iOS

[SwiftUI]SwiftUIで動的にViewの更新をする方法

投稿日:

はじめに

こんにちはsuzukiです。今回はSwiftUIで動的なViewの更新方法について基本的な考え方についてまとめました。

SwfitUIのViewについて

従来のViewは、UIViewなどのClassで表現されていましたが、SwiftUIでは異なります。
参照を追っていくとわかるのですが、Structになってます。
StructとClassについては左辺に渡した時にの挙動がファイルのコピペとショートカットのような違いがあります。
let a = hogeのようなコードを書いた際に下記のようになります。
hogeがStruct(値型)
Structの中身をコピーしたaという値型が代入される
hogeがClass(参照)
aにはclassの参照が代入される。

値の更新について

SwiftUIでなければ、例えばUIViewControllerにUILabelのインスタンス変数を保持しておけば、任意のタイミングで(ユーザーがボタンをタップした時など)、UILable文字色を切り替えるなどが簡単にできました。
SwiftUIでは下記の3つを利用して動的な変更に対応します。
・State
・ObservedObject
・EnvironmentObject
それぞれ違いはあるのですが、基本的には特定の値を監視し変更があった時の動作を事前に記述しておくという形です。

Stateの特徴

@Stateを宣言することで、状態の管理をSwiftUIに委譲し、値の変更があった際にbody以下が再レンダリングされます。
@Stateは宣言したプロパティを保持するViewの中で使います。

上記のコードだけでボタンを押し際にbuttonCountの値が更新され、buttonCountを参照しているTextの値が更新されます。

ObservedObjectの特徴

Stateとできることは似ています。ただクラスを設定することが可能でViewModelとしての運用やView間の情報の連携が行いやすいです。
イメージとしては複数のStateをまとめてモデルとして運用ができるような感じです。
また、初期値の設定を自分で行わず、呼び出し元から渡すことも初期値として設定することも可能です。

書き方は通常のClassとほとんど変わりません。Stateと同じように監視したい値は@Publishを設定してください。

呼び出しもと

後述のEnvironmentObjectと違い参照を渡していく必要があります。

EnvironmentObjectの特徴

EnvironmentObjectはアプリ共通の設定や値などに使われることが多いようです。
下記のように、modelをそれぞれのの子Viewに渡すことなく、子Viewから使用することが可能です。
使用するViewでは値が入っている前提のコードを書くため想定する値が存在しないとクラッシュの原因にもなるので、気をつけなければなりません。

呼び出しもと

さいごに

肝心のレイアウトの作成方法が触れていないのでまた今度触れていこうと思います。
少し触った所感としては、既存のアプリのリプレースは大変そうだと思いました。新しいOS向けに新規に作る際に使って行きたいと思います。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus詳解 Swift 第4版[改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

swift

[Swift3]で直感的にアニメーションが記述できるライブラリ「Cheetah」

1 はじめに2 準備3 実装3.1 準備3.2 移動3.3 回転と拡大3.4 速度調整3.5 繰り返し3.6 アニメーションの終了4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は、仕事でV ...

swift

[Swift]UIViewからUIImageを作成しローカルに保存

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 UIViewからUIImageへ2.2 UIImageをローカルに保存2.3 おまけ:画像のリサイズ3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、nu ...

[Swift]MapViewでクラスタ機能を利用する。

1 はじめに2 クラスタリングとは3 PINのクラスタリング機能を利用する3.1 マップの作成3.2 PINの作成3.3 Pinのカスタマイズ3.4 カスタムしたPinの利用3.5 CustomPin ...

[Swift4]ライブラリをやめてCodableでJSONを取り扱う

1 はじめに2 Codableとは2.1 Codable使いたい理由3 実装3.1 とりあえずJSONを読み込む3.2 ObjectMapperの場合3.3 ネスト配列に対応してみよう3.4 JSON ...

swift

[Swift]通信状況を取得できるReachability.swiftを使ってみた

1 はじめに2 準備3 実装3.1 通信状況を確認する3.2 通信可能になった時に通知する4 さいごに はじめに こんにちは、nukkyです。 今回は端末の通信状況を取得できるReachability ...

フォロー

follow us in feedly

blog-page_side_responsive

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。
Get it on App Store
Get it on Google Play