱われます。
環境変数user.nameが設定されていないとnullが返ってくるため、その時は ?: の右式が評価され、変数userNameには unknown property. が入ります。

セーフコール演算子

変数のあとに ?. をつけることで「変数がnullでなければメンバーにアクセスし、nullならnullを返すだけ」という意味になります。
変数 message1 および message2 が下記コードでnon-nullに変換されるわけではありませんが、変数の値が間違いなくnullではないと分かっていれば、このような記述が可能です。

!!演算子

変数のあとに !! をつけることで強制的にnon-nullに変換できます。ただし、中身がnullだった場合はメソッドやプロパティへのアクセス時にNullPointerExceptionが発生します。
コンパイルの時点でnullの可能性を潰せておらず、Kotlinのnull安全性を活かせていないため、非推奨な方法です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。IDEの指摘に頼りきってとりあえずエラーを回避するのではなく、基本的な文法を学ぶことで、作法に則ったコードを書く意識が強くなり「どのように書くべきか」の指針を得られたと感じています。
とにかく動くコードこそ正義というケースもあるかもしれませんが、言語の機能を活かすため、ひいてはコードの品質を上げるためにも、勉強を続けようと思います。

おすすめ書籍

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング Kotlinイン・アクション 速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravel SailでDocker環境構築

1 はじめに2 Laravel Sailの基本2.1 Dockerの構成2.2 コンテナの起動・停止2.3 sailで使用できるコマンド3 Laravel Sailの設定3.1 ポートフォワードの設定 ...

laravel logo

LaravelのFacade(ファサード)とは? 何気なく使用していた裏側の仕組みを解説!

1 はじめに1.1 Facadeを使用しているクラス2 Facadeの仕組み3 Facadeの作成3.1 サンプルコードに必要な実装3.2 Serviceの作成3.3 Facadeクラスの作成3.4 ...

rails

ShrineでS3に画像をアップロードする

1 はじめに1.1 前提条件1.2 関連記事2 AWS側の準備2.1 S3バケットを作成する2.2 CORSを設定する2.3 アクセス用のユーザを作成する3 Rails側の設定3.1 Initiali ...

Go言語

GoフレームワークGinでミドルウェアを使ってログインAPIを実装

1 はじめに2 ログインAPIの作成3 ログインのセッション管理4 ミドルウェア4.1 gin.Default()4.2 Logger4.3 Recovery4.4 sessions5 独自ミドルウェ ...

js

TypeScriptでJavaScriptのライブラリを使用するには?

1 はじめに2 対応方法2.1 npmで@typesからインストールする2.2 自分で型定義ファイルを作る3 Declaration Space3.1 Type Declaration Space3. ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。