iOS

[Swift]いろんなインジケータを提供してくれるNVActivityIndicatorView

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
今回はアプリに欠かせないインジケータをいろんなパターン提供してくれ、かつ実装が簡単なNVActivityIndicatorViewを使ってみたので紹介します。

準備

今回もおなじみCarthageを使用します。
Cartfileにこちらを記述してください。

そうしたら、以下のコマンドでビルドしてください。

 

実装

まずはストーリーボードにUIViewを設置します。
今回サンプルでは画面中央に128×128で設置しています。
また、NVActivityIndicatorViewは初期カラーが白のため、サンプルでは背景を見やすく黒にしています。
そしたら、ClassとModuleをNVActivityIndicatorViewに変更します。

コードの方に移ります、まずは以下のインポートを行ってください。

IBOutletで先ほどのViewを接続します。

上記ができたらviewDidLoadに以下の1行を記載してください。

これで実行すれば以下のように表示されるはずです。

ストーリーボードで表示を変更する

ストーリーボードから表示を変更する際は以下の画像のようにAttributeに「typeName」と「color」を追加します。

typeName」で指定する名前は作者様のgithubに表示の見た目と名前があるのでそちらを参考にしてください。
https://github.com/ninjaprox/NVActivityIndicatorView#animation-types
上記画像のように設定すると以下のような表示になります。

コードで表示を変更する

コードで色と見た目を変える際には以下のように「color」と「type」に値を入れてください。

このコードを実行すると以下のような表示になります。

 

さいごに

NVActivityIndicatorViewいかがでしょうか?
自作はそもそも面倒ですし、既存のインジケータを表示するライブラリの中ではオシャレだと思います、個人的にはかなりお気に入りです!

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift]ObjectMapperで簡単にJSONを読み込む

1 はじめに2 準備3 実装3.1 基本的な使い方3.2 ネスト配列に対応してみよう4 さいごに はじめに こんにちは、onukiです。 私はSwiftでJSONを取り扱う際に、 ObjectMapp ...

swift

SwiftでLTMorphingLabelを使ってみた

1 はじめに2 LTMorphingLabelとは3 準備4 実装 はじめに 今回はLTMorphingLabelというライブラリが面白そうなので使ってみました。 LTMorphingLabelとは ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

[iOS]ライセンスを簡単に生成してくれるLicensePlistを使って見た

1 はじめに1.1 作者様ページ1.2 前提条件2 インストール3 早速使ってみよう3.1 Settings.bundleの準備3.2 LicensePlistの作成3.3 自動更新の設定4 さいごに ...

Xcode11のデバッグ機能

1 はじめに2 Device Conditions2.1 Thermal state condition2.2 Network link condition3 Environment Override ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2018年4月
« 3月 5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。