Server

WordPressとRailsアプリケーションを相乗りさせた時の話

投稿日:


 

はじめに

先日、現在開発中のアプリケーションのステージング環境の構築を行ないました。

ステージング環境はこのブログのサーバと相乗りさせています。
今回はその際に行ったNginxの設定とSSL化を中心に紹介します。

デプロイ設定は下記をご確認ください。
https://re-engines.com/2017/07/14/capistrano3/

前提条件

CentOS 7.3
nginx 1.10.2

ruby 2.4.1
rails 5.1.0
unicorn 5.3.0
 

サブドメインを設定する

お名前.comでサブドメインを設定しました。

サブドメインの取得は「DNS関連機能の設定」でドメインを選択後、「DNSレコード設定を利用する」から設定できます。

今回は仮に「my-app.re.enines.com」としておきます。
 

Nginxの設定

ステージング環境用の設定

/etc/nginx に sites_enabled というディレクトリを作成し、そこにステージング環境用のNginxの設定ファイルを作成します。

注意点として、unicornのpidの場所は /tmp 以外のディレクトリにします。
http://blog.tnantoka.com/posts/49/versions/current

ステージング環境の設定を読み込ませる

設定ファイルを作成後、既存のNginxの設定ファイルに作成した設定ファイルを読み込むようにします。

Nginxの再起動

設定後、設定ファイルの確認を行います。

問題がなければNginxを再起動します。

 

SSL化する

ブログサーバはすでにLet’s Encryptでサーバ証明書を取得しています。
ステージング環境用のサーバ証明書を取得することもできますが、今回はブログとステージング環境を一つの証明書でまかないます。

ルーティングの追加

ステージング環境用のNginxの設定ファイルを修正します。
Let’s Encryptは指定されたパスに認証ファイルを作成し、それをLet’s EncryptのサーバからGETリクエストで取得することで認証を行なっていそうなので、
ルートディレクトリの設定を行います。
http://qiita.com/kamemory/items/958fdbc220359c341a23

設定後、Nginxを再起動します。

サーバ証明書の発行

下記のコマンドを実行し、証明書を発行します(事前にLet’s Encryptをインストールしておきます)

ステージング環境をSSL化

ステージング環境用のNginxの設定ファイルを修正します。

修正後、Nginxを再起動します。
これでステージング環境にhttpsでアクセスできるようになります。
 

さいごに

WordPressとRailsアプリケーションを相乗りさせ、SSL化しました。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Server

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

DockerでRails + Vue.jsの環境を作ってみる

1 はじめに1.1 前回までのあらすじ1.2 今回の趣旨1.3 環境2 MySQLのUTF-8対応3 Node.jsをRubyコンテナに組み込む4 Webpackerを使用してVue.jsをインストー ...

aws

Amazon EC2を使ってみる

1 はじめに2 事前準備2.1 ルートアカウントのMFAを有効化2.2 個々のIAMユーザの作成(及びグループの作成)2.3 IAMユーザのMFAを有効化2.4 IAMパスワードポリシーの適用3 EC ...

MyCoachのDocker環境を変えてみた

1 はじめに2 なんで改修しようと思ったか3 構成3.1 使用するコンテナ3.2 各Dockerfile3.3 docker-compose.yml3.4 Unicorn3.5 database.rb ...

laravel logo

Laravel Cashierでサブスクリプションを実装する

1 はじめに2 Stripeの準備3 Laravel Cachierの初期設定3.1 インストール3.2 APIキーの設定3.3 Userモデルへの実装4 支払い方法の登録4.1 支払い方法の登録5 ...

CircleCIを使ってみた(RailsのRSpecとデプロイのサンプル)

1 はじめに2 導入するにあたって3 項目B4 補足4.1 開発環境とCI環境でdatabase.ymlが異なる5 さいごに はじめに 個人的に作成しているアプリケーションのCIツールとして、Circ ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play