FrontEnd

【初級者向け】Reactの開発環境の構築

投稿日:

はじめに

いままで、フロントエンドに関してはあまり勉強してきませんでしたが、近々、業務でReactを使う予定があるので勉強を始めています。

今回はReactの開発環境をMac上に構築する方法について書いてみようと思います(参考までに、OSはSierraです)

Reactとは

ReactはUIを構築するためのJavaScriptライブラリです。FacebookがOSSとして公開しています。

Reactの特徴として「Declarative」、「Component-Based」、「Learn Once, Write Anyway」という3つのキーワードがあります。

Declarative

Reactでは、Declarative(宣言的)にComponentを組み合わせてViewを構築します。宣言的という言葉の通り、ある状態に対してのあるべき姿を宣言するように定義します。

あるイベントに対する処理を命令的に記述した例と宣言的に記述した例は下記のとおりです。

宣言的に記述した例では、初期表示の場合でもイベントによる更新でも、render関数は受け取ったstateに応じてViewを構築するだけです。

Component-Based

Reactはコンポーネント志向という思想で設計されています。Webページは一般的にヘッダー、メニュー、リストなどの様々なパーツで構成されています。ReactではこれらのパーツをComponentとして扱います。そして、様々なComponentを組み合わせてUIを構築します。

Componentは、View = Component(State)のような、Viewを作る関数として考えることができます。 Componentが返すViewは、ReactElementのツリーとなります。 作成したReactElementのツリーは、ReactDOMによってDOMへと反映されます。 更新時は、更新前のReactElementのツリーと比較して、差分だけがDOMに反映されます。 これがVIRTUAL DOM(仮想DOM)と呼ばれる部分です。

Learn Once, Write Anyway

「Learn Once, Write Anywhere(一度学べば、どこでも書ける)」は、ReactにとってDOMはreact-domによるただの1つの環境であることを表しています。 react-nativeなどを使うことで、「同じReactの考え方」でiOSやAndroidのような、DOM以外の環境をターゲットにしたアプリケーションを開発できます。

Reactのメリット、デメリット

前述の通り、Reactは仮想DOMを採用しています。一般的にDOMの更新には時間がかかりますが、これによりレンダリングする前後の状態を比較して最小限変更のみをDOMに適応するため、高速にレンダリングすることができます。Reactの仮想DOMについては詳しくはこちらを御覧ください。

他にもコンポーネントの再利用が容易であるなどのメリットがあります。

反面、デメリットとしては、トランスパイルが前提のため導入に手間がかかったり、JQueryなどと比べて学習コストが高い点があげられます。

環境構築

それでは、Reactアプリケーションを開発する環境を整えていきましょう。まずはじめにNode.jsをインストールします。

Node.jsのインストール

Homebrewを使ってNode.jsをインストールします。ターミナル上で下記のコマンドを実行してnodebrewをセットアップしてください。

続いて、Node.jsをインストールします。

Yarnのインストール

次にYarnをインストールします。Yarnはnpmより高速に動作するJavaScriptのパッケージマネージャです。Yarnについては詳しくはこちらをご覧ください。

Node.jsと同様にHomebrewを使ってインストールします。ターミナル上で下記のコマンドを実行してください。

create-react-appのインストール

create-react-appはReactの雛形を簡単に作ることができるコマンドラインツールです。Facebookがこちらで公開しています。

ターミナル上で下記のコマンドを実行してください。

Reactアプリの作成

それでは、実際にReactアプリを作ってみます。ターミナル上で下記のコマンドを実行してReactアプリの雛形を作ります。

その後、作成したディレクトリ内で$yarn startを実行するとReactアプリケーションが実行されます。以下の画像のような画面が表示されれば成功です。

react

コードの修正

少しページを修正してWelcome to Reactの文字を変えてみましょう。App.jsを下記のように修正します。

すると、即座にページが更新されます。

react2

おまけ

create-react-appは何がよいのか

前提として、ReactはJSXやES6を使うことが推奨されています。しかし、これらを使うにはBabelやWebPack、ESLintなどのツールが必要不可欠なので、どのパッケージを入れたら良いのか悩んだり、依存管理が面倒になるなどの問題があります。

そこで、create-react-appを実行するとReactアプリケーションに必要なファイルやディレクトリの生成やWebpack、Babelなどを設定してくれます。

create-react-appで生成されるファイル

create-react-appを実行後のディレクトリ構成は下記のとおりです。

それぞれのファイルの役割は下記のとおりです。

manifest.jsonスタートページのURL、アイコン情報、背景色などの設定
App.cssタイトルやロゴなどページ全般のスタイルの定義
App.jsReactの各コンポーネントの定義
App.test.jsテストコードのサンプル
index.cssbodyに関わるスタイルの定義
index.jsindex.htmlにReactのコンポーネントをレンダリングする
logo.svgスタートページに表示されているロゴ
registerServiceWorker.jsassetsをキャッシュする

さいごに

React特徴や開発環境の構築などについて紹介しました。Reactを使って開発を行っていくためにはES6について知っておいたほうが良いと思いますので、よろしければこちらもご覧ください。

参考

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-FrontEnd
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

js

Reactを始める前に知っておきたいES2015/ES6の機能

1 はじめに2 ECMAScript – ES2015/ES6とは3 変数と定数とスコープ4 テンプレート文字列5 分割代入6 デフォルト引数7 残余引数(レストパラメータ)8 展開(スプ ...

JQueryでformにinput要素を足していく

はじめに 最近個人的にディープラーニングの勉強をしているtonnyです。 ディープラーニングの勉強がてら、好きな麻雀に関するWebアプリを作成してみました。 今回はその作成の中で、今まであまりやってこ ...

Vue.jsのコードをTypeScriptで書く

1 はじめに2 TypeScriptでの書き方2.1 定義2.2 data2.3 methods2.4 computed2.5 props2.6 emit2.7 lifecycle hooks2.8 ...

Vue.js入門その5〜マークダウンのリアルタイムプレビューをつくる〜

1 はじめに1.1 環境構築2 marked.jsの設定2.1 CDNのロード2.2 動作確認3 マークダウンを変換して表示3.1 雛形の作成3.1.1 HTML3.1.2 JS3.2 HTMLに変換 ...

vuex-module-decoratorsとTypeScriptでvuexをスマートに書く

1 はじめに2 導入3 どのように記述するか3.1 初めに3.2 state3.3 mutation3.4 action3.5 getter3.6 async MutationAction3.7 Dy ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年9月
« 8月 10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。