Products

「実行の4つの規律」について考えてみた

投稿日:2017年4月12日 更新日:

はじめに

私の中で、昨年のブックオブイヤーは「7つの習慣」でした。
(あの当時で今更感はありましたが。。。)
その「7つの習慣」を組織で実行するテーマの「4つの規律」という本が出たようなので、今回題材にしました。

そもそも4つの規律って?

  1. 最重要目標にフォーカスする
  2. 先行指標に基づいて行動する
  3. 行動を促すスコアボードをつける
  4. アカウンタビリティのリズムを生み出す

分かるような分からないような。。。
本に記載されている内容を一部引用しながら、例としてあげると、

  • あるプランニング会社が、今年度の売上を1億円から2億円にあげることを決めた。(最重要目標
  • これを受けて、その目標を達成するためには、高いプランを選択してれる顧客を20 %増やす必要があった。(遅行指標
  • 20 %増やすために、1人1人の目標として「高いプランを勧める営業を毎日2件行うこと」とに決めた。(先行指標
  • 各人が見える場所に、目標と実績を分かりやすい図で掲示した。(スコアボード
  • 毎週必ず1回、この件に関するMTGを行い、進捗と先行指標の修正を行った。(アカウンタビリティ

遅行指標とは、先行指標を行った上での結果と書かれています。
例えば、車が故障する頻度を下げる、という目標は私たちでは関与できません。ただ、車を整備に出すことは私たちの意思で決めることができます。

じゃあ4つの規律でどんな組織を作りたいの?

本にはいろいろ記載がありましたが、私が考えるに、ボトムアップ型の組織だと思っています。
ある程度目標が明確になれば、主体的に考え、意見なども言うことができるようになるかと思います。
本の中で印象的であったのは、レガッタとラフティングの話です。
高度経済成長期のような変化が(今に比べて)乏しいときは、リーダーに合わせて漕ぐことが重要です。
ただ、現代のような、何が起こるかよく分からないような時代では、リーダーはいるにしろ、個々人で判断する機会が増えます。
組織的な動きは当然として、各々でも考えることができる組織を作りたいのかな、と思っています。

技術屋にとっての4つの規律

一概に技術屋といっても様々な職種が存在します。
今回は「製品、サービスを完成させ、納品すること」が業務上の目標である場合を想定します。

  • 最重要目標:自部署、自チームの売り上げアップ(期間と増加幅は省略)
  • 遅行指標:ある製品を納品すること
  • 先行指標:製品の工程を週単位で分割できるところまで落とし込み、その工程が終了したかどうかを指標とする

製品を納品することは、間違いなく売上に貢献できることだと思います。
とはいえ、これは結果なので、コミットできる先行指標が必要です。

これはあくまで私の考えですが、製品の工程を分割して、指標とすれば良いのかな、と思います。
1週間で2つの工程を完了させることを各々のコミットメントとし、スコアボードを作ります。
幸い、そのようなタスク管理系のアプリケーションはたくさんありますし、エクセルで簡単な図を作っても良いかもしれません。

そして、週1回のMTGで進捗報告、および案外手間がかかりそうな工程に関して共有、軌道修正を実施していきます。
あくまで私が考えた一例ですが、漫然といついつまでに完成させる。。。と考えるよりもメリハリがつくのではないかな、と思います。

おわりに

4つの規律よりも7つの習慣?

4つの規律はどちらかというと管理職、マネジメント職の方向けの本という印象です。
組織の中にいかにルールを作るか、という感じですが、個人向けというと7つの習慣の方がしっくりくるかもしれません。

本の中でも、ビジネスパーソンは木である。根っこに人格(7つの習慣)があって、その上に組織の規律(4つの規律)という幹があり、スキルという葉っぱを茂らせているようです。
良い機会なので、7つの習慣も再読し、歯をみがくかのごとく、良い習慣を根付かせていきたいと思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Products

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

エンジニア向け英語学習アプリのエンジリッシュをやってみた

1 はじめに2 エンジリッシュって?3 とりあえずやってみる4 ログインしてみる5 さいごに はじめに ソフトバンク、広島の優勝や、台風などで賑やかな連休でしたね。 そんな私はエンジリッシュというアプ ...

瞬間英作文

自分で作る瞬間英作文〜2020年の軌跡〜

1 はじめに2 2020年に追加した機能2.1 再生画面で英文と日本語文の表示・非表示の切り替え機能2.2 英文を新規作成する際に、英文グループの選択・追加機能2.3 英文の引き継ぎ共有機能2.4 再 ...

GRIT(やり抜く力)

こんにちは、onoです。 優れたパフォーマンスを発揮する人を目にした時、皆さんはどのように感じるでしょうか。 「あの人には才能がある」と感じる人が多いかもしれません。 しかし、その誰もがみな特殊な才能 ...

良いFAQの書き方─ユーザーの「わからない」を解決するための文章術を読んでみて

1 はじめに2 簡単に各章ごとの内容やまとめ2.1 第1章 FAQはなぜ重要なのか2.2 第2章 FAQを書くための基礎知識2.3 第3章 Qの書き方2.4 第4章 Aの書き方2.5 第5章 FAQの ...

忘れられた巨人を読みました

1 はじめに2 あらすじ3 読んでみた感想4 ネタバレありな感想 はじめに 今年度のノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロさんの「忘れられた巨人」を読みました。 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。