BackEnd

Go 1.18のGenericsを使った地味に便利な関数を紹介

投稿日:

はじめに

3月15日にリリースされたGo 1.18で、ついにGenericsがサポートされました(GoのGenericsについてはこちらをご覧ください)。

そこで、今回はGenericsを利用した関数の例として、汎用的に使える地味に便利な関数を紹介します。

関数の紹介

解決したいこと

Goでコードを書いていると、地味に不便だなと感じる事があります。

例えば、

名前と年齢が必須で、任意でメールアドレスを入力できるユーザ構造体があるとして、この構造体のインスタンスを生成する時に、

このように文字列を直接ポインタとして渡すことはできないため、

わざわざ、変数に代入してからその変数のポインタを渡す必要があります。

関数の内容

そこで、これを解消するために作った関数がこちらです。

見て分かる通り非常にシンプルで、T型で渡された引数のポインタを返却します。

先程の例にこの関数を適用するとこのようになります。

このように、いちいち変数への代入をしなくて良くなるので便利です。

さいごに

Go1.18から使えるようになるGenericsを使った地味に便利な関数を紹介しました。

おすすめ書籍

スターティングGo言語 エキスパートたちのGo言語 一流のコードから応用力を学ぶ Software Design plus

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

EloquentのtoArray()とtoJson()をカスタマイズ

1 はじめに2 $visibleプロパティと$hiddenプロパティ2.1 $visibleプロパティ2.2 $hiddenプロパティ3 独自属性の追加3.1 $appendsプロパティ4 使い所5 ...

Rubyを使ってDialogflowのお勉強

1 はじめに1.1 環境2 とりあえずAPIで叩いてみる2.1 テスト用のIntentを作成2.2 Gemの設定3 Eventについて3.1 WELCOMEイベント3.2 パラメータ付きで叩く3.3 ...

PHPerだけどKotlinを勉強したって良いよね その1〜クラス編〜

1 はじめに2 インターフェース2.1 基本2.2 デフォルト実装付メソッド2.3 同じメソッド名を持つ複数のインターフェース3 修飾子3.1 open3.2 abstract4 可視性修飾子5 さい ...

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

Go言語

go:embedとGo 1.16、1.17での変更点まとめ

1 はじめに1.1 変更点一覧2 go:embedとは3 go:embedの使い方3.1 基本的な使い方3.2 複数のファイルを埋め込む3.3 異なるディレクトリのファイルを埋め込む3.4 ディレクト ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2022年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。