BackEnd

【Git】マージコミットを消したい

投稿日:2017年8月21日 更新日:

はじめに

こんにちは、tonnyです。
今回はGitのケーススタディ的なものを書きたいと思います。
反面教師として利用してください。

例えばこんなことってないでしょうか?

同じ開発ブランチで、既にリモートブランチが進んでいると、「プルしなさい」と怒られてしまいます。
ここでgit pull --rebaseを使用すれば、マージコミットもできず、綺麗にリモートを取り込めます。
git pullgit pull --rebaseの違いはこちらのサイトで分かりやすく紹介されております。
git pull と git pull –rebase の違いって?図を交えて説明します!

ただ先日、rebaseオプションを付け忘れ、ふつうにpullしてしまいました。
その場合、下図のようなログになります。

このマージコミットが非常に邪魔です。

マージコミットを消す

コミットを巻き戻すときにはresetrevertが使用されるかと思います。
revertだと「消したというログ」ができてしまうため、resetを使用します。
resetにも大きく2種類あり、コミットと一緒に変更したファイルまで消してしまうhardオプションと、変更したファイルは残しておくsoftオプションがあります。

ケースバイケースで使い分けるとして、今回はsoftオプションでコミットだけ消し、rebaseしたいと思います。

resetを2回やって巻き戻していますが、1回でも良いと思います。
これで綺麗なログに戻すことができました!

さいごに

私は、消すこともログを残した方が良いと思っているタイプなので、普段はrevertを使っていますが、今回はあまりにブサイクになってしまうので、resetを使いました。

Gitのログも綺麗に残したいですよね。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Docker上のLaravelのログをFluentdに出力する

1 はじめに2 環境3 Fluentdについて4 目的5 Fluentd本体はdocker-composeで導入5.1 fluentd5.2 db5.3 app5.4 web6 Laravelからログ ...

Go言語

Go言語、ゴルーチン(goroutine)で並列処理を

1 はじめに2 ゴルーチン2.1 go文2.2 ゴルーチンの終了条件2.3 WaitGroup3 チャネル3.1 チャネルの型3.2 チャネルの生成3.3 チャネルの送受信3.4 チャネルとゴルーチン ...

laravel logo

LaravelのFacade(ファサード)とは? 何気なく使用していた裏側の仕組みを解説!

1 はじめに1.1 Facadeを使用しているクラス2 Facadeの仕組み3 Facadeの作成3.1 サンプルコードに必要な実装3.2 Serviceの作成3.3 Facadeクラスの作成3.4 ...

laravel logo

Laravel Cashier サブスクリプションに使用するテーブルを理解する

1 はじめに2 Laravel Cashierのテーブル2.1 usersテーブル2.2 subscriptionsテーブル2.3 supscription_itemsテーブル3 課金情報の更新方法4 ...

laravel logo

Laravel Admin でCSVインポートを実装する

1 はじめに2 下準備2.1 Laravel Adminの導入2.2 Laravel Excelの導入3 Laravel Excelの実装3.1 Importクラスの作成3.2 モデルのfillabl ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play