未分類

【Unity】Starter AssetsのThird Person Character Controllerを使ってみた

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。本日はUnityのThird Person Character Controllerについて触れていこうと思います。
年末あたりにStandardAssetsの配布が終了したため、今後使う機会が増えていくのではないかと思っております。

Third Person Character Controllerの導入

利用するにあたって利用しているUnityのバージョンが2020.3.0 以降であることを確認してください。
スクショは2023/02月時点のものですが、オリジナルの Unity バージョン 2020.3.0以降が設定されています。

インストールは通常通りAsset Storeからです。
こちらのThird Person Character Controllerから進めていきます。

検索する場合こんな画面が表示されていることを確認してください。(似たようなAssetがたくさんあります。)

通常のAssetStoreからの導入手順で問題ないのですが、下記のような警告がでます。

こちらの説明がわかりやすかったのですが、Unityのユーザの入力を受け取る仕組みが今までInput Managerだけだったのですが、Input System Managerが追加されました。既存の設定はInput Managerなのですが、Third Person Character ControllerではInput System Managerが利用されているため、設定の切り替えを行う必要があるとのことです。

再起動して無事インポートできると、下記のようにStarterAssetsとして諸々追加されます。

使い方

Prefabで提供されているのでドラッグ&ドロップで追加できます。
これで簡単には完了なのですが、設定できる内容に結構変化があります。
今までに比べ、全体的に細かな設定ができるようになっていることもそうですが、個人的には足音を付けやすくなっているのがいいところだなと思いました。

また、アバターの変更を行う場合は、追加したオブジェクトを左クリックをして、スクショのUnPackを選択してから行いましょう。

さいごに

気付かぬうちにStandardAssetの配布が終わっていました。Unityの紹介にとても便利だったので重宝していました。
FPSとTPSコントローラーは上位互換あるので積極的にそちらを使っていこうと思います。

おすすめ書籍

Unityの教科書 Unity2019完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 作って学べる Unity 超入門 スラスラ読める Unity C#ふりがなプログラミング

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-未分類
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Android CameraXプレビューを実装してみた

1 はじめに2 CameraXとは3 Android Jetpackについて4 Cameraパーミッションの追加5 ソースコード全容6 プレビューの実装7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに こんにち ...

【Unity】TextMeshProで文字の表示と日本語入力

1 はじめに2 プロジェクトに追加3 TextMeshProのプロパティ4 日本語を使うには5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。unityをアップデートしたらTextが ...

no image

【Unity】StarterAssetのInputSystemを利用KeyBoardとGamePadのアクションを設定してみる

1 はじめに2 InputSystemの概要3 StarterAssetでのアクションの追加3.1 InputActionの変更3.2 StarterAssetsInputs.csの変更3.3 Thi ...

laravel logo

Laravel-debugerbarを使ってみた

1 はじめに2 インストール3 主な項目3.1 Messages3.2 Timeline3.3 Queries3.4 N+1 Queries3.5 Session3.6 Request4 さいごに5 ...

【Unity】Inspectorから値にアクセス可能にするためには。

1 はじめに2 シリアライズ2.1 [SerializeField]2.2 public2.3 [System.NonSerialized] public2.4 まとめ3 おすすめ書籍 はじめに こん ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。