iOS

SwiftでTTTAttributedLabelの文字列からリンク表示

投稿日:2017年4月26日 更新日:

はじめに

こんにちは。

はじめましてnukkyです!

よくある挙動ですが、リンクが含まれる文字列を表示する際に
リンクのタップでブラウザを開きたいとなることがあると思います。

そこで、今回はTTTAttributedLabelを使用し、
文字列からリンクの表示、リンクタップ制御を行います。

TTTAttributedLabelとは

リッチなテキストを表示するためのUILabelの機能を拡張するOSSです。
その機能の一つに文字列からリンクを検出してくれる機能があるので
今回は主にその部分の実装についてになります。

https://github.com/TTTAttributedLabel/TTTAttributedLabel#tttattributedlabel

CocoaPodsでインストール

インストールにはCocoaPodsを使用します。

それと、TTTAttributedLabelはObjective-Cで書かれているので
Bridging-Header.hにimportしてください。

実装

Labelの表示

まずはTTTAttributedLabelをimportします。

StoryboardにUILabelを用意し
ClassにTTTAttributedLabelを指定してください。
それをIBOutlet接続します。

テキストのリンクをタップできるように設定します。

リンクを含むテキストをセットします。

そうするとこのような表示になります。

タップの検知

このままだとタップが検知できないので
TTTAttributedLabelDelegateを設定します。

LabelのDelegateを設定します。

テキスト内のリンクがタップされた場合、以下のメソッドが呼ばれます。

これで、文字列からリンクを表示、リンクタップ制御ができたと思います。

さいごに

UITextViewをつかえば標準でリンクの検知ができますが、
標準の外部ブラウザ起動しかできないので、
TTTAttributedLabelをつかえば、何か処理を挟んだり、
内部のWebViewを起動したりと色々できるので
リンク検知でゴニョゴニョしたいときは便利だと思います!

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【iOS14】新機能WidgetKitへの挑戦【実践編】

1 はじめに2 Today Extensionとの違い3 ターゲットの追加4 StaticConfiguration4.1 TimelineProvider4.1.1 getSnapshot4.1.2 ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

swift

[Swift]動画広告を最後まで見たら何かするアレをAPPLOVINでやってみた

1 はじめに1.1 前提条件2 準備3 実装3.1 Xcodeの設定3.2 広告の再生4 テスト設定とかアプリ管理5 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はタイトルの通り、アプリでよ ...

iOS13で申請するために押さえておきたいポイント

1 はじめに2 presentViewController3 DeviceToken4 Launch Storyboard5 Dark Mode6 Sign In with Apple7 さいごに8 ...

[Swift]iOSの脱獄チェックを行う。

1 はじめに2 脱獄とは3 脱獄のチェックについて3.1 Cydiaのチェック3.2 パスのチェック3.3 書き込み権限のチェック3.4 iOSシミュレーターのチェックを行わない。4 コードまとめ5 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。