iOS

[Swift]プロトコルの拡張で既定値を設定する。

投稿日:2018年11月26日 更新日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。前回に引き続き今回もSwiftプロトコルについて触れていこうと思います。内容はプロトコルの拡張についてです。それではよろしくお願い致します。

プロトコルの拡張について

プロトコルの拡張機能はSwift2で実装されてます。主な使用パターンはデリゲートで宣言されている変数に既定値の設定です。
例えば配列を管理しているCollectionプロトコルではisEmptyや、first等がプロトコルの拡張と言う形で実装されています。

プロトコルに既定値を設定

プロトコルに既定値を設定する方法の例として簡単にコードを書いてみました。
デリゲートの内容としてはクラス名の文字列の取得と取得したクラス名をprintで呼び出しているだけです。

コメントにも書いてありますが宣言の追加は行えません。もしどうしても新規に宣言を行いたいのであれば、拡張ではなく元のProtocol・継承を使うべきです。

プロトコルを設定したクラスの作成

実際にクラスを作ってみました。
ViewControllerではClassDelegateのためのコードは書いていませんが既定値が実装されているためエラーが出ません。

制約をつけてプロトコルに既定値を設定

前回のプロトコルの説明の際に準拠する対象を意識せず設定できると説明させていただきました。プロトコルの拡張で既定値の設定を行う場合、プロトコルを設定する対象をある程度意識した実装をする必要があります。
その様な場合は拡張を行う際に制約をつける事で異なる既定値を設定することができます。
例えばUIViewControllerクラスから呼ばれる際の既定値を設定する場合

上記の様に記述できます。Whereを利用してSelfがUIViewControllerの場合の際の既定値として設定しています。Selfの箇所は他の条件を設定することも可能です。
Swift4以上ではプロトコル同士をassociatedtypeで指定できる様になっているみたいです(詳しく調べ切れておりません、ごめんなさい)

実際に今回の内容をまとめてコードを記述してみました。

さいごに

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
新しいプロジェクトのプロトコルあたりの実装をみるととても難解に見えます。
依存関係をなくすため、クラス間のやり取りが集中するので仕方ないですが、
さらにはプロトコルの継承、プロトコルの拡張、プロトコルを設定されているクラスの継承、、、
色々考慮することが多いのでしっかり設計段階で決めて書類に残して行きたいですね。また次回もよろしくお願い致します。

おすすめ書籍

詳解 Swift 第4版  リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)  よくわかるAuto Layout iOSレスポンシブデザインをマスター

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift]UITableViewのセルの入れ替えが簡単に実装できるライブラリ「SwiftReorder」

1 はじめに2 準備3 実装4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、UITableViewでセルを入れ替えたい際に、ドラッグ&ドロップ操作を簡単に実装できるライブラリ「S ...

[Swift] プロトコルを弱参照するために

1 はじめに2 プロトコルとは2.1 プロトコルの作成方法2.2 プロトコルを採用したクラス作成2.3 使用例3 ClassOnlyProtocolとは3.1 メリット3.2 使用例4 最後に5 おす ...

swift

Swift3 StoryBoard上でUIButtonやUILabel、UIViewのcornerを変更する

1 はじめに1.1 前提条件2 StoryBoardの準備3 カスタムクラスの作成3.1 class ~について3.2 @IBDesignableを記述すると3.2.1 Live Renderingと ...

swift

[Swift]UIPageViewControllerを使ってみよう!

1 はじめに1.1 前提条件2 UIPageViewControllerとは3 実装3.1 ViewControllerを準備3.2 UIPageViewControllerを準備3.3 最初の画面を ...

[Swift4]ライブラリをやめてCodableでJSONを取り扱う

1 はじめに2 Codableとは2.1 Codable使いたい理由3 実装3.1 とりあえずJSONを読み込む3.2 ObjectMapperの場合3.3 ネスト配列に対応してみよう3.4 JSON ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2018年11月
« 10月 12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アプリ情報

目標を達成したい方を応援する、TODOアプリもリリースしております。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。