BackEnd

Laravelで画像アップロード実装が楽になるかもしれないlaravel-imageup

投稿日:

はじめに

こんにちは。webアプリケーションを作る際にファイルアップロードはごく当然の機能で、Laravelでももちろん標準でサポートされています。が、今回は要件次第では実装がほとんど不要になるライブラリlaravel-imageupを紹介します。
(要件次第で、と前置きをつけた理由は後述します)

環境

  • PHP 7.3.3
  • Laravel 5.8.4
  • MariaDB 10.3.13

導入

公式のREADMEに従って、composerでサクッとインストールします。
なお、依存先のライブラリであるIntervention ImageがPHPのGD拡張もしくはImagick拡張に依存するので、あらかじめ入れておきましょう。

あとはライブラリを/config/app.phpに登録して導入完了です。

実装

チュートリアルでお馴染みのmake:authでログイン機能を生成し、登録画面に画像アップロードのフォームを追加します。
なおマイグレーション処理は省略しますがUserテーブルにファイル名を保存するためのavatarカラムを追加済みとします。

モデルクラス/app/User.phpにプロパティを追記します。

Userテーブルにレコードを作成する処理ところで、avatarカラムに値を入れるためのコードを追記します。

実際にはRequestクラスでのバリデーションなどありますが、これで最低限の実装完了です。フォームを送信してみましょう。
アップロードした画像が/app/storage/app/public/uploadsに保存されていれば成功です。

個人的にハマったこと

配列はダメ

私がこのライブラリを使った時、実装の要件として「複数のファイルを一度にアップロードできる」というのがありました。当初は特に深く考えず以下のようなhtmlを書いてましたが、ここで軽くハマりました。

この状態のままだと、前述の$data['avatar']に配列で格納され、ライブラリの自動アップロードが効かなくなるばかりかエラーを吐いてしまいます。
そもそもライブラリ側がIlluminate\Http\UploadedFileを受け取ることが前提なので、この場合は以下2つの解決策があります。

  • inputのname要素をname="avatar_1"name="avatar_2"というようにユニークな値で記述する
  • 自動アップロードを無効化して(デフォルトでは有効)、foreachなどでひとつずつ手動でアップロードする

私は後者で解決しました。
自動アップロードを無効化する場合は設定ファイルで'auto_upload_images' => falseとしてもよいのですが、アプリケーション全体に影響してしまうので、モデルクラスで以下のようにプロパティを設定します。

あとは$model->uploadImage($uploadedFile, 'avatar');で、配列に格納されているUploadedFileオブジェクトをひとつずつ渡せばOKです。

PHPStanで引っかかる

uploadImageメソッドが、PHPコードを静的解析するツールであるPHPStanでエラーを吐きます。
ライブラリのPHPDocが以下のようになっているため「第二引数$fieldがNULLのみ受け付ける」という意味になってしまっています。

これはuploadImageをオーバーライドするか、モデルクラスに適当なメソッドを作って、その中でuploadImageを呼ぶようにしましょう。

さいごに

少々面倒なファイルアップロード処理を少ないコードで実装できるlaravel-imageupを紹介しました。中身とその挙動を把握した上で使えばかなり便利だと思います。また、Laravel本体のバージョンに追随している点も地味に長所だと思います。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

Laravelのバリデーションtips

1 はじめに2 配列のバリデーションでRule::uniqueを使う時のカラム名を指定したい3 配列バリデーションのエラーメッセージ制御4 カスタムバリデーションで、他の属性名を参照したい5 番外:複 ...

Go言語

Golangのファイル操作基本

1 はじめに2 ファイル/ディレクトリの操作2.1 ファイル/ディレクトリの存在を確認2.2 ファイル/ディレクトリの名前変更2.3 ファイル/ディレクトリの削除2.4 ディレクトリ内のファイル確認2 ...

rails

Ruby、Railsの時間に関するメソッドを使用してみた

はじめに 普段PHPのお仕事をしています、tonnyです。 半年程前からRuby on Railsの勉強を始めました。 今回はよく使う時間に関するメソッドついてまとめたいと思います。 目次 1 はじめ ...

laravel logo

LaravelのDI

1 はじめに2 DIに関する機能2.1 DIとは2.2 サービスコンテナ2.3 サービスプロバイダ3 サービスコンテナ3.1 バインド3.2 bind3.3 bindIf3.4 singletonメソ ...

rails

configに追記したのに、rails runnerが起動しない?

1 はじめに1.1 環境2 rails runnerを使用してみる2.1 バッチファイルの作成2.2 configにパスを追記2.3 実行3 ところが…3.1 解決方法4 おまけ(runnerコマンド ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play