Tech

ReactNative環境構築[Android/iOS]

投稿日:

はじめに

こんにちは、nukkyです。
しばらくブログの執筆からは離れていたので久々のブログになりますが、今回はReactNativeの環境を構築し、AndroidとiOSのシミュレータで実行するまでやっていきたいと思います。

準備

HomeBrewをインストール

Mac用のパッケージマネジメントツール、大抵のパッケージをインストール・管理できますし開発者なら大体入れてると思いますが念のため。

これでインストールできます。

node.jsのインストール

これで、node.jsがインストールされます、後述で使用するnpmコマンドも使用できるようになります。

Watchmanのインストール

これでインストールされます。

React Native CLIのインストール

npmでインストールします。これでReactNativeの準備は完了です。

サンプルプロジェクトの作成

これで準備は完了です!

iOSシミュレータでの実行

Xcodeのインストール

まずはiOSの開発環境であるXcodeをインストールします。XcodeはAppStoreで公開されているのでAppStoreからインストールしてください。

実行

準備で作成したHogeProjectのディレクトリからターミナルで以下のコマンドを実行してください。

これでビルドが始まり、iOSのシミュレータが起動します。

シミュレータを指定して起動

このコマンドで利用できるデバイスがわかるので、利用できるデバイスのシミュレータを以下のように指定して起動することができます。

 

Androidシミュレータでの起動

Android Studioのインストール

公式からAndroid Studioをダウンロードしてファイルを実行するとセットアップが始まるのでインストールを進めてください。

仮装デバイスの作成

「AVD Manager」で仮装デバイスを作成します。
・Android Studio で、[Tools] > [Android] > [AVD Manager] を選択します。
・ツールバーから [AVD Manager] AVD Manager アイコン をクリックします。
・Android Studioの起動画面から[Configure] > [AVD Manager] を選択します。
「AVD Manager」を開いたら[Create Virtual Device…]を選択し作成可能なデバイスの一覧が表示されるので画面の指示に従い仮装デバイスを作成してください。

実行

仮装デバイスを実行した状態で、以下のコードを実行してください。

 

さいごに

勉強がてらReactNativeを初めて見ましたが、楽しくなってきたのでこれからもReactNativeの記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

おすすめ書籍

React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで (NEXT ONE) React.js&Next.js超入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Tech
-

執筆者:

免責事項

このブログは、記事上部に記載のある投稿日時点の一般的な情報を提供するものであり、投資等の勧誘・法的・税務上の助言を提供するものではありません。仮想通貨の投資・損益計算は複雑であり、個々の取引状況や法律の変更によって異なる可能性があります。ブログに記載された情報は参考程度のものであり、特定の状況に基づいた行動の決定には専門家の助言を求めることをお勧めします。当ブログの情報に基づいた行動に関連して生じた損失やリスクについて、筆者は責任を負いかねます。最新の法律や税務情報を確認し、必要に応じて専門家に相談することをお勧めします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【Unity】URP対応のAssetのPrefabがピンク色になる件

1 はじめに2 レンダリングパイプラインとは2.1 ビルトインレンダリングパイプライン2.2 ユニバーサルレンダリングパイプライン3 URPの設定手順3.1 URPのインストール3.2 URPのアセッ ...

【Unity】Raycastを利用して接地判定を行う

1 はじめに2 今回やりたいこと3 色々な接地判定4 Rayとは5 接地判定6 ジャンプのコードを記述7 さいごに8 おすすめ書籍 はじめに こんにちはsuzukiです。久しぶりにunityを触り色々 ...

[Flutter]画像のトリミングを簡単に行えるimage_cropperを使ってみる

1 はじめに2 準備3 実装4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 今回は、トリミングなど画像加工を簡単に行えるimage_cropperを使ってみたいと思います。 準備 次のコマンドを使用し、パッケ ...

[Flutter]カメラのフレームデータを使ってリアルタイム画像認識

1 はじめに2 準備3 実装3.1 カメラプレビューの作成3.2 プレビューからフレームデータ取得3.3 フレームデータから画像認識3.4 画像認識した箇所に枠線の表示4 さいごに5 おすすめ書籍 は ...

iOS13で申請するために押さえておきたいポイント

1 はじめに2 presentViewController3 DeviceToken4 Launch Storyboard5 Dark Mode6 Sign In with Apple7 さいごに8 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2019年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。