iOS

[Swift4]ライブラリをやめてCodableでJSONを取り扱う

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
私はSwiftでJSONを取り扱う際に、ObjectMapperを使用していたのですが、Swift4から追加されたCodableが便利そうなのでこちらを使用したいと思い備忘録がてら書いていこうと思います。

Codableとは

CodableはSwiftが提供している構造体やクラスなどをJSONに書き出す、読み込むためのプロトコル。(厳密に言うと、JSONだけではなく、他のフォーマットにも使えます) CodableはEncodable(書き出し用)とDecodable(読み込み用)の二つのプロトコルで構成されています。
Codable – Swift Standard Library | Apple Developer Documentation

Codable使いたい理由

いままで、JSONを取り扱おうと思ったらJSONをパースして、Dictionaryのキーを指定してデータクラスに代入(マッピング)するような流れを実装していたと思うのですが、これだとメンテナンス性も悪いうえコード量もそこそこになります、ライブラリを使用していても結局パース後のデータ構造への代入処理を記載したりマッピングは必須だったと思います。
ですがCodableであれば基本的にマッピングは不要になりコードもすっきりかけます!

実装

とりあえずJSONを読み込む

まずCodableで単純なJSONを読み込んで見たいと思います。
読み込むJSONは以下を用意します。

データを入れる構造体を作成します。

JSONデータをデコードして構造体に変換します。

これだけです。printのログを見てもらえばわかりますがマッピング処理を一切書かずに済んでいます。

ObjectMapperの場合

比較用にObjectMapperの場合、同じJSONで処理内容は以下になります。
JSONは同じものを使用するとして構造体を作成します。

JSONデータをデコードして構造体に変換します。

マッピングをしなくてはならないため構造体の処理に明確な差が出てしまいますね。
GitHub – Hearst-DD/ObjectMapper

ネスト配列に対応してみよう

JSONデータがネストしている場合でも大丈夫です、Codableならネストも簡単です。
まずはJSONを用意します。

そうしたら「photos」が配列になっているので以下のようなデータ構造体を用意します。

JSONデータをデコードして構造体に変換します。

JSONのキーがスネークケースの場合(Swift4.0)

Swiftの変数はキャメルケースですが、JSONのキーはスネークケースという場合も結構あります、その際はCodingKeysという機能で対応することが可能です。
JSONのキーはスネークケースのJSONを用意します。

データを入れる構造体にCodingKeysを追加し作成します。

JSONのキーがスネークケースの場合(Swift4.1)

結局マッピングみたいなことが必要なのかと思っていましたがSwift4.1からEncoderの「keyEncodingStrategy」やDecoderの「keyDecodingStrategy」を設定することで、キャメルケースのプロパティ名からスネークケースのキーが自動作成できるようになりました。

さいごに

Codableオススメですね。個人的には今までライブラリで行なっていたJSONの取り扱いは網羅できて、かつコード量も減るといいことづくめだと思います。Swift4以降で追加されれた機能など深掘りしていなかったのであらためていろいろチェックしていきます。これからiOS12/Xcode10も出ますしどんどん新機能を試してブログにしていきますね。

RE:ENGINESブログ「iOS記事」まとめページはこちらから

参考

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

Swiftでのパーミッション取得を簡単に

1 はじめに2 準備3 実装3.1 とりあえず表示3.2 カスタマイズ4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、アプリにはつきもののユーザへのパーミッションの確認を 簡単に行えるラ ...

iOSでFirebase Authenticationを実装してみる その1

1 はじめに2 Firebaseプロジェクトの設定3 新規ユーザー登録4 既存ユーザーのログイン5 匿名ログイン6 エラーメッセージ7 最後に8 おすすめ書籍 はじめに はじめまして、Yossyです。 ...

MapKitをSwiftUIで使ってみた

1 はじめに2 地図の表示2.1 クリッピング表示3 地図にアノテーションを表示する3.1 マーカーの配置3.2 ピンの表示3.3 アノテーションのカスタマイズ4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに ...

【Swift】QuickActionで普段と異なる初期画面を表示する。

1 はじめに2 Quick Actionとは3 実装方法3.1 Quick Actionの追加3.2 タップされた際の動作3.2.1 アプリが起動していない場合3.2.2 アプリが起動している場合4 ...

swift

[Swift]UITableViewのカスタムセルをStoryboadで

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 Storyboadの準備2.2 UITableViewCellクラスの準備2.3 カスタムセルの表示3 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 以 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2018年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。