FrontEnd

Vue.js入門その7〜セレクトボックスを動的に変更してみる〜

投稿日:2017年9月25日 更新日:

はじめに

こんにちは、naoki85です。
今回はよくあるパターンですが、1つめのセレクトボックスを選択したら、次のセレクトボックスの項目を変えてみます。

サンプル

実際のサンプルはこちらです。
良い例が思いつかなかったので、このブログのカテゴリとタグを例にしてみました(笑)

とりあえず作ってみる

まずはソースコードを載せ、その後、説明を入れたいと思います。

ソースコード

セレクトボックスにv-modelでバインド

セレクトボックスの変更に対応して、 selectedCategory の値を変えるため、 v-model で双方向バインディングします。
値が変わったタイミングでメソッドを呼びたいので、 v-on:change を使用します。

なお、 v-on:change は下記のように省略形で書けます。
v-on 省略記法

<option>はv-forでリストレンダリング

フォーム入力バインディング

v-for を使用してリストレンダリングする際、 value 属性に category.id をバインドすることで、その値を持たせることができます。

また、 v-bind も省略記法があります。
v-bind 省略記法

メソッドを呼んで、プロパティの値を変更

セレクトボックスが変わったタイミングで、 fetchTasks メソッドを呼んで、 tags の値を変えます。
今回はメソッド内でタグの値をベタ書きしていますが、 config やAPIで取得することを想定しています。

tags の値が変われば、タグの方でも v-model を設定しているので、セレクトボックスが変わります。

tagsがセットされたら、タグのセレクトボックスを表示

とりあえずこれで動きはするのですが、 tags がセットされるまではタグのセレクトボックスを非表示にしておこうと思います。

JavaScriptの length で、 tags の配列長を取得してそれに応じて表示させたいと思います。

さいごに

簡単ですが、今回は以上になります。

次回はテストかVuexを扱いたいな、と思っております。
(ただ、主にRailsにVue.jsを載せることを考えているので、Rails側でテストコードを書こうかな、と悶々としております。)

おすすめ書籍

基礎から学ぶ Vue.js Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで Nuxt.jsビギナーズガイド―Vue.js ベースのフレームワークによるシングルページアプリケーション開発

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-FrontEnd
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Vue CLIでPWAが簡単に実装できる 〜 Service Worker と A2HS 〜

1 はじめに2 環境構築2.1 Vue CLIをインストール2.2 プロジェクトを作成2.3 PWA選択時に追加されるファイル2.4 動作確認時の注意3 Service Worker3.1 Servi ...

【Vue.js】コンポーネントのテストコードをvue-test-utilsとJestで実装

1 はじめに2 セットアップ3 コンポーネントのテスト3.1 Shallow 描画3.2 基本的な例3.3 プロパティを渡す3.4 ユーザーの操作をシミュレーションする3.5 イベントを検証する3.6 ...

react-icon

React Big Calendarの複数タイムゾーン対応

1 はじめに2 端末のタイムゾーンのみに対応する場合3 複数のタイムゾーンに対応する。3.1 日時を指定のタイムゾーンに変換する3.2 イベントの開始日時・終了日時を動的に設定する3.3 ラップクラス ...

js

JSで緯度経度情報から住所を取得する

1 はじめに2 キーを取得する2.1 キーを取得する3 コード4 参考5 さいごに はじめに Google Maps JavaScript APIを利用して、緯度経度の数値から住所を検索する方法を紹介 ...

[React]MUIのコンポーネントを使用したUI作成(Button、Alert編)

1 はじめに2 MUI3 Button3.1 Buttonの実装3.2 Buttonの使い分け3.2.1 不可逆な操作など、より強調したい時の使い方4 Alert4.1 Alertの実装4.2 Ale ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。