BackEnd

半年ぶりにRails Tutorialをやったメモ

投稿日:2017年3月7日 更新日:

はじめに

Railsを触り始めて半年ほどたちました、tonnyです。
復習もかねてRails Tutorialを実施したので、そのメモを残します。
やはり2回目でも気づくことは多いので、非常に勉強になりました。

環境について

  • Mac OS X Yosemite 10.10.5
  • Ruby 2.4.0
  • Rails 5.0.1

Railsは先日バージョン5.0.2がリリースされたそうですね。
http://weblog.rubyonrails.org/2017/3/1/Rails-5-0-2-has-been-released/

備忘録

Rubyのアップデート

Rubyのバージョンはrbenvで管理しています。
そのため、まずはrbenvのRubyに2.4.0を追加します。

下記のサイト様を参考にさせていただきました。
rbenvをupdateして最新のRubyバージョンをインストールする

今回のプロジェクト内で2.4.0を使用したいので、まずはプロジェクトを作成します。
そしてプロジェクト内でrbenvの指定をします。

ちなみに、globalを使用するとデフォルトのバージョンを変更できます。

Guardを起動するとエラーになる

序盤でGuardによって監視しています。
ただ、以下のようなエラーが出た場合、Rubyを入れなおすことが一般的なようです。

ただ、再度ビルドせずに済む方法はないかと探していたところ(面倒だとは言ってない)、
下記のIssueに記載がありました。
https://github.com/pry/pry/issues/1579

ちなみに

Pryは対話的にRubyを実行できるツールのことです。
Rubyに標準で搭載されているirbの代替です。
https://github.com/pry/pry

readlineはコンソールなどで入力するコマンドを読み取るgemのようです。
https://github.com/ConnorAtherton/rb-readline

minitestが、個別でやると成功するのに、まとめて実行すると失敗する

どうやらSpringが悪さをしているようなので、全部killしました。

Springとは

アプリケーションプリローダーのことであり、Rails4.1から導入されたそうです。
railsコマンドが実行される際に、Springサーバーが起動し、2回目以降のライブラリのロード時間を短縮してくれます。
rails consoleは初回起動に時間がかかっても、2回目以降は素早くたちあがると思います。

ちなみにRails Tutorialではdev環境で使用しています。

rails serverでポートが使用されていて失敗する

下記のようなエラーがでて、rails serverが立ち上がりませんでした。

3000番ポートが使用されているようなので、lsofで確認します。
こちらのブログ様が、用途ごとにまとめられており分かりやすかったです。
lsof:オープンしているファイルを調べる

aタグをtarget=”_blank”にするときはrel=”noopener”をつける

これはまだよく分かっておりませんが、備忘録としてQiitaの記事を載せておきます。
http://qiita.com/memolog/items/9913b0067e4e6883ed17

開いた記事から画面操作ができてしまうことが問題のようです。

default_scopeで”order by id desc”

default_scopeは使ったことはないものの、事前知識はありました。
デフォルトの条件を指定するので、order by id descと指定しておけばidの降順がデフォルトになります。

Micropostモデルにdefault_scopeで指定すると、Micropost.firstが降順で最初の1件を取得することは理解していました。
ただ、Micropost.lastがorder by id ascになることは驚きました。

Railsの方で判断して変えてくれるのですね。

herokuのファイルを確認する

heroku run bashでUNIXコマンドを使用してherokuアプリ内のファイルを確認することができます。

さいごに

忘れていたこと、そもそも分かった気になっていたこともあり、2回目とはいえ勉強になることが多いです。
やはりRails Tutorialは良い教材であることを再認識しました。

ログイン認証、および最終章あたりは理解が不十分な気がしているので、また時間を置いて実践したいと思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Pythonで書かれたスクレイピングのコードをRubyで書いてみる

1 はじめに2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 さいごに はじめに 以前、技術評論社さん ...

Go言語

GoのWeb Application Framework

1 はじめに2 代表的なGoのWAF2.1 軽量なWAF2.2 フルスタックなWAF3 Ginを使ってみる3.1 クエリパラメータ+ポストパラメータ3.2 ファイルアップロード3.3 URLのグループ ...

rails

Railsでの非同期処理とDelayed Job

1 はじめに2 Active Job2.1 Active Jobの役割2.2 ジョブを作成する2.3 ジョブをキューに登録する2.4 コールバック2.5 例外3 Delayed Job3.1 設定3. ...

rails

はじめてのrails、まずはローカル環境構築してみる

1 はじめに2 必要なライブラリ・ツールのインストール2.1 homebrew, rbenv2.2 rbenv-communal-gems3 最新安定版のrubyをインストール4 bundler, r ...

rails

Active Strageを使用してユーザーのアバターを登録、表示する

1 はじめに1.1 環境2 セットアップ2.1 前準備2.2 マイグレーションファイル作成2.3 設定ファイル3 実際に使って見る3.1 モデル3.2 コントローラー3.3 ビュー4 個人的メモ4.1 ...

フォロー

follow us in feedly

AppLink

英語

page_side_300rect

2017年3月
« 2月 4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。