BackEnd

Laravelで画像アップロード実装が楽になるかもしれないlaravel-imageup

投稿日:

はじめに

こんにちは。webアプリケーションを作る際にファイルアップロードはごく当然の機能で、Laravelでももちろん標準でサポートされています。が、今回は要件次第では実装がほとんど不要になるライブラリlaravel-imageupを紹介します。
(要件次第で、と前置きをつけた理由は後述します)

環境

  • PHP 7.3.3
  • Laravel 5.8.4
  • MariaDB 10.3.13

導入

公式のREADMEに従って、composerでサクッとインストールします。
なお、依存先のライブラリであるIntervention ImageがPHPのGD拡張もしくはImagick拡張に依存するので、あらかじめ入れておきましょう。

あとはライブラリを/config/app.phpに登録して導入完了です。

実装

チュートリアルでお馴染みのmake:authでログイン機能を生成し、登録画面に画像アップロードのフォームを追加します。
なおマイグレーション処理は省略しますがUserテーブルにファイル名を保存するためのavatarカラムを追加済みとします。

モデルクラス/app/User.phpにプロパティを追記します。

Userテーブルにレコードを作成する処理ところで、avatarカラムに値を入れるためのコードを追記します。

実際にはRequestクラスでのバリデーションなどありますが、これで最低限の実装完了です。フォームを送信してみましょう。
アップロードした画像が/app/storage/app/public/uploadsに保存されていれば成功です。

個人的にハマったこと

配列はダメ

私がこのライブラリを使った時、実装の要件として「複数のファイルを一度にアップロードできる」というのがありました。当初は特に深く考えず以下のようなhtmlを書いてましたが、ここで軽くハマりました。

この状態のままだと、前述の$data['avatar']に配列で格納され、ライブラリの自動アップロードが効かなくなるばかりかエラーを吐いてしまいます。
そもそもライブラリ側がIlluminate\Http\UploadedFileを受け取ることが前提なので、この場合は以下2つの解決策があります。

  • inputのname要素をname="avatar_1"name="avatar_2"というようにユニークな値で記述する
  • 自動アップロードを無効化して(デフォルトでは有効)、foreachなどでひとつずつ手動でアップロードする

私は後者で解決しました。
自動アップロードを無効化する場合は設定ファイルで'auto_upload_images' => falseとしてもよいのですが、アプリケーション全体に影響してしまうので、モデルクラスで以下のようにプロパティを設定します。

あとは$model->uploadImage($uploadedFile, 'avatar');で、配列に格納されているUploadedFileオブジェクトをひとつずつ渡せばOKです。

PHPStanで引っかかる

uploadImageメソッドが、PHPコードを静的解析するツールであるPHPStanでエラーを吐きます。
ライブラリのPHPDocが以下のようになっているため「第二引数$fieldがNULLのみ受け付ける」という意味になってしまっています。

これはuploadImageをオーバーライドするか、モデルクラスに適当なメソッドを作って、その中でuploadImageを呼ぶようにしましょう。

さいごに

少々面倒なファイルアップロード処理を少ないコードで実装できるlaravel-imageupを紹介しました。中身とその挙動を把握した上で使えばかなり便利だと思います。また、Laravel本体のバージョンに追随している点も地味に長所だと思います。

おすすめ書籍

PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 PHPフレームワーク Laravel入門

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

laravel logo

[Laravel] middlewareでHTTPリクエストの前後に処理を入れる

1 はじめに2 middlewareとは3 実装3.1 middleware作成3.2 コード実装4 middleware定義4.1 常に呼び出す4.2 特定のURLにアクセスした時のみ呼び出す4.3 ...

rails

Active Strageを使用してユーザーのアバターを登録、表示する

1 はじめに1.1 環境2 セットアップ2.1 前準備2.2 マイグレーションファイル作成2.3 設定ファイル3 実際に使って見る3.1 モデル3.2 コントローラー3.3 ビュー4 個人的メモ4.1 ...

rails

Capistrano3でRailsアプリケーションをデプロイする

1 はじめに1.1 前提条件2 Cpistranoについて3 導入3.1 Gemのインストール3.2 設定ファイルの準備4 デプロイ設定4.1 Capfileを修正する4.2 各環境で共通のデプロイ設 ...

rails

RailsでAjax処理で画面を更新する

1 はじめに2 View(遷移元)の設定3 Controllerの実装4 View(遷移先)の実装5 参考6 さいごに はじめに RailsでAjax処理で画面を更新する方法を簡単に紹介します。 Vi ...

rails

Railsのバリデーション

1 はじめに2 基本的なバリデーション3 EachValidatorクラス4 Validatorクラス5 autoload_pathsの編集6 さいごに はじめに 今回はRailsのActiveRec ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2019年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。