iOS

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

投稿日:2017年4月26日 更新日:

はじめに

こんにちは。

はじめましてnukkyです!

よくある挙動ですが、リンクが含まれる文字列を表示する際に
リンクのタップでブラウザを開きたいとなることがあると思います。

そこで、今回はTTTAttributedLabelを使用し、
文字列からリンクの表示、リンクタップ制御を行います。

TTTAttributedLabelとは

リッチなテキストを表示するためのUILabelの機能を拡張するOSSです。
その機能の一つに文字列からリンクを検出してくれる機能があるので
今回は主にその部分の実装についてになります。

https://github.com/TTTAttributedLabel/TTTAttributedLabel#tttattributedlabel

CocoaPodsでインストール

インストールにはCocoaPodsを使用します。

それと、TTTAttributedLabelはObjective-Cで書かれているので
Bridging-Header.hにimportしてください。

実装

Labelの表示

まずはTTTAttributedLabelをimportします。

StoryboardにUILabelを用意し
ClassにTTTAttributedLabelを指定してください。
それをIBOutlet接続します。

テキストのリンクをタップできるように設定します。

リンクを含むテキストをセットします。

そうするとこのような表示になります。

タップの検知

このままだとタップが検知できないので
TTTAttributedLabelDelegateを設定します。

LabelのDelegateを設定します。

テキスト内のリンクがタップされた場合、以下のメソッドが呼ばれます。

これで、文字列からリンクを表示、リンクタップ制御ができたと思います。

さいごに

UITextViewをつかえば標準でリンクの検知ができますが、
標準の外部ブラウザ起動しかできないので、
TTTAttributedLabelをつかえば、何か処理を挟んだり、
内部のWebViewを起動したりと色々できるので
リンク検知でゴニョゴニョしたいときは便利だと思います!

age_footer_300rect




age_footer_300rect




-iOS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Swift3 + Alamofire4 + Unbox2.4を使ってJSONをパースする

1 はじめに1.1 前提条件1.2 完成形2 モデルの作成3 APIクラスの作成4 ViewControllerの作成4.1 Delegateの指定4.2 TableViewの設定4.3 Search …

SwiftでのDateクラスの煩わしさから解放されるSwiftDateを使ってみた

1 はじめに2 準備3 使ってみよう3.1 現在の取得3.2 パラメータの取得3.3 パラメータの操作3.4 文字列変換3.5 Dateの比較3.6 判定メソッド4 さいごに はじめに こんにちは、n …

iOSアプリのチュートリアルに便利なMMPopLabel

1 はじめに2 準備3 実装3.1 Storyboard3.2 MMPopLabelの準備3.3 MMPopLabelの表示3.4 Delegate4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 …

Swift3でRealmを使ってみる

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備2.1 Realmのインストール・設定2.1.1 Carthageファイルの生成2.1.2 CarhageにてRealmをインストール2.1.3 Realmをイ …

Swift3で動的にUIViewを切り替える Part2

1 はじめに1.1 前提条件2 完成イメージ3 StoryBoardの準備3.1 Viewの配置3.1.1 ① Segmentを配置するView3.1.2 ② ContainerViewを表示するVi …

page_side_300rect






follow us in feedly

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30