BackEnd

Laravelでテストコードを書くには? Featureテスト/Unitテスト

投稿日:

はじめに

Laravelでは、PHPUnitが標準で組み込まれているので、プロジェクトのセットアップ完了後、すぐにテストコードを書き始めることができます。この記事では、Featureテストを使用したWeb APIのテストコードの実装と、Unitテストを使用したデータベースのテストコードの実装について紹介します。

FeatureとUnitの使い分け

testsディレクトリの配下に、Featureディレクトリと、Unitディレクトリがあり、ここにテストコードを配置していきます。
FeatureにはControllerやRouting、Middlewareの機能テストを実装し、それ以外の単体テストをUnitに実装します。
phpunit.xml にこの2つのテストスイートが定義済みのため、テストを実行すると、両方のテストコードが実装されます。さらにテストスイートを分解したい場合は、 phpunit.xml を編集することで、テストスイートを増やすことができます。

今回は、図書貸し出し機能を例に、テストコードについて説明していきます。

テスト用データベースの準備

自動テストでは、テスト中に何度かデータベースをリフレッシュするため、テスト専用のデータベースを用意しておきましょう。
phpunit.xml で、 <php> タグの中に、 <server> タグを使用すると、テスト時にenvファイルの設定を上書きすることができます。
今回は、同ホスト内に別のデータベースを用意したため、 DB_DATABASE のvalueを、テスト用のデータベースに変更します。

これで、テストを実行したときは、テスト用のデータベースが使用されるようになります。

Featureテスト

Featureテストを使用して、Web APIのテストコードを実装したいと思います。

テスト対象のコード

まずは、対象となるマイグレーション、コントローラ、ルーティングを実装します。

マイグレーション

ルーティング(api.php)

コントローラ(BookController.php)

モデル(Book.php)

テストコードの実装

まず、テストコードのファイルを生成します。

tests/Feature ディレクトリに、テストコードの雛形が作成されます。ここにテストコードを実装していきます。
/api/books へのリクエストのテストコードです。

$this->get() メソッドを使用することで、第一引数のパスにリクエストすることができます。
その他にも、 $this->post() でPOSTリクエストも可能です。その場合は、第二引数で、配列でパラメータを付与します。

テスト結果の検証

アサーションで検証することができます。

ステータスコードの検証

assertStatus() メソッドを使用します。

JSONのパラメータ判定

assertJsonFragment() メソッドを使用すると、引数に渡したJSONが、レスポンスに含まれているか検証します。

JSONの完全一致を検証する場合は、 assertJson() メソッドを使用します。

テストの実行

次のコマンドでテストを実行できます。

テストに成功すると、次のように出力されます。

テストに失敗すると、失敗箇所が表示されるため、実装を修正して、再度テストを行いましょう。

Unitテスト

Unitテストを使用して、モデルの単体テストを実装したいと思います。

テスト対象の実装

先ほどのBookモデルに、本の貸し出し・返却用のメソッドを追加します。

Factory

Factoryは、ダミーレコードを作成できる機能です。引数にFakerが入るため、ダミーデータをランダムに生成することも可能です。
今回は、あらかじめ貸し出す本を登録しておくため、Factoryを使用して、booksテーブルにインサートしていきます。
まず、Factoryファイルを作成します。

--model オプションで、ファクトリで生成するモデルを指定します。ここで指定したモデルが、ファクトリ内で定義されます。
このモデルクラスを指定しないと、ファクトリでデータを生成しようとしても、エラーとなるため、必ず指定しましょう。

カラム名をキーとして、値を設定していきます。 $faker を使用している箇所は、それぞれランダムな値が入ります。
Fakerの主なメソッドを紹介します。

  • randomNumber()
    ランダムな正数値を生成します。
  • numberBetween(min, max)
    min〜maxの間のランダムな正数値を生成します。
  • email
    ランダムなメールアドレスを生成します。
  • phoneNumber
    ランダムな電話番号を生成します。
  • name
    ランダムな人物名を生成します。
  • sentence()
    ランダムな1文を生成します。
  • paragraph()
    ランダムな1段落分の文章を生成します。

そのほかにも、様々なフォーマットがあります。
参考: Faker (Github)

単体テストの実装

単体テストのファイルを作成します。 --unit オプションを付けると、 tests/Unit ディレクトリに作成されます。単体テストの場合は、Featureと区別を付けるために、このオプションを使用した方が良いでしょう。

テストコードを実装します。

setUp() メソッドは、各テストが始まる前に毎回呼ばれます。 RefreshDatabase トレイトを使用しているため、テスト実施ごとにデータベースの全レコードが削除されるため、ここでFactoryを使用してデータを投入します。
ここでは使用していませんが、 tearDown() メソッドは、テスト終了時に毎度呼ばれるメソッドで、各テスト後の後処理に使用します。
testCheckOut() メソッドと testReturnBook() メソッドが、今回実装したテストです。 assertEquals() メソッドを使用して、実行結果を検証します。

テストの実行

Featureテストと同じく、次のコマンドでテストを実行できます。

さいごに

いかがでしたか。Laravelでは初めからPHPUnitを使用することができるので、手軽にテストコードを書き始めることができました。適切なテストコードを書いて、システムの品質・保守性向上に繋げたいと思います。

おすすめ書籍

PHPフレームワークLaravel入門 第2版 PHPフレームワーク Laravel実践開発 PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

[Dialogflow + CF] アクア様が罵倒してくれたり天気を教えてくれるSlackボットを作る

1 はじめに2 Dialogflowの準備2.1 プロジェクトを作る2.2 Intentを作る2.3 試してみる2.4 WELCOME Intentを作る3 Slackボットを作る4 名前を答える5 ...

rails

Active Strageを使用してユーザーのアバターを登録、表示する

1 はじめに1.1 環境2 セットアップ2.1 前準備2.2 マイグレーションファイル作成2.3 設定ファイル3 実際に使って見る3.1 モデル3.2 コントローラー3.3 ビュー4 個人的メモ4.1 ...

rails

半年ぶりにRails Tutorialをやったメモ

はじめに Railsを触り始めて半年ほどたちました、tonnyです。 復習もかねてRails Tutorialを実施したので、そのメモを残します。 やはり2回目でも気づくことは多いので、非常に勉強にな ...

laravel logo

Deployerで複数の環境やサーバにデプロイするには

1 はじめに2 hosts.ymlファイルの作成3 プロダクション・ステージング環境を分ける3.1 ymlファイルの記載3.2 デプロイコマンド4 複数台のサーバに同時リリースする4.1 ymlファイ ...

Go言語

Go言語 gocraft/workを使って常駐プロセスでジョブを処理させる

1 はじめに2 workの特徴3 workを使えるようにする3.1 Redisのインストール3.2 Go用のライブラリインストール4 Enqueue〜ジョブ実行まで4.1 Enqueue側4.2 ジョ ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。