BackEnd

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

投稿日:

はじめに

最近、個人的にPythonをやっています、tonnyです。

先日Pythonでfor構文を使用したのですが、そういえばよく分かっていなかったな、と思いこの機にPHP、Rubyと比較してみたいと思います。

環境

  • PHP 7.1.0
  • Ruby 2.4.0
  • Python 3.5.2

ドキュメント

比較してみると、PHPだけ違いますね。

PHP

制御構造#for

for ループは、PHPで最も複雑なループです。 for は、Cのforループと同様に動作します。 forループの構文は、次のようになります。

最初の式(式1)は、ループ開始時に無条件に 評価(実行)されます。

各繰り返しの開始時に、式2が評価されます。 その式の値がTRUEが場合、ループは継続され、括弧 内の文が実行されます。値がFALSEの場合、ループの 実行は終了します。

Ruby

制御構造#for

式を評価した結果のオブジェクトの各要素に対して本体を繰り返し て実行します。

Python

その他の制御フローツール#for

for文は、シーケンス (文字列、タプルまたはリスト) や、その他の反復可能なオブジェクト (iterable object) 内の要素に渡って反復処理を行うために使われます

1から100まで出力してみる

PHP

Ruby

Python

Pythonでは規則的な数字のリストであれば、range()関数を使用することが一般的なようです。

リスト型(配列)の出力

これはなんか無理やりです。

PHP

Ruby

Python

さいごに

簡単ですがまとめてみました。
(正直for構文だけでは例題に窮しました笑)

2つめの「リスト型(配列)の出力」は、eachやforeachを使うのが一般的かと思います。

 

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【1日目】

1 はじめに2 発表について2.1 安全かつ高速に進めるマイクロサービス化2.2 Rails in Microservices2.3 MySQL/InnoDB の裏側2.4 H2O/mruby でつく ...

【Ruby Advent Calender 2017】Rubyでスクレイピングをしてみる【11日目】

1 はじめに1.1 概要2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 他のサイトの記事でも試してみ ...

rails

RailsでAjax処理で画面を更新する

1 はじめに2 View(遷移元)の設定3 Controllerの実装4 View(遷移先)の実装5 参考6 さいごに はじめに RailsでAjax処理で画面を更新する方法を簡単に紹介します。 Vi ...

rails

Ruby2.4でCookieを手動で復号する際に発生したエラーの対処

1 はじめに1.1 前提条件2 発生したエラー2.1 実際のコード2.2 エラー詳細2.3 原因3 どう対処したか3.1 修正後のコード はじめに こんにちは、onoです。 現在開発中のアプリケーショ ...

rails

form_withでフォームの送信前に処理を行う方法

1 はじめに2 form_with3 サンプル4 さいごに5 参考 はじめに フォームを送信する前に処理を行いたいケース(Google Analyticsのイベントのトラッキングなど)があると思います ...

page_side_300rect

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。
下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

リンク

follow us in feedly
2017年3月
« 2月 4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031