iOS

端末のモデル名やサイズを簡単に取得できるライブラリ「Device」

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回は端末のサイズやモデル名などを
簡単に取得できるライブラリ「Device」を紹介したいと思います。

準備

今回もおなじみCarthageを使用します。
Cartfileにこちらを記述してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

 

試してみる

端末モデル名

まずは「Device」をインポートします

端末のモデル名「iPhone8」や「iPadAir」などは以下のメソッドで取得します

「Device」が定義しているenum「Version」の値が返ってきます。
端末毎に処理を行いたい場合は以下の様に判定を行うことができます。

画面サイズ

わりとコード内で画面サイズの判定を行うことがあると思いますが
こちらも上記と同じく「Device」が定義しているenum「Size」があるので
以下の様に判定を行うことができます。

端末の種類

そもそも端末のモデル名ほど細かく処理を分けない、
「iPhone」なのか「iPad」なのかで分けたい場合は
以下の様に判定処理を行えます。

 

さいごに

「Device」いかがだったでしょうか。
こういうのを自力で作るのは面倒ですし
かなり便利に使えると思います。

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3] スクロールする画面に固定でボタンを表示する方法

1 はじめに1.1 前提条件2 Storyboardの準備3 Controllerの実装3.1 スクロールする画面の実装(TableView)3.2 固定で表示するボタンを配置している画面の実装(Co ...

【Swift】MemoryLeakの簡単な確認方法

1 はじめに2 テストの準備3 開発中のテスト4 テストコードの作成5 さいごに6 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、suzukiです。前回の記事で循環参照について触れました。今回は問題の発見に役立 ...

MapKitをSwiftUIで使ってみた

1 はじめに2 地図の表示2.1 クリッピング表示3 地図にアノテーションを表示する3.1 マーカーの配置3.2 ピンの表示3.3 アノテーションのカスタマイズ4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに ...

【Swift】ITMS-90726で警告された際の対応

1 はじめに2 警告について3 RXTestについて4 Carthageの設定の確認5 おまけ5.1 Carthage削除6 さいごに7 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。最近アプリ ...

iOS Chartsライブラリを使い移動平均線を描画してみる。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入2.2 描画の準備3 折れ線グラフを描画する3.1 LineChartViewの設定3.2 LineChart用のデータ作成3.3 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。