Tech

ReactNative環境構築[Android/iOS]

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
しばらくブログの執筆からは離れていたので久々のブログになりますが、今回はReactNativeの環境を構築し、AndroidとiOSのシミュレータで実行するまでやっていきたいと思います。

準備

HomeBrewをインストール

Mac用のパッケージマネジメントツール、大抵のパッケージをインストール・管理できますし開発者なら大体入れてると思いますが念のため。

これでインストールできます。

node.jsのインストール

これで、node.jsがインストールされます、後述で使用するnpmコマンドも使用できるようになります。

Watchmanのインストール

これでインストールされます。

React Native CLIのインストール

npmでインストールします。これでReactNativeの準備は完了です。

サンプルプロジェクトの作成

これで準備は完了です!

iOSシミュレータでの実行

Xcodeのインストール

まずはiOSの開発環境であるXcodeをインストールします。XcodeはAppStoreで公開されているのでAppStoreからインストールしてください。

実行

準備で作成したHogeProjectのディレクトリからターミナルで以下のコマンドを実行してください。

これでビルドが始まり、iOSのシミュレータが起動します。

シミュレータを指定して起動

このコマンドで利用できるデバイスがわかるので、利用できるデバイスのシミュレータを以下のように指定して起動することができます。

 

Androidシミュレータでの起動

Android Studioのインストール

公式からAndroid Studioをダウンロードしてファイルを実行するとセットアップが始まるのでインストールを進めてください。

仮装デバイスの作成

「AVD Manager」で仮装デバイスを作成します。
・Android Studio で、[Tools] > [Android] > [AVD Manager] を選択します。
・ツールバーから [AVD Manager] AVD Manager アイコン をクリックします。
・Android Studioの起動画面から[Configure] > [AVD Manager] を選択します。
「AVD Manager」を開いたら[Create Virtual Device…]を選択し作成可能なデバイスの一覧が表示されるので画面の指示に従い仮装デバイスを作成してください。

実行

仮装デバイスを実行した状態で、以下のコードを実行してください。

 

さいごに

勉強がてらReactNativeを初めて見ましたが、楽しくなってきたのでこれからもReactNativeの記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

おすすめ書籍

React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで (NEXT ONE)  React.js&Next.js超入門

page_footer_300rect




page_footer_300rect




-Tech
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

icon

ドキュメント作成の技術「テクニカルライティング」とは

1 はじめに2 テクニカルライティングとは3 少しでも分かりやすく、簡潔にする3.1 一文一義3.2 長くしすぎない、繋げすぎない3.3 長さの目安は?4 伝わりやすく書く4.1 まず主題を書く4.2 ...

ReactNative開発のスタート、シミュレータでのデバッグ

1 はじめに2 改めてシミュレータの起動3 表示内容を変更してみる3.1 App.js3.2 表示テキストの変更3.3 シミュレータの更新「command + R」4 デバッグメニュー4.1 Real ...

MLKitで使えるTensorflow Liteについて調べてみた

1 はじめに2 そもそもTensorflowとは3 そしてTensorflow Liteとは4 Tensorflowの環境構築4.1 pyenv, pyenv-virtualenvをインストール4.2 ...

フォロー

follow us in feedly

page_side_300rect

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。

Web版MyCoach

私たちはより広い方にコーチングを知ってもらいたいと考えています。 下記のサイトにて、コーチの方々を紹介しておりますので、よろしければご覧ください。