BackEnd

LaravelのArtisanコマンドを自作する

投稿日:

はじめに

Laravelの artisan コマンドは、実際にはバッチの開発などで使う機会が多いと思いますが、コンソール向きのコマンドも、Laravelから用意された機能を組み合わせることで、開発しやすくなっています。
今回は、 artisan コマンドを使用した、コンソール向きのコマンドの作成方法を紹介します。

コマンドの作成方法

コマンドを作成するには、下記コマンドを実行します。

$ php artisan make:command CommandName

app>Console>Commands 配下に、コマンド用のクラスが作成されます。

コマンドの実装

コマンドを生成すると、以下のコードが生成されます。

$signature にコマンド名を指定します。実際にコマンドを実行する際は、 $ php artisan command:name となります。
また、 $description には、コマンドの説明を書きます。ここに書いた説明は、 $ php artisan list コマンドを実行した時に表示されます。

__construct() メソッドは、主にコンストラクタインジェクションとして活用することができます。今回は説明を省略しますが、コマンドのロジックは、Service化しておくことで、取り回しの良いコードになると思います。
handle() メソッドに、実際にコマンドが実行された時の処理を書きます。コマンドの引数やオプションも、このメソッド内で受け取ります。
以降、 handle() メソッド内での、コマンドの実装方法について、紹介したいと思います。

文字列出力

シンプルにコンソールに出力するには、以下のように実装します。

この他にも、出力したい内容別にメソッドが用意されており、それぞれ表示色が異なります。
状況に応じて、 info , comment , question , error なども使い分けましょう。
表示色のサンプルです。

引数

コマンドに引数を設定するには、 $signature プロパティを次のようにします。

引数を取得するには、 handle() メソッドで、次のようにします。

実際のコマンド実行は、次のようになります。

$signature を次のようにすると、配列として引数を受け取ることができます。

オプション

オプションを指定し、値を取得するには、 $signature プロパティを次のようにします。

オプションにデフォルト値を設定する場合は、上記の = に続けてデフォルト値を記載します。
また、bool値の取得であれば、 = は不要です。

オプションの値を取得するには、 handle() ソメッドで、次のようにします。

実際のコマンド実行は次のようになります。

入力を使用した対話型

対話型のコマンドを作成することも可能です。

ask()メソッド

ユーザに入力を要求することができます。

実行結果は次のようになります。

secret()メソッド

ask() と似ていますが、入力内容がコンソールに表示されません。

confirm()メソッド

Y/Nで確認を取りたい時に使用します。

実行結果は次のようになります。

プログレスバー

時間のかかる処理を実行するときは、プログレスバーで進捗を表示することができます。

注意点としては、プログレスバーの後は改行されないため、 echo PHP_EOL で改行コードを出力する必要があります。
実行結果は次のようになります。

テーブル

テーブルを出力できることも可能です。例えば、DBのレコードを一覧表示する時に使用できます。

実行結果は次のようになります。

サンプル実装

「国立図書館デジタルコレクション書誌情報」をダウンロードし、テーブルに格納するコマンドのサンプルコードです。
ダウンロードにはGuzzleHttp、ExcelデータのインポートにはLaravel Excelを使用しています。

BooksImport.php

ImportBooks.php

$ php artisan import:books コマンドで実行できます。

さいごに

いかがでしたか。 artisan コマンドは、よくコンソールで使用される機能が揃っているので、ちょっとした手作業を自動化する際に、使い勝手が良さそうですね。

おすすめ書籍

PHPフレームワークLaravel入門 第2版 PHPフレームワーク Laravel実践開発 PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応 よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

RailsでERBからJavaScriptにhashを渡す方法

1 はじめに2 カスタムデータ属性とは3 実装例3.1 コントローラの実装3.2 ビューの実装3.3 実行結果4 さいごに はじめに 以前、選択したプルダウンメニューに応じて別のプルダウンメニューの内 ...

Go言語

Golangのファイル操作基本

1 はじめに2 ファイル/ディレクトリの操作2.1 ファイル/ディレクトリの存在を確認2.2 ファイル/ディレクトリの名前変更2.3 ファイル/ディレクトリの削除2.4 ディレクトリ内のファイル確認2 ...

Go言語

go:embedとGo 1.16、1.17での変更点まとめ

1 はじめに1.1 変更点一覧2 go:embedとは3 go:embedの使い方3.1 基本的な使い方3.2 複数のファイルを埋め込む3.3 異なるディレクトリのファイルを埋め込む3.4 ディレクト ...

Stripe Connectを使って複合プランの継続課金を実装その2

1 はじめに2 追加プランの作成3 実装3.1 日割り金額の確認3.2 追加プランの契約4 さいごに5 おすすめ書籍 はじめに 前回の記事では、プラン(月額)とユーザ数分のID(従量課金)という2種類 ...

icon

PHP、Ruby、Pythonのfor構文を比較してみた

1 はじめに1.1 環境2 ドキュメント2.1 PHP2.2 Ruby2.3 Python3 1から100まで出力してみる3.1 PHP3.2 Ruby3.3 Python4 リスト型(配列)の出力4 ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。