Tech iOS

【Swift】Xcode13XCTestの新機能、繰り返し実行で遊んでみた。

投稿日:2021年10月6日 更新日:

はじめに

こんにちは、suzukiです。とうとうiOS15がリリースされました。開発中のアプリをデバッグするためOSのアップデートをすぐ行ったのですが、Safariのレイアウトが大きく変わりびっくりしました。
今回はiOS15と同時に正式版のリリースされたXcode13のXCTestの新機能である連続実行について触れていきたいと思います。

XCTestについて

Xcodeでデフォルトで利用できるテストツールです。unitのテストの利用によく使われます。
Xcode13では新機能がいくつかリリースノートのTestingの項目にあります。

繰り返しのテストについて

繰り返しのテストは3種類あります。
・テストの実行回数を指定して繰り返し行う
・テストが失敗するまで実行回数を指定して繰り返し行う
・テストが成功するまで実行回数を指定して繰り返し行う
単純なリトライ、失敗するが稀なテストケース、成功するのが稀なテストケース、それぞれを繰り返すことができるようになりました。

実際に使ってみる

リリースノートの説明を読んでも、あまりよくわからなかったので、実際に使ってみようと思います。
新規にプロジェクトを作成する場合はinclude Testsにチェックを入れて始めましょう。以前はデフォルトでチェックされていたのですが、新しくインストールしたせいか、デフォルトのチェック外れてました。

その他もろもろ入力しプロジェクトを作成します。下記のようにプロジェクト名+Testsというフォルダが作られているとXCTestが利用できます。。

何気に初めて正式版のXcode13でプロジェクト作成しました。アイコン関係の変更が目立ちますね。あと拡張子が表示されなくなったのがなんとなく違和感あります。

今回触っていくのは、下記のファイルです。

テストコードについて

それではテストコードを実際に書いてみましょう。
・1/319.9で成功するテストを成功するまで繰り返し
・1/9.2を6回行うまで繰り返し
・81/100を失敗するまで繰り返し

テストの設定

それではtestGetBonusを繰り返し実行してみます
スクショの▶️の箇所をctr押しながら選択しましょう。

下記のrepeatedlyを選択し

Successをチェックし最大値はひとまず999として実行

今回は501回目に成功しました。

Successのチェックを変更することで失敗・最大値までなどのテストが可能です。

さいごに

今回は繰り返し行い、成功したり失敗したりということでパチンコの確率を利用してみました。
繰り返すことで成功したりしなかったりという期待値になる単体テストはあまり考えてこなかったですが、ランダム要素のテストとかには使えるのかなと思いました。
テスト結果はしょうもないことになったため割愛します。早くコロナ明けて気兼ねなく外出できるようになるといいですね。

おすすめ書籍

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus 詳解 Swift 第4版 [改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-Tech, iOS
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[初心者向け]続・Xcodeの使い方(よく使うショートカットキーとエディタ)

1 はじめに1.1 前提条件2 ショートカットキー2.1 定義に移動(Jump to Definition)2.2 Quick Help2.3 Rename2.4 Edit All in Scope2 ...

【Swift】WKWebViewでJavaScriptを利用して値の受け渡し

1 はじめに2 WebViewを利用した値の受け渡し2.1 事前準備2.2 WebViewのJavaScriptから、ネイティブの処理を呼出2.3 ネイティブから、WebView内の要素の値を取得2. ...

swift

[Swift]UIViewからUIImageを作成しローカルに保存

1 はじめに1.1 前提条件2 実装2.1 UIViewからUIImageへ2.2 UIImageをローカルに保存2.3 おまけ:画像のリサイズ3 さいごに4 おすすめ書籍 はじめに こんにちは、nu ...

SwiftUIでChartライブラリを使ってみた。

1 はじめに2 Chartsライブラリについて2.1 ライブラリの導入3 wrapper structの作成3.1 描画のための準備3.2 データの取得と更新3.3 コード全体4 さいごに5 おすすめ ...

iOSでFABを表現する「material-components」「Floaty」

1 はじめに2 Floating Action Button(FAB)とは3 Material Components3.1 導入方法3.2 FABの配置3.3 FABをタップした時の処理4 Float ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。