Server

mkcertで簡単にオレオレ証明書を発行する

投稿日:2019年2月28日 更新日:

はじめに

ローカルのwebサーバにhttpsで接続する場合、よくある方法がオレオレ証明書の発行です。
リモート環境ならLet’s Encryptでサクッと終わるのですが、ローカルでも同じくらい簡単な方法は無いかと探したら、mkcertなるツールが見つかりました。
実際に試して数分で完了でき、とても手軽でしたので紹介・共有しようと思います。

前提

  • masOS High Sierra 10.13.6
  • Vagrant+CentOS7+nginx
  • ローカルの /etc/hosts に設定したドメインで、ブラウザからhttp接続できるようになっている

mkcert

概要

ブラウザに警告が出ないように自己証明書を作るのは本来複雑な手順が必要ですが、そのへんを自動でやってくれるのがmkcertです。golang製のツールで、開発環境用の証明書をお手軽に発行する目的で作られました。 It requires no configuration. と謳ってる通り、本当にあっさり終わります。
WindowsやLinuxでも動作するようですが、対応ブラウザはFirefoxとChromeだけです。

インストール

homebrewで簡単に入ります。インストール後も手間要らず。

証明書作成

ドメインを指定してmkcertを実行します。下記の例では sample.local としています。

証明書設置と設定

webサーバにログインして、先ほど作った証明書を設置します。また、https接続の設定を記述します。以下は nginx.conf の一部抜粋です。

設定が終わったら $ systemctl reload nginx でnginxをリロードしましょう。

接続確認

ブラウザで https://sample.local に接続できればOKです。接続成功した場合、証明書の詳細情報がこんな感じで確認できます。

さいごに

Dockerで動かしているnginxやApacheでもmkcertは問題なく使えるはずですが、Dockerではhttps-portalなるLet’s Encrypt全自動コンテナがあるようです。開発環境をチームに配布することを考えると、 docker-compose up だけで何も意識せずhttps接続環境が整うのは素晴らしいですね。こちらも調べてみようと思います。

おすすめ書籍

nginx実践入門 (WEB+DB PRESS plus) マスタリングNginx

page_footer_responsive




-Server
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

aws

EC2インスタンスのメモリとディスクのメトリクスモニタリングでハマったこと

1 はじめに2 メモリとディスクのメトリクスモニタリング3 ハマりポイント4 対応方法5 さいごに はじめに AWSのEC2インスタンスでディスク容量やメモリの使用率をCloudWatchで監視をする ...

単体のORMライブラリとしてEloquentを使う

1 はじめに2 Eloquentとは3 導入3.1 Composerインストール3.2 Eloquentインストール4 DB接続4.1 illuminate/database4.2 モデルクラス作成4 ...

DockerでRails + Vue.jsの環境を作ってみる

1 はじめに1.1 前回までのあらすじ1.2 今回の趣旨1.3 環境2 MySQLのUTF-8対応3 Node.jsをRubyコンテナに組み込む4 Webpackerを使用してVue.jsをインストー ...

aws

MyCoachの本番環境をAWS上に構築する 〜ネットワーク編〜

1 はじめに1.1 関連記事2 MyCoachのネットワーク構成3 VPCとは3.1 設定する項目4 VPCの設定5 インターネットゲートウェイの設定6 サブネットの設定6.1 公開ネットワークの設定 ...

MySQL 5.7 オプティマイザの改善〜UNION ALL〜

1 はじめに2 「UNION」と「UNION ALL」の違い3 MySQL 5.7での「UNION ALL」の改善とは4 MySQL 5.7での実行計画4.1 UNION ALL実行計画4.2 UNI ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。