iOS

UnboxとWrapでデータを永続化する

投稿日:2017年9月29日 更新日:

はじめに

設定ファイルなどのシンプルなデータをアプリ内に保存し、必要に応じて読み込みたいようなケースでは、JSON形式で取り扱うと簡単に行えます。

今回はUnboxとWrapという2つのライブラリを使ったSwiftの簡単な実装例を紹介します。

ライブラリの紹介

Unbox、WrapともにJohn Sundell氏が公開しているJSON decoder/encoderです(GitHubはこちら

前提条件

  • Xcode 9.0
  • Swift 4.0
  • Unbox 2.5.0
  • Wrap 2.1.1

事前準備

UnboxとWrapをXcodeプロジェクトに追加します。
UnboxとWrapはCocoaPodsやCarthageなどのメジャーなツールに対応しています。
Carthageを利用する場合はこちらを参考にライブラリを追加してください。

実装

データの準備

JSON化するデータを定義します。

設定データをテキストファイルに出力する

設定データをJSON化してテキストファイルに保存します。

設定データの読み込み

JSONをdecodeするための処理を追加します。

 

setting.txtから設定データを読み込みます。

さいごに

UnboxとWrapを利用して設定ファイルを永続化するSwiftのコードを紹介しました。
保存するデータ量の多いアプリを作る機会があればRealmを使ってみたいと思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

Swift3でRealmを使ってみる

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備2.1 Realmのインストール・設定2.1.1 Carthageファイルの生成2.1.2 CarhageにてRealmをインストール2.1.3 Realmをイ ...

swift

Swiftでシェア機能や外部アプリ起動の導線を簡単に実装できるライブラリ「SwiftShareBubbles」

1 はじめに2 準備3 実装3.1 表示3.2 用意されているパターン4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回はSNSでのシェア機能や外部アプリ起動の導線を追加したいときに 簡単に実 ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

swift

Swift3 [XIBファイル] コードでの呼び出し方まとめ

1 はじめに1.1 前提条件2 TableViewCell2.1 XIBの準備2.2 ViewControllerでの呼び出し3 CollectionView3.1 XIBの準備3.2 ViewCon ...

swift

Swift3 コードでの画面遷移

1 はじめに1.1 環境2 performSegue2.1 事前準備2.2 遷移先を示すSegueを作成2.3 遷移させるイベントを作成2.4 画面遷移させる3 prepare3.1 事前準備3.2 ...

AppLink

page_side_300rect

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

フォロー

follow us in feedly
2017年9月
« 8月 10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。