Design UI / UX

ブランドを作る – Part1

投稿日:

はじめに

過去にサービスの新規立ち上げを業務で行う機会があり、どんなデザインで進めるか?を決めるため「ブランディング」の手法を活用したのでメモ。

【課題】
サービスの方向性は決まっているが、調査もしつつアジャイルで進めていかなければならない。
そしてリーンでスピーディにサービス設計〜デザインに落とし込み、メンバーとサービスの意思疎通を図りながら進めていく必要があった。

【ブランディングを選択した経緯】
デザインの方向性を考えたりVI/CIを作る際、サービスの抽象イメージや言語化ができているべきだが、まだ体制が宙ぶらりんということもあって、それができてなかった。

サービス開発に役立つ様々なフレームワークがあるが、「ブランディング」にはチームビルディングやリーンの要素も含まれていて、サービスの言語化ができるという一石二鳥感を感じたため選択。

ブランディングという言葉は知ってるけど、ちゃんと理解できてない。。なので先人の資料を読んで勉強。(。 ・ω・))フムフム

ブランディングって?

ブランドとは「特定の商品やサービスなどがユーザーによって認識・識別されている状態」になっていることらしい。

なのでブランディングとは、ブランドという状態になるために「提供者側が意図した印象をユーザーに持たせるための手法」ということになる。

要は、ユーザーに良い印象を持ってもらうために見せ方をコントロールするということだと思う。

ブランドイメージ=らしさ

ユーザーが持つブランドに対するイメージは「関わるもの全て」によって作られるという。

つまり、「企業・製品・サービスなどのアウトプット全てがブランド形成に影響する」ということになるってことですね。(๑•̀д•́๑)キリッ

例えば

  • ロゴなどのVI/CI
  • CM、広告
  • プロモーション活動
  • マーケティング先やマーケティング手法
  • 登壇時の衣装や資料 etc…

などでしょうか。

ブランディングの定義の変化

CI/VI制作=ブランディング完了ではない
キャッチコピーやロゴ・デザインが入った製品や広告などで、ビジュアルでブランドイメージを伝えていた時代から、製品や企業が与える「体験」がブランド形成をしていく時代になってきているとのこと。

情報伝達の方法が多岐にわたり、サービスの進化も進んできたため、ブランディングの定義も変わってきているようですね。実際業務をしていても、UXを重視していますし、見た目+UX設計を求められてる感ハンパないですから。(ノ゚ο゚)ノ

さいごに

とりあえずPart1はここまで。m(o・ω・o)m
次は実際に行ったプロセスを少しづつ書いていく予定です☆

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Design, UI / UX
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Lottieを使ってみたい

1 はじめに2 概要3 実例4 さいごに はじめに AirbnbDesignからAfter Effectsで作成したアニメーションをレンダリングして、iOS・Android・React Native向 ...

ざっとPWAの概要を調べてみる

1 はじめに2 ProgressiveWebAppsとは3 PWAに必要な技術4 PWAとセットでよく出てくる「AMP」とは5 ネイティブアプリ vs PWA6 さいごに はじめに ここ最近、Andr ...

icon

RE:ENGINES LOGO

RE:ENGINES ロゴデザイン 1 はじめに2 チームについて2.1 チームガイドライン2.2 キーワード3 RE: というキーワード4 自走できる成長エンジン5 さいごに はじめに こんにちは〜 ...

AppLink

page_side_300rect

アプリ情報

私たちは、目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。
下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

フォロー

follow us in feedly
2018年5月
« 4月 6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。