FrontEnd

WebページにGoogleMapを配置する

投稿日:

はじめに

ページの中で特定の場所のマップを表示したい場合、Google Maps APIを利用すると簡単に表示することができます。
今回はGoogle Maps JavaScript APIを利用して東京駅周辺の地図を表示してみます。

準備

Googleマップを利用するためにはAPI Keyが必要です。

API Keyを取得する

こちらのページの「キーの取得」ボタンをタップしてキーを取得します。

ダイアログが表示されたらプロジェクト名を入力して「Yes」を選択し、「CREATE AND ENABLE API」ボタンをタップします。
その後、発行されたキーをメモします。

簡単な実装

東京駅周辺のマップを表示するページを作成してみます。

サンプルコード

「uluru」に設定した緯度、経度を中心にマップが表示されます。
「zoom」に設定した値によりマップの拡大度合いが変化します。

タップした位置にマーカを動かす

画面タップ時のコールバック関数を定義して、クリックした場所にマーカを移動させてみます。

サンプルコード

 

場所を検索する

入力した文字を元に場所を検索してみます。

サンプルコード

 

画面例

最後に、これまでに記載した内容を実際にこのページに組み込んでみました。
テキストボックスにキーワードを入力して「検索」ボタンをクリックするとマップが更新されます。


さいごに

Google Maps JavaScript APIを利用してWebページにGoogleMapを配置してみました。
無料で取得できるAPI Keyの場合1日あたりの表示回数に制限がありますが、PV数が多くない場合は無料でも十分使えると思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

react-icon

Vite 3を使ってみた

1 はじめに2 なぜViteは早いのか2.1 Native ESMの活用2.2 esbuildによる事前バンドル3 Viteのセットアップ3.1 Reactテンプレートでのセットアップ3.2 vite ...

Vue.js入門その7〜セレクトボックスを動的に変更してみる〜

1 はじめに1.1 サンプル2 とりあえず作ってみる2.1 ソースコード2.2 セレクトボックスにv-modelでバインド2.3 <option>はv-forでリストレンダリング2.4 メ ...

Go言語

Go WebAssemblyでPromiseを使って非同期化してみた

1 はじめに2 Go WebAssemblyで非同期化のコード3 Promise化する4 おまけ5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに 先日WebAssemblyに入門して、実際に以下のチュートリアル ...

Cordovaの実機デバッグでハマった話

1 はじめに2 Cordovaとは2.1 React Nativeとの違い3 Cordovaでモバイルアプリを作る3.1 Node.jsをインストール3.2 Cordovaのコマンドラインツールをイン ...

tailwindcss

Tailwind CSSの基礎とVue.jsへの導入

1 はじめに2 Tailwind CSSとは2.1 utility class3 Bootstrapとの比較3.1 柔軟性3.2 コード量3.3 学習コスト3.4 ファイルサイズ3.5 その他4 なぜ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。