BackEnd

【Git】マージコミットを消したい

投稿日:2017年8月21日 更新日:

はじめに

こんにちは、tonnyです。
今回はGitのケーススタディ的なものを書きたいと思います。
反面教師として利用してください。

例えばこんなことってないでしょうか?

同じ開発ブランチで、既にリモートブランチが進んでいると、「プルしなさい」と怒られてしまいます。
ここでgit pull --rebaseを使用すれば、マージコミットもできず、綺麗にリモートを取り込めます。
git pullgit pull --rebaseの違いはこちらのサイトで分かりやすく紹介されております。
git pull と git pull –rebase の違いって?図を交えて説明します!

ただ先日、rebaseオプションを付け忘れ、ふつうにpullしてしまいました。
その場合、下図のようなログになります。

このマージコミットが非常に邪魔です。

マージコミットを消す

コミットを巻き戻すときにはresetrevertが使用されるかと思います。
revertだと「消したというログ」ができてしまうため、resetを使用します。
resetにも大きく2種類あり、コミットと一緒に変更したファイルまで消してしまうhardオプションと、変更したファイルは残しておくsoftオプションがあります。

ケースバイケースで使い分けるとして、今回はsoftオプションでコミットだけ消し、rebaseしたいと思います。

resetを2回やって巻き戻していますが、1回でも良いと思います。
これで綺麗なログに戻すことができました!

さいごに

私は、消すこともログを残した方が良いと思っているタイプなので、普段はrevertを使っていますが、今回はあまりにブサイクになってしまうので、resetを使いました。

Gitのログも綺麗に残したいですよね。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

関連するモデルのレコードを一緒に作成する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 モデルの作成2.2 コントローラの作成2.3 Viewの作成3 さいごに はじめに フォームからレコードを作成する際に、関連するモデルのレコードを一緒に作成 ...

Vue.js入門その4〜TODOアプリにサーバーサイドを追加してみる〜

1 はじめに2 準備2.1 今回作成したいもの2.2 環境構築3 サーバーサイド3.1 DB3.2 メモ:rails generateで余分なファイルを生成しない3.3 作成したファイル4 ビューの作 ...

RSpecの個人的Tips集〜その1〜

1 はじめに2 テストコードの実行をスキップする3 共通のテストコードを用意する4 外部APIの返却値をスタブにする5 さいごに はじめに みなさん、テストコードは書かれているでしょうか? 私も極力書 ...

RubyのHanamiチュートリアルをやってみた

1 はじめに2 紹介2.1 Hanamiとは?2.2 Hanamiを選ぶ理由2.2.1 軽量2.2.2 アーキテクチャとして2.2.3 スレッドセーフ3 チュートリアルのための準備4 実践4.1 はじ ...

rails

Rails5.2+Pumaのデプロイ設定

1 はじめに1.1 環境2 Pumaとは?2.1 Unicornとの比較2.2 Pumaのスレッド3 Pumaの使い方4 デプロイ設定4.1 Gemを追加4.2 Capfileの設定4.3 deplo ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2017年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。