BackEnd

Capistrano3でRailsアプリケーションをデプロイする

投稿日:2017年7月14日 更新日:

はじめに

最近、現在開発中のアプリケーションのステージング環境の構築を行なっています。
それにあたり、初めてCapistranoの設定を行いましたので、ここに設定した内容をまとめます。

注意点としては、DBスキーマの管理にMigrationではなくridgepoleというGemを利用しています。
興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

また、OctopusというGemを利用しています。
https://github.com/thiagopradi/octopus

前提条件

ruby 2.4.1
rails 5.1.0
capistrano 3.8.1
unicorn 5.3.0
ar-octops (GitHubからインストール)
ridgepole 0.6.5

 

Cpistranoについて

Capistranoはデプロイを自動化するフレームワークです。
Railsのほか、JavaやPHPで書かれたアプリケーションのデプロイにも使われます。
https://github.com/capistrano/capistrano

 

導入

Gemのインストール

Gemfileに下記のgemを追加してbundle installします。

設定ファイルの準備

下記のコマンドを実行してCapistranoの設定ファイルを作成します。

 

このコマンドを実行すると、下記の通り設定ファイルが作成されます。

 

デプロイ設定

Capfileを修正する

生成されたCapfileを下記の通り修正します。

各環境で共通のデプロイ設定を記述する

共通の設定はdeploy.rbに記述します。

環境ごとのデプロイ設定を記述する

今回は開発環境の構築ですので、staging.rbを修正します。

Unicornの設定

下記の通り、config/unicorn/staging.rbを作成します。

 

実行

ターミナルで下記のコマンドを実行します。

 

さいごに

ステージング環境の構築にあたり、Capistranoによるデプロイの設定をまとめました。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

Rails Developer Meetup に参加してきました【2日目】

1 はじめに2 Rails Developer Meetup3 テストのないレガシーなRailsアプリをリファクタした話3.1 なぜリファクタリングしたのか3.2 コードを3種類に分類する3.3 モデ ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その2〜

1 はじめに2 配列3 スライス3.1 スライスの宣言3.2 len3.3 append3.4 range3.5 値の切り出し3.6 可変長引数4 map4.1 宣言と初期化4.2 マップの操作4.3 ...

rails

Shrineでアップロードする際に画像を加工する

1 はじめに2 アップロードする画像のリサイズ2.1 Gemを追加2.2 Uploaderの修正3 サムネイルを作成する3.1 Uploaderの修正3.2 サムネイルを表示する4 バリデーションの追 ...

laravel logo

Laravelのコントローラの基礎

1 はじめに2 ルーティング2.1 使用可能なメソッド2.2 リダイレクト2.3 Viewの返却2.4 ルートパラメータ2.5 ミドルウェア2.6 プレフィックス3 バリデーション3.1 コントローラ ...

Vue.js入門その4〜TODOアプリにサーバーサイドを追加してみる〜

1 はじめに2 準備2.1 今回作成したいもの2.2 環境構築3 サーバーサイド3.1 DB3.2 メモ:rails generateで余分なファイルを生成しない3.3 作成したファイル4 ビューの作 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。