BackEnd

Laravel N+1検出ツールの紹介

投稿日:

はじめに

DB利用した実装している際に注意しながらも見落としてしまうN+1問題ですが、自動的に検出してくれるツールがあるのでご紹介します。
Laravel N+1 Query Detector

インストール

composer経由でインストール出来ます。

composer require beyondcode/laravel-query-detector --dev

設定

そのままでもすぐに使用できますが、折角なので設定変更しましょう
/vendor/beyondcode/laravel-query-detector/config/config.php から /config/querydetector.php へ、
configファイルが生成されます。

php artisan vendor:publish --provider=BeyondCode\\QueryDetector\\QueryDetectorServiceProvider

通知方法の追加

デフォルトではアラートとログファイルに検知内容が表示されますが、今回はコンソールにも表示させたいと思います。

設定ファイルの output の箇所に追記します。

テスト

N+1を発生させて、検知させてみたいと思います。

適当なコントローラーとモデルを作成します。

検知結果

以下の様に検知出来ています

画面上アラート

コンソール

ログファイル

ちなみに

configファイルに以下の記述があります。
環境変数にQUERY_DETECTOR_ENABLEDを定義しなければ、環境変数APP_DEBUGを見て、検知内容の表示/非表示を分けている様です。

さいごに

N+1を見落とす確率が大分減ると思うので、こうしたツールは積極的に利用したいですね。

おすすめ書籍

PHP本格入門[上] ~プログラミングとオブジェクト指向の基礎からデータベース連携まで PHPフレームワークLaravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応 図解まるわかり データベースのしくみ

blog-page_footer_336




blog-page_footer_336




-BackEnd
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

rails

Rails 6の変更点と新機能

1 はじめに2 概要3 Rubyのサポートバージョン4 Webpacker4.1 Webpackerの設定4.2 Webpackerでのビルド4.3 ビルドしたJavaScriptファイルを読み込む4 ...

rails

Railsのバリデーション

1 はじめに2 基本的なバリデーション3 EachValidatorクラス4 Validatorクラス5 autoload_pathsの編集6 さいごに はじめに 今回はRailsのActiveRec ...

Go言語

Go言語の基礎〜基本構文その2〜

1 はじめに2 配列3 スライス3.1 スライスの宣言3.2 len3.3 append3.4 range3.5 値の切り出し3.6 可変長引数4 map4.1 宣言と初期化4.2 マップの操作4.3 ...

【Ruby Advent Calender 2017】Rubyでスクレイピングをしてみる【11日目】

1 はじめに1.1 概要2 仕様3 ソースコード4 使用したモジュール、Gem5 対象ページを取得6 XPATHから目的のものを抜き出す7 次のページのリンクを取得する8 他のサイトの記事でも試してみ ...

laravel logo

コードでわかるLaravelのブラウザ認証

1 はじめに1.1 認証機能の概要2 Controller3 SessionGuard3.1 fireAttemptEvent3.2 retrieveByCredentials3.3 hasValid ...

フォロー

blog-page_side_responsive

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アプリ情報

私たちは無料アプリもリリースしています、ぜひご覧ください。 下記のアイコンから無料でダウンロードできます。