BackEnd

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

投稿日:2017年3月30日 更新日:

はじめに

最近、個人的にPythonをやっています、tonnyです。

先日Pythonで for 構文を使用したのですが、そういえばよく分かっていなかったな、と思いこの機にPHP、Rubyと比較してみたいと思います。

環境

  • PHP 7.1.0
  • Ruby 2.4.0
  • Python 3.5.2

ドキュメント

比較してみると、PHPだけ違いますね。

PHP

制御構造#for

for ループは、PHPで最も複雑なループです。 for は、Cのforループと同様に動作します。 forループの構文は、次のようになります。

最初の式(式1)は、ループ開始時に無条件に 評価(実行)されます。

各繰り返しの開始時に、式2が評価されます。 その式の値が TRUE が場合、ループは継続され、括弧 内の文が実行されます。値が FALSE の場合、ループの 実行は終了します。

Ruby

制御構造#for

式を評価した結果のオブジェクトの各要素に対して本体を繰り返し て実行します。

Python

その他の制御フローツール#for

for文は、シーケンス (文字列、タプルまたはリスト) や、その他の反復可能なオブジェクト (iterable object) 内の要素に渡って反復処理を行うために使われます

1から100まで出力してみる

PHP

Ruby

Python

Pythonでは規則的な数字のリストであれば、range()関数を使用することが一般的なようです。

リスト型(配列)の出力

これはなんか無理やりです。

PHP

Ruby

Python

さいごに

簡単ですがまとめてみました。
(正直 for 構文だけでは例題に窮しました笑)

2つめの「リスト型(配列)の出力」は、eachやforeachを使うのが一般的かと思います。

 

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

Stripe Connectを使って継続課金にクーポンを適用する

1 はじめに2 クーポンについて2.1 クーポンのタイプ2.2 期間2.3 引き換え回数制限2.4 その他3 クーポンの作成4 クーポンの使用4.1 定期支払にクーポンを適用4.2 Checkoutで ...

laravel logo

コードでわかるLaravelのブラウザ認証

1 はじめに1.1 認証機能の概要2 Controller3 SessionGuard3.1 fireAttemptEvent3.2 retrieveByCredentials3.3 hasValid ...

Go言語

GoのWeb Application Framework

1 はじめに2 代表的なGoのWAF2.1 軽量なWAF2.2 フルスタックなWAF3 Ginを使ってみる3.1 クエリパラメータ+ポストパラメータ3.2 ファイルアップロード3.3 URLのグループ ...

js

GoogleAppsScriptを使ってmBaaSの定期実行処理を実装する

1 はじめに1.1 簡単な状況説明1.2 定期実行を行う方法2 実装2.1 実装の流れ2.2 JavaScriptの実装2.3 スクリプトをアップロードする2.4 Google Apps Script ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。