iOS

端末のモデル名やサイズを簡単に取得できるライブラリ「Device」

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回は端末のサイズやモデル名などを
簡単に取得できるライブラリ「Device」を紹介したいと思います。

準備

今回もおなじみCarthageを使用します。
Cartfileにこちらを記述してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

 

試してみる

端末モデル名

まずは「Device」をインポートします

端末のモデル名「iPhone8」や「iPadAir」などは以下のメソッドで取得します

「Device」が定義しているenum「Version」の値が返ってきます。
端末毎に処理を行いたい場合は以下の様に判定を行うことができます。

画面サイズ

わりとコード内で画面サイズの判定を行うことがあると思いますが
こちらも上記と同じく「Device」が定義しているenum「Size」があるので
以下の様に判定を行うことができます。

端末の種類

そもそも端末のモデル名ほど細かく処理を分けない、
「iPhone」なのか「iPad」なのかで分けたい場合は
以下の様に判定処理を行えます。

 

さいごに

「Device」いかがだったでしょうか。
こういうのを自力で作るのは面倒ですし
かなり便利に使えると思います。

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

iOSで画像の任意の場所をぼかし処理する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 準備3 実装3.1 ぼかし処理のイメージ画像3.2 サンプルコード4 さいごに はじめに iOSで写真の任意の場所にぼかし処理をしたいケースがありましたので、 iOSで ...

swift

Swift3でRealmを使ってみる

1 はじめに1.1 前提条件2 事前準備2.1 Realmのインストール・設定2.1.1 Carthageファイルの生成2.1.2 CarhageにてRealmをインストール2.1.3 Realmをイ ...

swift

[Swift]UIPageViewControllerを使ってみよう!

1 はじめに1.1 前提条件2 UIPageViewControllerとは3 実装3.1 ViewControllerを準備3.2 UIPageViewControllerを準備3.3 最初の画面を ...

swift

Swift3 StoryBoard上でUIButtonやUILabel、UIViewのcornerを変更する

1 はじめに1.1 前提条件2 StoryBoardの準備3 カスタムクラスの作成3.1 class ~について3.2 @IBDesignableを記述すると3.2.1 Live Renderingと ...

swift

Swift3 コードでの画面遷移

1 はじめに1.1 環境2 performSegue2.1 事前準備2.2 遷移先を示すSegueを作成2.3 遷移させるイベントを作成2.4 画面遷移させる3 prepare3.1 事前準備3.2 ...

page_side_300rect

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。
下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

リンク

follow us in feedly
2017年10月
« 9月 11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031